糖質制限ダイエットを成功させたいならコンビニを使え!おすすめの商品を実体験をもとに写真付きでご紹介!

糖質制限ダイエットは数年前から急激に話題になり始めたダイエット法で、糖質を制限しつつ、他のものなら好きなように食べて良いという点が多くの方に受け入れられ、実際にダイエットに成功された方もいらっしゃいます。一方で、現代人は糖質とは切っても切れない関係にあると言えることから、ダイエットの途中で挫折してしまい、結局元どおり糖質を日常的に摂るようになってしまった方もいらっしゃるというのが現実です。

あまり知られていないことなのですが、実は糖質制限ダイエットはコンビニを上手に利用することでその成功率をグッと上げることができます。かくいう当サイト筆者もコンビニを利用した糖質制限ダイエットにて減量に成功した過去を持つ一人です。

そこでこの記事では、糖質制限ダイエットにおいてコンビニを利用することによるメリットと、実際に大手コンビニチェーンであるセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートの商品を写真付きでご紹介し、理想的なメニューをあなたにお伝えしていこうと思います!

目次

糖質制限ダイエットとは?

コンビニを利用した糖質制限ダイエットについて扱う前に、まず糖質制限ダイエットの基礎知識について簡単にご説明していこうと思います。ただ実践することと、背景にある知識を理解した上でダイエットを実践することでは、それに伴う結果が全く異なってきますので、一度確認しておきましょう!

なお、あらかじめ糖質制限ダイエットについての知識をお持ちになっている方は、読み飛ばしていただいても問題ありません!

糖質を制限して減量・太りにくい体に

糖質制限ダイエットは文字通り糖質を制限することで減量を期待するダイエット方法になります。このダイエット方法の最大の特徴は糖質以外ならば比較的自由に食べることができること。細かいカロリー計算なども必要なく、糖質と基本的な栄養バランスにだけ気を配れば無理なく健康的にダイエットを行えるという画期的なものです。

今までのダイエットでは、単純に摂取カロリーを抑える方法や、運動を行うことによって体の脂肪を燃焼させることで減量を行なっていく方法が主流でした。しかし、摂取カロリーを減らすことは誰もが知っている通り簡単なことではありませんし、日常生活に運動を取り入れることに抵抗を感じてしまう方もいらっしゃりました。

こういったことが理由となって、なかなか成功しない、痩せてもそのあとにリバウンドしてしまうということが相次ぎ、結果的にダイエットに失敗してしまうことが多かったのです。

しかし、糖質制限ダイエットならば、食べる量自体は変えずに、糖質を制限することで減量を行なっていくので、無理なく続けることができますし、痩せた後も継続していけるお手軽さもあります。したがって、今までのダイエットに失敗してきた方からすればかなり魅力的に映ることから、最近話題になってきているという背景が存在するのです。

どうして糖質を制限するとダイエットになるの?

では、どうして糖質を制限することで減量を行うことができるのでしょうか?

人体はまだ糖質過多な現代に対応できていない

その理由として、現代人の生活様式があまりにも糖質過多であることがあげられます。人間がこんなにも食べることに困らずに生活ができるようