【男の美肌を目指せ】肌への優しさで選ぶメンズおすすめの洗顔石鹸ランキングBEST20

【男の美肌を目指せ】肌への優しさで選ぶメンズおすすめの洗顔石鹸ランキングBEST20

男性の美意識は一昔前から比べるとかなり高まっていて、洗顔フォームなどを用いて洗顔を行うことが一般的となりつつあります。これ自体は悪いことではないですが、男性用と謳っている洗顔フォームのほとんどはサッパリすることだけに力を入れているため、肝心の肌への優しさがおざなりになってしまっていることが多いというのが現実です。

一方で、洗顔石鹸は男性にとってあまり馴染みがありませんが、実は洗顔フォームよりも肌に優しく洗顔を行えるということで、最近になって話題になり始めています。この記事をお読みになっている方も、そんな洗顔石鹸を使用してみたいとの思いをお持ちになっているのではないでしょうか?

そこでこの記事では、今話題になっている洗顔石鹸についての様々な知識を洗顔フォームと比較しながらご紹介し、当サイト筆者が実際に使用した上で自信を持っておすすめできる洗顔石鹸を提案していこうと思います!この記事を読んでいただければきっとあなたの肌にあった洗顔石鹸が見つかるはずです!最後までよろしくお願いします!

目次

洗顔の基礎知識

額を見せる男性

洗顔石鹸についてご紹介する前に、まずは洗顔の基礎知識について簡単に復習してみようと思います。洗顔石鹸の魅力を理解する上で、まず洗顔について知ることが大切ですので、一度ご確認していただければと思います。

どうして洗顔を行う必要があるの?

そもそも、どうして洗顔を行う必要があるのでしょうか?その理由として、「余分な皮脂を洗い流す」「1日の汚れをリセットする」という2つがあるので、見ていきましょう。

余分な皮脂を洗い流す

まず最も重要なのが余分な皮脂を洗い流すということです。男性の肌は女性と比べて皮脂が分泌されやすいという特徴を持っています。それゆえ、皮脂にまつわるトラブルが女性よりも起こりがちで、実際に肌トラブルに悩んでいる方のほとんどは、この皮脂が関係していると言えるでしょう。

では、皮脂トラブルと聞いてあなたは何をイメージしますでしょうか?ほとんどの方は、皮脂が過剰に存在することによってベタつきが生まれ、それが原因でニキビなどのトラブルに繋がるということを考えると思います。これは半分正しく、半分間違いです。確かに、皮脂が適切に取り除かれないと、その皮脂が原因となって細菌類が繁殖し、炎症を起こす結果ニキビが生み出されてしまいます。

一方で、皮脂が関係するトラブルは皮脂が過剰に取り除かれることでも引き起こされてしまうのです。皮脂は肌を守る上で非常に重要なものですが、男性用の洗顔商品のほとんどは、皮脂を根こそぎ取り除いた「サッパリ」とした使用感をウリにしています。そのサッパリ感を「しっかりと汚れが取り除かれた」と勘違いさせることで、正しく洗顔ができた気にさせられているのです。しかし、皮脂が過剰に取り除かれてしまう結果、肌はバリア機能を失って肌トラブルが引き起こされてしまいます。

このように、皮脂にまつわるトラブルは、

  • 皮脂が適切に取り除かれない
  • 皮脂が過剰に取り除かれる

という対極的な2つの要因により引き起こされているので、適切な洗顔剤を使用した洗顔により過不足なく皮脂を取り除くことで肌トラブルが防がれ、健康的で美しい肌へと近づいていくと言えるでしょう。

1日の汚れをリセットする

皮脂を過不足なく取り除くことのほかに、洗顔には1日の汚れをリセットするという役割も存在します。個人差はあるものの、男性は女性に比べて肌が汚れやすい傾向にあると言えます。特に働いている方などは、車の排気ガス・人ごみのチリやホコリ・タバコ・汗など、これ以外にも様々な汚れがあなたの肌に知らず知らずのうちに付着しているのです。土木関係のお仕事をしている方などはなおさらですよね?

そういった汚れを放置していると、細菌の繁殖にもつながりますし、毛穴が詰まって大人ニキビなどの肌トラブルへもつながってしまいます。こうしたことは肌にとって良いものではないので、1日の汚れをしっかりとリセットする必要があるのです。

洗顔をしないとこんな問題が・・

ここまでで洗顔を行う必要性について扱いましたが、では洗顔を行わないとどのような問題が生じてしまうのでしょうか?

ニキビや肌荒れ

洗顔を行わないことによる代表的な肌トラブルがニキビですよね?ニキビは様々な要因で生じ得る肌トラブルですが、適切な洗顔を行わないことによっても生じてしまうことが知られています。洗顔を行わずに皮脂が肌に過剰に存在していると、肌の常在菌であるアクネ菌という菌が皮脂を餌にしてどんどん活発になっていき、その結果炎症という形でニキビができてしまうのです。

したがって、適切な洗顔によって皮脂を適度に洗い流すことがニキビ対策において重要であると言えます。

また、逆に過剰に洗顔を行うことや、強い洗浄作用を持つ洗顔剤を使用するなどして皮脂が過剰に洗い流されてしまうと、皮脂が持つ肌バリア機能が失われ、これによってもニキビや肌荒れが生じてしまうことがわかっています。よって、洗顔を行わないこと・過剰に行ってしまうこと共に肌トラブルの原因になってしまうということを覚えておいてくださいね!

毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみもニキビと並んで、洗顔を行わずに生じる肌トラブルとしては厄介なものです。先ほどもお伝えしたように、特に男性は一日のうちで様々な汚れが顔に付着しています。それらが適切に取り除かれないと、皮脂などと混ざり合ったりして、毛穴に滞留し、時間が経つと毛穴をふさいでしまうのです。

毛穴が塞がれると、皮膚の細胞の活動が妨げられてしまいますし、黒いぼつぼつのようなものが生じてしまって、外見上もよろしくありません。したがって、適切な洗顔によって汚れをしっかりと落として、毛穴のつまりを防いであげる必要があるのです。

洗顔後には適切な方法でケアを行おう

これは洗顔とは直接的に関係してくるものではありませんが、洗顔後のケアというのも重要なものになります。男性の肌は皮脂が分泌されやすいが乾燥しやすいという特徴を持っているので、洗顔により皮脂を取り除いた後はどうしても乾燥しがちです。この乾燥を放っておくと、肌バリア機能が正常に働かなくなって思わぬ肌トラブルへとつながってしまいます。

よって、洗顔後は化粧水や乳液、クリームなどを用いた適切なケアが必要になるでしょう。肌ケアの基礎や乳液の必要性について知りたい方はこちらの記事を読んでみてください!

男でも乳液は必要?どんな乳液が良い?肌のタイプ別に徹底解説しました!

2017.07.22

洗顔には余分な皮脂を洗い流して1日の汚れをリセットするという役割がある。特に皮脂は、取り除かなくても取り除き過ぎても肌にとって負担がかかってしまってニキビなどの問題が生じてしまうことから、正しい洗顔を行うことが必要となる。洗顔後は乾燥を防ぐために適切なケアを行おう。オールインワンゲルが最近話題になっていておすすめ。

メンズ洗顔を選ぶ上で注意すべきポイント

洗顔の基本的な知識について紹介しましたが、ここからは我々男性が洗顔料を選ぶ上で注意すべきポイントについて解説していきます。知っておくとこの先のコスメ選びで得することをザックリご紹介しているので、時間がある方は目を通しておいて損はないですよ!

1:洗浄成分に気をつける

性別問わず、私たちが日常的に使用するバスアイテムには、

  • シャンプー
  • ボディソープ
  • 洗顔料

以上3つあると思いますが、このいずれもで「洗浄成分・洗浄剤」を意識して選ぶと、より自分にフィットした製品を選ぶことが可能になります。この記事は洗顔料にフォーカスしているので、洗顔料に配合される洗浄成分・洗浄剤は以下の通り。

合成界面活性剤
人工的・化学的に合成された洗浄成分。モノによっては肌への刺激になる
石けん
昔ながらの製法で生産される。環境に優しく洗浄力も強い
その他
炭・泥などなど、吸着性に富んだ各種成分。上記成分に加え補助的に配合される

ネットでは特に、

  • 合成界面活性剤はマジで危険だからやめとけ
  • 石けんは体にも環境にも良いからおすすめ

みたいな風潮があったりするのですが、実際のところはどうなのか、気になるところですよね?

「石鹸 = 体に良い」というわけではない

結論から言えば、合成界面活性剤だから危険ってわけじゃないですし、石けんだからって安全ってわけでもないです。

例えば安全だと言われがちな石けんについてですが、石けんはほとんど例外なく製造後のpH(酸性度)は「弱アルカリ性」に寄っています。一方で、人間の肌は「弱酸性」であるため、石けんを採用した洗顔料で洗浄すると、肌とは反対方向のpHに偏ってしまうんですよね。簡単に言えば、石けんを使うと肌の状態が乱れるということ。

そして、当然肌は弱アルカリ性となった状態から弱酸性へと戻そうとするわけですが、弱アルカリ性の状態は乾燥肌・敏感肌の方には結構な刺激になります。現に筆者もガチガチの石けん入りの洗浄剤だと肌荒れしてしまうので、石けん要素が強い洗浄剤は洗顔料に限らず選んでいません。

とまあこのように、安全っぽいイメージがある石けんにも思わぬ落とし穴があったりするので、洗浄成分は「合う・合わないが大事」ってことを覚えておいてもらえれば嬉しいです。以下で紹介しているメンズ洗顔については、基本的に石けんを洗浄成分のベースにしたものを厳選して選んでいますが、やはり商品によって洗浄力の強さの差はあります。

なので、各商品の説明文に「どの程度の洗浄力なのか」を記載しているので、自分にあった洗浄力のものを選んでみてください。

遊星吹き出し
Yusei

石けんは肌に刺激になると言及したが、肌が強い人にとってはこの刺激が「良い意味での刺激」となり、肌が活性化することにつながる。一口に「刺激」と言っても、人によって良い刺激・悪い刺激どちらにもなり得るので、あくまで合う・合わないをベースにして欲しい。

2:自分が洗顔に求めるものをハッキリさせる

失敗しないメンズ洗顔料の選び方の2つ目のポイントが、自分が洗顔に求めるものをハッキリさせることになります。

ニキビケア・保湿・美白、、この辺りが代表的

肌の悩みやトラブルには様々ありますが、代表的なものは、ニキビ・乾燥・くすみ・老化、この3つです。よって、

  • ニキビケア
  • 保湿
  • 美白
  • エイジングケア

以上4つの中から、自分が最も求めるものをハッキリさせることがとても大事。一昔前はメンズ洗顔料と言えば全くバリエーションがなかったのですが、今は喜ばしいことにたくさんの商品が開発・販売されているので、4つの要素から自分に最もフィットする洗顔料を選ぶ意識を持ちましょう。

20代・30代・40代でも変わってくる

といっても、

「自分の悩みって言われてもなぁ・・、あんまりピンとこない」

って人もいらっしゃるかもしれません。そういう場合には、ある程度年齢で考えてみることをおすすめします。各年代でザックリとした肌トラブルをまとめてみると、以下の通り。

〜20代
ニキビケア
30代
ニキビケア・保湿
40代
保湿・美白・エイジングケア

20代まではいわゆる「思春期ニキビ」が肌トラブルとしてあげられますが、ここで大事なのは保湿よりも肌を清潔に保つことです。皮脂ケアが出来る洗浄力強めのものを選ぶとベター。

続いて30代ですが、この辺りから徐々に老化が肌にもで始めるので、その速度を緩めるために保湿力のある洗顔を選びましょう。ガンガン皮脂を落とすものより、マイルドに洗浄するものがおすすめ。

そして40代になると本格的に老化が始まるため、美白・エイジングケアが出来る洗顔の出番です。毛穴の皮脂を落とすというよりは、毛穴の奥まで洗顔できる品質の高いものが効果的なので、やや値がはるかもしれませんが使ってみることをおすすめします。

もちろん個人差はありますし、乾燥肌の場合には年代問わず保湿が重要です。しかしながら、以上の年代別の分け方を知っていると便利ですので、これを機会に頭に入れておきましょう。

3:使い続けられる価格を選ぶ

失敗しない洗顔選びの3つめのポイントとしては、使い続けることを前提とした商品選びをすることです。

洗顔料などのメンズコスメを選ぶ際は、

遊星吹き出し
Yusei

なんか良いの欲しいよなぁ

と、なんとなーく価格が高いものを買って良い気分に浸りたい衝動に駆られますが、1つ覚えておきたいのは、

「その値段のものを向こう1年使い続けられるか?」

ということになります。

成分・効果が良い高級洗顔も魅力だが・・

確かに、成分や効果が良い高級洗顔料には強い魅力がありますよね。値段が高いというだけで効果ありそうですし、実際に配合されている成分も質が良いことが多いです。また、他の洗顔では搭載できない機能があるので、なおさら魅力的に映ります。

しかし、洗顔料などのメンズコスメは「使い続けなければ意味がない」のです。特に洗顔を含めた顔のスキンケアは、何よりもまず継続することが重要であり、諸々の理由で使用を止めてしまうと、それまでの努力が水泡に帰します。それこそ、

遊星吹き出し
Yusei

ちょっと高いからまた買うのキツイなぁ・・

みたいなパターンですね。よって、繰り返しにはなりますが、2ヶ月に1回買い換えることを前提にして、自分に負担にならないものを選ぶ意識を持つことが重要ですよ。

遊星吹き出し
Yusei

以上がメンズ洗顔の選び方のポイントになる。難しい成分などで選ぶ必要はなく、自分のニーズやお財布事情にあったものを選べばOKだ。次の章で紹介する洗顔料ランキングで、各種商品の特徴を列挙しているから、参考にしてみてくれ。

肌ケアにおすすめなメンズ洗顔ランキングBest〜

OKサインをする男性

ここからは、メンズコスメオタクの筆者が肌ケアにおすすめなメンズ洗顔をランキング形式で紹介していきます。体裁上はランキングとしていますが、どの洗顔もそれぞれ特徴があるので、あくまで自分に合ったものを選ぶことを意識しましょう。

1位:BULK HOMME THE FACE WASH

バルクオム洗顔

引用:BULK HOMME THE FACE WASH – BULK HOMME公式サイト

商品名 BULK HOMME THE FACE WASH
メーカー BULK HOMME
価格 2,160円
容量 100g

カリ含有石ケン素地、水、グリセリン、ソルビトール、BG、クレイミネラルズ、ベントナイト、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、ナタネ油、トコフェロール、キサンタンガム、レシチン、エタノール、フェノキシエタノール、香料

引用:BULK HOMME THE FACE WASH – BULK HOMME公式サイト

上述しましたが、洗顔において重要になるのは、

  1. ニキビケア
  2. 保湿
  3. 美白
  4. エイジングケア

この4つの要素ですが、この「BULK HOMME THE FACE WASH」は以上4つ全てを網羅的に備えているメンズ専用洗顔。よって、どの年代・どの肌タイプでも使用できる点を強く評価しています。

洗浄・美容成分・エイジングケア、、死角がない

この洗顔料は洗浄成分として生石けん(練り石けん)を使用しているため、皮脂と汚れが混じって滞留しやすい男性の肌を強力に洗浄してくれます。さらに、

バルクオム泡

練り石けん特有のモッチリとした泡が優しく顔全体を包み込むため、強力かつ優しい洗浄が実現!これに加え、

  • クレイミネラル
  • ベントナイト

以上2つの超細かい栃木県産の泥成分が、余分な汚れだけを吸着する「選択吸着機能」により過不足なく洗浄することで、

「余分だから、落とす。余分だけを、落とす。」

というキャッチコピーの通りに洗顔を行うことができるようになるのです。脂性肌・オイリー肌でも十分に使える洗浄力になっているので、洗い残しについて心配する必要はありません。

そして次に配合されている成分ですが、注目すべきは、

  • リンゴ果実培養細胞エキス
  • 加水分解シルク

この2つの天然由来のもの。両成分とも非常に強い保湿効果を持っているので、強めの洗浄力で洗い流した後の乾燥対策もバッチリです!突っ張りにくい使用感で、乾燥肌でも問題なく使えちゃいますよ。

このように、洗浄力の強さと各種成分によるアフターフォローまで完璧に実現しているのが「BULK HOMME THE FACE WASH」。どの肌タイプ・年代でもバッチリ使えちゃうので、どれを買えば良いか悩んでいる方は、これを選べばまず後悔はしないですよ!コスメマニアの筆者も愛用しています。

2位:オルビス ミスターフェイシャルクレンザー

オルビス洗顔

引用:オルビス ミスターフェイシャルクレンザー – オルビス

商品名 オルビス ミスターフェイシャルクレンザー/td>
メーカー オルビス
価格 1,404円
容量 110g

水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール、BG、デシルグルコシド、モロッコ溶岩クレイ、炭、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム−7、セルロースガム

引用:オルビス ミスターフェイシャルクレンザー – オルビス

オルビスと言えば女性向けコスメの大手とも言える信用できるメーカーですが、メンズ洗顔である「ミスターフェイシャルクレンザー」も販売しています。

110gという十分な容量にて1,400円程度とコスパについては標準的だと言えますが、洗浄力が強く脂性肌の方向けの一本です。

溶岩泥で奥の奥まで綺麗にする洗浄力がウリ

まず洗浄成分ですが、一般的な純石鹸を採用しているため、かなり強めの洗い心地が特徴的です。そこに、

  • モロッコ溶岩クレイ

の2つの洗浄補助成分が配合されているので、肌の奥の奥までピカピカにしてくれます。

オルビスミスター洗顔は泡立ちがすごい

このようにモッチモチの泡が簡単に作れるので、優しく洗い流せるのもポイント高いですね。

また、強い抗炎症作用を持つ「グリチルリチン酸2K」を美容成分として配合しているため、髭剃りやハードな生活で傷ついた顔を優しく保護。このように、「強く優しく」のメンズ洗顔となっていて、かつ、大手メーカーオルビスの信頼感も相まって、非常に人気の一本となっています。

これほどバランスのとれたメンズ洗顔はなかなかないので、気になる方はぜひ試してみてくださいね!

オルビスメンズスキンケアMr.シリーズの口コミや評判はホント?実際に購入して徹底レビュー!

2019.04.08

3位:BUSOメンズソープ

BUSO洗顔

引用:BUSOメンズソープ – BUSO公式サイト

商品名 BUSOメンズソープ
メーカー BUSO
価格 2,808円
容量 100g

石ケン素地、水、スクロース、グリセリン、ソルビトール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、カキタンニン、チャカテキン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ハチミツ、セイヨウノコギリソウエキス、セージ葉エキス、カミツレ花エキス、アルテア根エキス、タチジャコウソウエキス、メリッサエキス、オノニスエキス、スギナエキス、セロリエキス、フキタンポポ花エキス、尿素、フルボ酸、カワラヨモギエキス、ドクダミエキス、イソプロパノール、フィチン酸、エタノール、BG

引用:BUSOメンズソープ – BUSO公式サイト

こちらのBUSOメンズソープは、メンズ洗顔の中ではかなり珍しい固形タイプの洗顔料となっています。洗顔料には大まかに分けて、

  • フォーム
  • 固形

以上2つがありますが、ほとんどの製品がフォーム状なので、固形タイプが良いという方にはおすすめできます。

女性向けレベルの美容成分入り洗顔石けん

洗顔フォームの場合だと、その大半が洗浄成分として合成界面活性剤を採用していますが、これは固形タイプということで「石けん」を洗浄成分として採用。よって、洗浄力としては強いため、男の肌をガッツリ洗い流してくれます。

残念ながら洗浄補助成分を含めた他の洗浄剤は入っていないのですが、その代わりに洗顔料としてはあり得ないくらいの植物由来エキスが配合。全成分表示を見てみるとわかりますが、数えるのも嫌になるレベルの各種エキスが入っているので、

  • 保湿
  • 美白
  • エイジングケア

これらをバッチリ行うことができちゃいますよ!また、植物エキス以外にも、ヒアルロン酸やコラーゲン、はちみつ・・、などなど、美容成分のオンパレードとなっているので、洗浄力と同じくらい美容効果を期待したい方には強くおすすめしたい商品です。

一方で、固形ということで泡だてが若干しにくく、使いにくい側面もあるにはあるので、この辺は覚えておく必要がありそうです。

4位:くろあわわ

くろあわわ洗顔

引用:くろあわわ – 健康コーポレーション公式サイト

商品名 くろあわわ
メーカー 健康コーポレーション
価格 2,480円
容量 110g

水、グリセリン、ベントナイト、ミリスチン酸、BG、ステアリン酸、水酸化K、ラウリン酸、グルコマンナン、ジステアリン酸PEG-150、ステアリン酸グリセリル(SE)、海シルト、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、炭、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、黒砂糖エキス、アスペルギルス/コメ発酵エキス、乳酸桿菌/コメヌカ発酵液、豆乳発酵液、泥炭、タナクラクレイ、ステアリン酸グリコール、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

引用:くろあわわ – 健康コーポレーション公式サイト

洗顔において大事なのが「泡」ですよね。濃密で立体的な泡は、肌を優しく洗い流すことはもちろん、単純に肌触りが良くてリラックスできるという効果も期待できます。逆にスッカスカの泡しか作れない洗顔料だと萎えちゃうんですよね・・(笑)

こちらの「くろあわわ」は名前の通り泡を前面に押し出した洗顔料で、男性だけでなく女性からも人気のある一本となっています。

真っ黒の練り石けん

くろあわわの中身を伸ばしてみた

まずこちらが「くろあわわ」の中身ですが、このように超真っ黒。これは配合されている泥炭によるもので、超微細な粒子の泥炭が肌を隅々まで綺麗にしてくれます。ちょっと見た目は「ウッ」となりますが、全然普通に使えちゃうのでご安心を。

くろあわわの泡を近くで見てみた

そしてこちらが真っ黒の洗顔料から作った泡ですが、ものすごい迫力のある泡となっていますよね?さすが泡を前面に押し出しているだけあって、モッチモチで濃厚、しかも隙間が全くないので、顔を丸ごと覆い隠すような異次元の泡立てを実現してくれています。

他にも保湿成分として水溶性コラーゲン、肌の調子を整えるためのコメ発酵エキス・コメヌカ発酵液、さらには古い角質をゴリゴリ削ってくれるグルコマンナンまで配合しているので、泡だけに止まらないのがこの洗顔料のスゴイところです。

「くろあわわ」ほど濃密な泡を持っているメンズ洗顔はなかなかないですから、とにかく濃厚な泡で洗顔をしたい方はぜひ使ってみてくださいね!

くろあわわの口コミや評判は本当?男の皮脂でも「ゴッソリ優しく」落とせるのか実際に購入して検証してみた!

2018.07.03

5位:ロゼット洗顔パスタ 海泥スムース

ロゼット洗顔

引用:ロゼット洗顔パスタ 海泥スムース – ロゼット公式サイト

商品名 ロゼット洗顔パスタ 海泥スムース
メーカー ロゼット
価格 537円
容量 120g

水(精製水)・ミリスチン酸K(植物性石けん)・ステアリン酸(皮フ保護剤)・グリセリン(保湿剤)・ステアリン酸K(植物性石けん)・DPG(保湿剤)・含硫ケイ酸Al(海泥・清浄剤)・ラウリン酸K(植物性石けん)・ラウラミドプロピルベタイン(植物性石けん)・タルク(感触改良剤)・カオリン(感触改良剤)・オクテニルコハク酸トレハロース(洗浄剤)・ノイバラ果実エキス(ローズフルーツエキス・保湿剤)・グリチルレチン酸(皮フコンディショニング剤)・エタノール(清浄成分)

引用:ロゼット洗顔パスタ 海泥スムース – ロゼット公式サイト

この記事で紹介しているメンズ洗顔は、出来るだけ品質が高いものを厳選して選んでいるため、価格も1,000円以上が基本となっています。価格の高さが全てではないですが、ある程度価格と品質は比例関係にあるからです。

しかし、そんな価格と品質のバランスを真っ向からぶっ壊しにきているのが、ロゼットから発売されている「ロゼット洗顔パスタ 海泥スムース」になります!

「プチプラ」ながら完璧な洗い心地を

ロゼット洗顔パスタ 海泥スムースの公式価格は537円、容量は120gということで、コスパとしてはハイクラス商品の1/4以下。あえてコスメっぽく言うなら「プチプラ」な一本ですが・・、品質がマジで高いです。

洗浄成分は植物性石けんということで、男性向け洗顔として最低限必要な「洗浄力」はしっかり確保しています。そこに海泥の粒子の細かさによる吸着洗浄のダメ押しが入るので、ものの500円ちょっとで購入できる洗顔料とは思えません。

さらに美容成分としてノイバラ果実エキスの保湿力、さらにはグリチルリチン酸のコンディショニング力が備わっているので、美容効果も最低限以上備わっています。

よって、男性にとって必要な要素がもれなく入っていることから、非常におすすめの一本になっています。もちろん上位製品には美容成分の充実度で見劣りしますが、最低限だけ欲しい方はぜひ試してみてください!学生諸君はこれ使っとけば女子顔負けのスキンケアができますよ!

遊星吹き出し
Yusei

実は筆者もお金がない時はロゼットにお世話になっている。手に入れやすい価格なので、旅行先で急遽洗顔が必要になった時もドラッグストアで購入できるので、色々と重宝する一本だ。

6位:クワトロボタニコ ボタニカルオイルコントロール&フェイスクレンザー

クワトロボタニコ洗顔

引用:クワトロボタニコ ボタニカルオイルコントロール&フェイスクレンザー – クワトロボタニコ公式サイト

商品名 クワトロボタニコ ボタニカルオイルコントロール&フェイスクレンザー
メーカー クワトロボタニコ
価格 1,944円
容量 150ml

水/ミリスチン酸/グリセリン/水酸化K/ステアリン酸/ステアリン酸グリセリル/パルミチン酸/BG/オウゴン根エキス/ビルベリー葉エキス/チガヤ根エキス/チャ葉エキス/オレンジ果汁/ライム果汁/リンゴ果実エキス/レモン果汁/グレープフルーツ果実エキス/ナツメ果実エキス/サンザシエキス/海シルト/サンゴ末/ベルガモット果実油/ローズマリー油/マンダリンオレンジ果皮油/ステアロイルグルタミン酸Na/スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na/ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10/PEG-8/ポリクオタニウム-10/カルボマー

引用:クワトロボタニコ ボタニカルオイルコントロール&フェイスクレンザー – クワトロボタニコ公式サイト

メンズ洗顔料の中には「泡で出てくる」タイプの、泡洗顔とも呼ばれるものがありますが、こちらの「クワトロボタニコ ボタニカルオイルコントロール&フェイスクレンザー」は、上位モデルのメンズ洗顔の中では珍しく、泡洗顔タイプの洗顔料になっています。

泡洗顔で泡だての必要なし!楽チンでいいね

泡洗顔のメリットとしては、泡立てる必要がないので時短になる点が挙げられます。特に朝の時間がない際にサッとポンプを押すだけで、濃密泡が出てくるのが超便利!洗顔ネットも不要になるので、金銭面でもメリットがあるのがいいね。

もちろん、各種美容成分もしっかり配合されており、

  • ヒルベリー葉エキス
  • 茶葉エキス
  • オウゴン根エキス
  • チガヤ根エキス

以上4つの天然植物成分が、保湿・抗炎症・毛穴の引き締めなどの高い効果を発揮。さらに洗顔料の中では非常に珍しく香りにまでこだわっていて、「ベルガモット&ローズマリー」の香りでバスタイムを演出してくれます。

泡洗顔は非常に便利ですから、面倒くさがりな方に強くおすすめしたいです。洗浄力も申し分もないので、お手にとって使ってみてくださいね!

7位:ルチャカクタス リキッド洗顔料

ルチャカクタス洗顔

引用:ルチャカクタス リキッド洗顔料 – ルチャカクタス公式サイト

商品名 ルチャカクタス リキッド洗顔料
メーカー ルチャカクタス
価格 1,296円
容量 200ml

水、カリ石ケン素地、ココベタイン、グリセリン、コカミドDEA、DPG、ラウリルヒドロキシスルタイン、ラウラミノプロピオン酸Na、EDTA-4Na、水酸化K、オプンチアフィクスインジカ種子油、BG、オプンチアフィクスインジカ茎エキス、ブクリョウエキス、アンズ種子エキス、オプンティアストレプタカンサエキス、フェノキシエタノール、香料

引用:ルチャカクタス リキッド洗顔料 – ルチャカクタス公式サイト

20代・30代あたりから肌は急激に乾き始め、一気に老化が進んでいきます。かくいう筆者も三十路まっしぐらですが、最近肌のカサカサ感が気になってきており、

遊星吹き出し
Yusei

ついにきたか・・

と思っている次第。そんな男性におすすめなのが、こちらの保湿に特化したルチャカクタスの洗顔料になります。

サボテンの力で圧倒的な保湿力を実現

メーカーであるルチャカクタスのカクタスとは、サボテンの学名を意味する言葉であり、文字通りサボテンの一種である「ウチワサボテン」のエキスを採用している珍しいメンズ洗顔です。

とにかく浸透力が段違いであり、石けんを洗浄剤として採用した強い洗顔の後に、高い浸透力を生かした保湿を行うことで肌の調子をバッチリ整えてくれます。

よって、洗い上がりはお肌しっとり。乾燥の「か」の字もないくらいにやさしく洗い流してくれるので、乾燥肌の方にオススメしたい一本です。サボテンパワーを搭載したメンズ洗顔はこれだけなので、気になる方はお手にとってみてくださいね!

8位:NULLアクネブロック フェイスウォッシュ

NULL洗顔

引用:NULLアクネブロック フェイスウォッシュ – NULL公式サイト

商品名 NULLアクネブロック フェイスウォッシュ
メーカー NULL
価格 2,000円
容量 120g

グリチルリチン酸2K その他成分: 精製水、ミリスチン酸、濃グリセリン、パルミチン酸、水酸化カリウム、ステアリン酸、親油型モノステアリン酸グリセリル、香料、1,3-ブチレングリコール、アロエエキス(2)、イチョウエキス、オウゴンエキス、オウバクエキス、カモミラエキス(1)、サボンソウエキス、ハチミツ、セイヨウサンザシエキス、セージエキス、ハマメリスエキス、水溶性コラーゲン(F)、アーティチョークエキス、ウメ果実エキス、セイヨウナシ果汁発酵液、天然ビタミンE、アンズ果汁、ダイズエキス、ハトムギ発酵液、チャエキス(1)、キウイエキス、グリコール酸、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン

引用:NULLアクネブロック フェイスウォッシュ – NULL公式サイト

洗顔料に対してニキビケアを最も求める男性は多く、特に年齢が若い頃のニキビは厄介ですから、気になる方もいらっしゃるでしょう。そんな方々におすすめしたいのが、こちらの「NULLアクネブロック フェイスウォッシュ」になります。

有効成分でニキビを防ぐ「医薬部外品」

このメンズ洗顔は有効成分として「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合しているため、厚生労働省からの分類としては、化粧品ではなく医薬部外品としてカテゴライズされます。よって、他の洗顔料よりニキビに対する高い効果が期待可能。

この成分は、高い抗炎症作用が期待できるため、炎症が原因となって生じる、

  • ニキビ
  • 肌荒れ
  • カミソリ負け

を効率的にブロックすることができ、さらにハマメリス、カモミラといった植物エキスの保湿力で、肌のバリア機能を活性化!このダブルパンチがニキビ発生を防ぎ、健やかな肌に導いてくれるのです。

もちろん、石けん由来の高い洗浄力、コラーゲン・ヒアルロン酸・アロエベラによる高い美容効果、ダイズエキス配合による代謝アップと、洗顔料とは思えないほど美容成分が配合されているので、ニキビ対策以外もバッチリです。

NULLはメンズコスメ専門のメーカーだからこそ、このようなメンズ洗顔に必要な要素をしっかり用意した高品質なアイテムを販売できるのでしょう。ニキビに悩んでいる男性は、一度試してみてくださいね!

9位:WHITH WHITE MEN

フィスホワイト洗顔

引用:WHITH WHITE MEN – WHITH WHITE公式サイト

商品名 WHITH WHITE MEN
メーカー WHITH WHITE
価格 2,000円
容量 95g

[有効成分]シメン-5-オール,グリチルリチン酸2K
[その他の成分]ヒアルロン酸Na-2,ヒオウギ抽出液,レモングラス抽出液,オランダカラシエキス,ゴボウエキス,サボンソウエキス,セイヨウキズタエキス,セージエキス,レモンエキス,精製水,POE(100)水添ヒマシ油,POE(7)ヤシ油脂肪酸グリセリル,グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液,無水クエン酸,2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液,ステアリン酸,濃グリセリン,ミリスチン酸,水酸化K,ラウリン酸,PEG(120),オウバクエキス,トレハロース,ソルビトール液,リン酸2Na,ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド,PCAイソステアリン酸POE(40)水添ヒマシ油,dl-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩,CMC・Na,BG,無水エタノール,香料

引用:WHITH WHITE MEN – WHITH WHITE公式サイト

30代を過ぎ、40代・・と年齢を重ねていくにつれて気になるのが「くすみ」ですよね?肌の白さが失われ、徐々に陰り始めていくその様は、鏡で自分を見るたびに認識できるほど。

そんな男性の方々におすすめしたいのが、こちらのWHITH WHITE MENのメンズ専用洗顔になります!

そもそもブランドである「WHITH WHITE」は、美白にこだわった化粧品・医薬部外品を販売するものであり、そんなブランドのメンズライン洗顔として販売されているのがこちらというわけ。要するに、

「女性向けコスメと同等の美白力」

を持ったメンズ洗顔ということになるので、そりゃすごいよねってわけです。

注目すべきが2つの有効成分である、

  • シメン-5-オール
  • グリチルリチン酸2K

この2つで、前者は肌の清潔さを、後者は肌のコンディションを整えてくれるものになります。どちらも健康で健やかな肌には欠かせないものになるので、非常に嬉しいです。

さらに、レモンエキスが配合されているので、くすみの原因となる老化(酸化)を強い抗酸化作用でブロックしてくれることから、アンチエイジングにぴったりな洗顔料。他にも数多くの美容成分がふんだんに盛り込まれていて、思わず女性向け洗顔だと錯覚するほどです。

くすみ特化のメンズ洗顔は正直これくらいなので、年齢肌が気になってきた方はぜひ使ってみてくださいね!

10位:CHAMBER OF CRAFTERSフェイスウォッシュ

チャンバーズオブクラフターズ洗顔

引用:CHAMBER OF CRAFTERSフェイスウォッシュ – CHAMBER OF CRAFTERS公式サイト

商品名 CHAMBER OF CRAFTERSフェイスウォッシュ
メーカー CHAMBER OF CRAFTERS
価格 1,118円
容量 120g

水、ミリスチン酸、グリセリン、水酸化K、パルミチン酸、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、BG、ステアロイルグルタミン酸Na、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、ポリクオタニウム-10、チガヤ根エキス、PEG-8、ライム果汁、オレンジ果汁、カルボマー、レモン果汁、海シルト、アマチャヅル葉エキス、ナツメ果実エキス、リンゴ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、サンザシエキス、ユズ果実エキス、香料

引用:CHAMBER OF CRAFTERSフェイスウォッシュ – CHAMBER OF CRAFTERS公式サイト

男性が毎日行う必要があるものには色々ありますが、中でも洗顔と髭剃りはマストで行わなければいけないものですよね?それぞれシェービングフォームと洗顔料を別個用意しなければいけないのが面倒ですが、一本にまとめた高品質な洗顔料、それが「CHAMBER OF CRAFTERSフェイスウォッシュ」なのです!

潤い・湿潤成分であるチガヤ根エキスを使用することで、髭剃りにも耐えうるような「持続型モイスチャライザー機能」を搭載し、強力な物理的刺激から肌を保護!これにより、洗顔としてだけではなくシェービングフォームとしての役割もしてくれます。

さらに、沖縄産の天然海泥「吸着型マイクロクレイ」により、毛穴の奥に潜む汚れを吸着し、圧倒的な洗い心地を実現!さらにさらに、7種のフルーツエッセンスが古くなった角質をほぐし、洗うたびに肌のターンオーバーを促します。どんどん滑らかになっていく様は触ってわかるレベルなので、日に日に進化していく自分の肌をお楽しみあれ!

シェービングフォームとして働き、しかもこれだけ高品質な洗顔料は本当に貴重なので、髭剃りもできちゃうメンズ洗顔をお探しの方は、ぜひ一度試してみてください!便利すぎてこれしか使えなくなりますよ(笑)

11位:メンズアクネバリア 薬用ウォッシュ

アクネケア洗顔

引用:メンズアクネバリア 薬用ウォッシュ – 石澤研究所

商品名 メンズアクネバリア 薬用ウォッシュ
メーカー 石澤研究所
価格 1,404円
容量 100g

イソプロピルメチルフェノール・グリチルリチン酸ジカリウム・ミリスチン酸・ステアリン酸・親油型モノステアリン酸グリセリン・ラウリン酸ミリスチン酸ジエタノールアミド・ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)・濃グリセリン・水酸化K・BG・ソルビット液・銅クロロフィリンNa・ラウロイルグルタミン酸Na・無水エタノール・フェノキシエタノール・ラベンダー油・ローズマリー油・ユーカリ油・ティーツリーオイル・オレンジ油・シラカバエキス・クマザサエキス・チョウジエキス・ドクダミエキス・カムカムエキス

引用:メンズアクネバリア 薬用ウォッシュ – 石澤研究所

この記事の中でもニキビ対策ができるメンズ洗顔はいくつか紹介していますが、こちらの「メンズアクネバリア 薬用ウォッシュ」はニキビ対策に特化した頼り甲斐のある一本です。

有効成分としてニキビ対策に極めて有効である、

  • イソプロピルメチルフェノール
  • グリチルリチン酸ジカリウム

これら成分が配合。前者のイソプロピルメチルフェノールは高い殺菌効果を持つ成分として知られており、ニキビの原因となるアクネ菌を撃退!また、仮にアクネ菌を撃退しきれなかったとしても、グリチルリチン酸ジカリウムで炎症を防ぐことで、ニキビ発生を防ぐという2段構えとなっているので、「ニキビ特化」の一本というわけです。

また、レビューを見てみても洗浄力の高さは折り紙つきのようで、顔中の皮脂を根こそぎ奪い去る点もポイント。これにより、アクネ菌の餌である皮脂が取り除かれるので、さらに有効なニキビ対策ができるようになります。

一方で、洗浄力が強すぎるあまり、乾燥肌や敏感肌には合わない可能性も否定しきれないので、個人的には若干のマイナスポイント。おそらく、皮脂分泌が活発で、かつニキビが生じやすい学生層を狙った一本だと思うので、肌が乾燥してきた、もしくは乾燥肌・敏感肌の男性にはマッチしない点はお忘れなく。

よって、皮脂分泌量が多くニキビが生じやすい、典型的なオイリー肌の男性にぴったりな一本だと言えます。

12位:ルシード トータルケア泡洗顔

ルシード洗顔

引用:トータルケア泡洗顔 – ルシード公式サイト

商品名 ルシード トータルケア泡洗顔
メーカー ルシード
価格 462円
容量 150ml

水、PEG-4、グリセリン、エタノール、ラウリン酸、水酸化K、ミリスチン酸、ココイルグリシンK、ラウリルヒドロキシスルタイン、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、ラウリン酸PEG-80ソルビタン、ポリグリセリル-4ラウリルエーテル、EDTA-4Na、メントール、PCA-Na、グリチルリチン酸2K、BG、ユビキノン、アロエベラエキス-1、フェノキシエタノール

引用:トータルケア泡洗顔 – ルシード公式サイト

ルシードと言えばメンズコスメを専門的に販売するマンダムのブランドですが、こちらのトータルケア泡洗顔はドラッグストアで入手できるお手軽さにも関わらず、コスパに優れた一本となっています。

配合されている成分を見てみると、メンズコスメに求められるものは過不足なく配合し、これに加えユビキノン、別名「コエンザイムQ10」も配合。これは細胞の代謝に不可欠なもので、40代を過ぎて元気が無くなってきた顔面の皮膚細胞を元気にする働きがあります。500円程度の洗顔料としてはかなりの大判振る舞いなので、個人的にはこの点を大きく評価したいですね。

一方で、洗浄成分が石けん系のみで、オイリー肌の場合だとやや洗浄力が弱いと感じるかもしれません。また、清涼感・収れん作用を狙ってかメントールが入っていますが、敏感肌にとっては大敵なので、こちらもちょっとだけマイナスポイント。

とは言え、500円程度のメンズ洗顔としては間違いなくトップクラスの性能をしているので、安いものが欲しい方にはおすすめの一本です。

13位:メンズクレアラン

クレアラン洗顔

引用:メンズクレアラン – Real Beauty Care公式サイト

商品名 メンズクレアラン
メーカー Real Beauty Care
価格 3,980円
容量 30g

イソプロピルメチルフェノール,グリチルリチン酸ジカリウム,精製水,ベントナイト,カオリン,植物性スクワラン,ヒアルロン酸Na-2,マヨラナエキス,レモングラス抽出液,天然ビタミンE,大豆エキス,タイムエキス-2,ノバラ油,BG,濃グリセリン,アルギニン,エチルヘキサン酸セチル,黄酸化Fe,オキシプロリン,オレイン酸オレイル,カルボキシビニルポリマー,キサンタンガム,黒酸化Fe,親油型ステアリン酸グリセリル,水添大豆リン脂質,ステアロイルグルタミン酸Na,デカステアリン酸デカグリセリル,トリイソステアリン酸グリセリル,トリオクタン酸グリセリル,ベタイン,フェノキシエタノール,無水ケイ酸,ベヘニルアルコール,ベンガラ,ジメチコン,ウンデシレン酸グリセリル,ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)

引用:メンズクレアラン – Real Beauty Care公式サイト

男女問わずコンプレックスになりがちな肌トラブルが「いちご鼻」だと思います。ボツボツした肌がまるでいちごのようで、第一印象で野暮ったい印象を与えてしまうことから、どうにか対策したいところですよね。

そんな方におすすめなのがこちらのリアルビューティーケアの「メンズクレアラン」になります。まず注目なのがその洗浄成分で、

  • カオリン
  • ベントナイト

この2つのクレイ(泥)成分により、毛穴にギッシリ詰まった皮脂・汚れを徹底的に洗浄!しかも両者とも天然由来の成分であるため、肌に優しく綺麗にできるのもGood。よって、使い続けるほどツルツルで綺麗な鼻に生まれ変わってくれるはず。

また、ニキビ対策に特化した洗顔料に配合されるイソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウムの2つも配合されているので、ニキビ対策の一本としてのスペックも有しています。

加えて、美容成分も保湿・アンチエイジング・美白・整肌、、などなどなんでもござれの状態なので、弱点と呼べるものが一切ないのがスゴイですよね。

もちろん、およそ4,000円という価格は、人によっては致命的な弱点になるのは間違いないです。「スキンケアには金は惜しまん!」という男気のある男性に、ぜひ使ってみて欲しい一本ですね。

14位:ロゼット 無添加石けん洗顔フォーム

ロゼット無添加洗顔

引用:無添加石けん洗顔フォーム – ロゼット公式サイト

商品名 ロゼット無添加石けん洗顔フォーム
メーカー ロゼット
価格 429円
容量 140g

水(精製水)・ミリスチン酸K(植物性石けん)・グリセリン(保湿剤)・ステアリン酸(皮フ保護剤) ・ステアリン酸K(植物性石けん) ・ラウリン酸K(植物性石けん)

引用:無添加石けん洗顔フォーム – ロゼット公式サイト

昨今のコスメ業界は美容成分のバーゲンセールとも言わんばかりに、1つの製品に対して様々な成分が配合されていますが、これら成分が全て「良い方向」に働いてくれるとは限りません。

各種成分の効果は理論上のものであり、肌質によっては負担になってしまう場合もあるため、必ずしも成分通りのスペックを示してくれないのがコスメの難しいところってわけなんですね。

よって、今まで色々なものを試してきて、イマイチどれも効果を感じられなかった、あるいは、「余計なものはいらない」というシンプル志向の方には、無添加の洗顔料である「ロゼット無添加石けん洗顔フォーム」をおすすめします!

こちらの洗顔料は本当の意味で無添加で、洗顔料として必要な洗浄剤しか配合していません。全成分を見てみても、この記事で紹介している商品の中ではダントツに短いです。なにせ、水と石けんしか入っていないですからね、本当に無添加。

余計な汚れや皮脂を取り除くという意味では十分に働いてくれますから、無添加の洗顔料を探している男性はお手にとって試してみてください!

15位:HMENZ洗顔フォーム

HMENZ洗顔

引用:HMENZ洗顔フォーム – HMENZ公式サイト

商品名 HMENZ洗顔フォーム
メーカー HMENZ
価格 2,000円
容量 100g

ヒアルロン酸Na-2, レモンエキス, オランダカラシエキス, ゴボウエキス, サボンソウエキス, セイヨウキズタエキス, セージエキス, ヒオウギ 抽出液, レモングラス抽出液, オウバクエキス, トレハロース, ソルビトール液, グリコシルトレ ハロース・水添デンプン分解物混合溶液, ラウ リン酸, ステアリン酸, ミリスチン酸, 水酸化K, 濃グリセリン, 無水エタノール, ヤシ油脂肪酸ジ エタノールアミド, 無水クエン酸,BG,dl-α- ト コフェロール2-L- アスコルビン酸リン酸ジエス テルカリウム塩,2-メタクリロイルオキシエチ ルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重 合体液,CMC・Na, リン酸2Na,POE(7) ヤシ油脂肪酸グリセリル,POE(100)水添 ヒマシ油,PCAイソステアリン酸POE(40) 水添ヒマシ油,PEG(120), 香料

引用:HMENZ洗顔フォーム – HMENZ公式サイト

洗顔は余分な皮脂を落とすために行うものですから、しっとり感を出す保湿とは対極にあると思われがちです。しかし、保湿成分・植物成分を配合している洗顔料を使用すれば、必要最小限の皮脂を落とすだけの理想的な洗顔を行うことが可能です。

そして、そんなパーフェクトな洗顔を実現してくれるのが、こちらのHMENZの洗顔料になります。圧倒的な保湿力を持つヒアルロン酸Naを多量配合し、さらに植物由来エキスも多種類配合しているので、洗顔後のケアを重点的に行ってくれるのがGood。かなり高品質な一本だと言えるでしょう。

一方で、香料やエタノールなどの刺激が懸念される成分が全成分に見える点が、ややマイナスポイントか。保湿やエイジングケアを重視したい方にはおすすめしたい一本ですね。

16位:ウル・オス フェイスウォッシュforスキンケア

ウルオス洗顔

引用:ウル・オス フェイスウォッシュforスキンケア – 大塚製薬公式サイト

商品名 ウル・オス フェイスウォッシュforスキンケア
メーカー 大塚製薬
価格 1,080円
容量 100g

水、ラウリルリン酸、LPG、メチルグルセス-10、ソルビトール、水酸化K、ココアンホ酢酸Na、DPG、デジルグルコシド、ラウレス-11カルボン酸、ポリクオタニウム-50、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、PEG-65M、ダイウイキョウ油、ニオイヒバ葉油、アトラスシーダー樹皮油、テバンデュラハイブリタ油、ライム油、セイヨウハッカ油、セイヨウアカマツ葉油、ローズマリー葉油、テレビン油、レモン果皮油、フェノキシエタノール、EDTA-2Na

引用:ウル・オス フェイスウォッシュforスキンケア – 大塚製薬公式サイト

ウル・オスは大塚製薬が展開するメンズ専用のコスメブランドですが、洗顔についてももちろん取り扱っています。こちらの「ウル・オス フェイスウォッシュforスキンケア」は脂性肌・オイリー肌向けの洗顔で、サッパリ感を大事にしたい人にはおすすめの一本。

洗浄成分としては珍しくアミノ酸系の「ラウリルリン酸Na」を採用していて、優しい洗い心地を実現!他にもいくつか洗浄成分を配合しているので、結果的に優しくしっかりの洗顔が可能になっています。

そして美容成分としては、こちらも肌への負担を考えてか、天然由来の植物成分を多く採用している点が特徴的で、強い保湿・引き締め・エイジングケア効果を期待できるのがGood。

ドラッグストアなどで購入できるお手軽さも無視できないメリットなので、手に入れやすく肌に優しいメンズ洗顔をお探しの方にはおすすめですね。一方で、1,000円という価格ならもう少し美容成分を充実させても良いのかなーと思ったのも事実です。

17位:unoホイップスピーディー

uno洗顔

引用:unoホイップスピーディー – 資生堂公式サイト

商品名 unoホイップスピーディー
メーカー 資生堂
価格 330円
容量 150ml

水,グリセリン,PG,ソルビトール,DPG,ラウリン酸,ラウリルベタイン,メントール,水酸化K,コカミドDEA,ジグリセリン,ミリスチン酸,パルミチン酸,PPG-13デシルテトラデセス-24,EDTA-3Naトコフェロール,フェノキシエタノール,安息香酸Na,香料

引用:unoホイップスピーディー – 資生堂公式サイト

日々を忙しく生きている男性の場合、スキンケアに時間をかけられないという方もいらっしゃると思いますが、そんなデキる男におすすめなメンズ洗顔が資生堂から販売されている「unoホイップスピーディー」になります。

こちらの洗顔料はポンプを押すだけで泡が出てくるタイプであり、さらにスピーディーな泡切れが特徴的な一本。ものの数秒あれば速攻で洗顔を終えることができるので、ズボラ男子でも絶対に続けることができちゃいます。

しかも、価格が500円を切る安さも魅力的で、最低限のスキンケアを最低限の手間で行いたい方には魅力的です。配合されている成分としては上位モデルと比較して見劣りしてしまいますが、洗顔としての役割はキッチリ果たしてくれますよ。

18位:オキシー ディープウォッシュ

オキシー洗顔

引用:オキシー ディープウォッシュ – ロート製薬公式サイト

商品名 オキシー ディープウォッシュ
メーカー ロート製薬
価格 356円
容量 200g

水、グリセリン、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ミリスチン酸、ステアリン酸、ポリエチレン、ソルビトール、炭、メントール、セージ葉エキス、アルゲエキス、バンブサアルンジナセア茎、BG、ミネラルオイル、PEG-40水添ヒマシ油、EDTA-2Na、香料

引用:オキシー ディープウォッシュ – ロート製薬公式サイト

「安くてよく洗える」こんな洗顔をお探しの方は、男性の場合非常に多いです。そんな方におすすめなのが、こちらの「オキシー ディープウォッシュ」になります。

オキシーと言えば佐々木希さんがイメージキャラクターを務める、ロート製薬のメンズブランドですが、炭・スクラブなどなど、汚れや皮脂をガッツリ落とすための成分がふんだんに配合されているので、とにかくベタつきを嫌う方にはおすすめ。パウダー感もないですし、サッパリ仕様がいいね。

とは言っても、「落とす」だけにフォーカスした一本であることも事実です。そのあとのスキンケアによるアフターフォローは必要なので、この点は要注意ですよ。ドラッグストアでも購入可能、さらには数百円で200gという大容量仕様になっているので、特に学生層に人気ですよ!

19位:ニベアメン フェイスウォッシュフレッシュ

ニベア洗顔

引用:ニベアメン フェイスウォッシュフレッシュ – ニベア公式サイト

商品名 ニベアメン フェイスウォッシュフレッシュ
メーカー ニベア
価格 394円
容量 100g

水、ミリスチン酸、グリセリン、ステアリン酸、PEG-8、水酸化K、ラウリン酸、ソルビトール、ラウラミンオキシド、パルミチン酸、ステアリン酸グリセリル、ココイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸ジオクチルドデセス-2、マイカ、ヒドロキシアパタイト、メントール、エチドロン酸、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、ポリクオタニウム-7、PEG-45M、酸化亜鉛、水酸化Na、BHT、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料

引用:ニベアメン フェイスウォッシュフレッシュ – ニベア公式サイト

ニベアと言えば濃密モチモチ泡のCMやハンドクリームでお馴染みのコスメメーカーですが、メンズ向けコスメ、メンズ向け洗顔も販売しています。こちらの「フェイスウォッシュフレッシュ」は、ニベアらしさに溢れるモチモチ泡が特徴の一本です。

皮脂吸着成分を含んだリッチな泡で、男性の肌にこびりついた皮脂を絡めとる。そして、メントール、さらにはクールシトラスの爽快感で、スッキリした洗い上がりが人気となっており、価格の安さも相まってメンズ洗顔入門としては最適でしょう。

ニベアからは洗顔の他にも、ローションや乳液、コンディショナーなどなど、メンズ向け製品が数多く販売されているので、気になる方はチェックしてみてください。混合肌にもおすすめですよ。

20位:ギャツビー フェイシャルウォッシュ パーフェクトスクラブ

ギャツビー洗顔

引用:ギャツビー フェイシャルウォッシュ パーフェクトスクラブ – ギャツビー公式サイト

商品名 ギャツビー フェイシャルウォッシュ パーフェクトスクラブ
メーカー ギャツビー
価格 550円
容量 130g

水、グリセリン、パラフィン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、水酸化K、PEG-8、ラウリン酸、ソルビトール、ステアリン酸グリセリル、エトキシジグリコール、PCA-Na、ラウラミドプロピルベタイン、シリカ、メントール、ベントナイト、EDTA-4Na、香

引用:ギャツビー フェイシャルウォッシュ パーフェクトスクラブ – ギャツビー公式サイト

メンズ洗顔によく配合されるのがスクラブと呼ばれる洗浄補助剤です。簡単に言えば洗顔料に配合される細かな粒子が、洗顔により肌を磨く作用を持つことで綺麗になるってイメージのもの。

それを配合している洗顔料の中でも、圧倒的に人気なのがこちらの「ギャツビー フェイシャルウォッシュ パーフェクトスクラブ」になります。スクラブ入りの洗顔は洗浄力が強すぎるのが玉にきずなのですが、こちらは良い感じに皮脂や汚れを落としてくれるので、人気というわけ。

しかも、生分解性のスクラブなので、スクラブ特有の環境汚染も問題なし。加えて、さらなる洗浄補助剤として天然由来のベントナイト(泥)も配合されているので、環境にも身体にも良いメンズ洗顔を、試してみてはいかがでしょう?

まとめ

ということで、この記事ではおすすめのメンズ洗顔について紹介してきましたが、いかがでしたか?どの商品も優れた特徴を持っているので、自分に合ったものを選んでいただければ幸いです。

洗顔を含めたボディケアは男の嗜みとして必須のものなので、これからはしっかり行うようにしましょう!最後まで読んでいただき、ありがとうございました!何かご意見やコメントなどあれば、遠慮なくコメント欄に記載くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yusei

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。執筆を担当したYuseiです!私が「Mens STAR」にてモットーとしているのは、ズバリ「皆さんのお役に立てるような記事を書き続けること」になりますが、いかがでしたでしょうか?この記事を読んだ皆さまの生活が、ほんの少しでも豊かになればとても嬉しいです。記事の感想・質問・ご意見などあれば遠慮なくコメントしてください。Yusei自ら可能な限り対応させて頂きますので、よろしくお願いします!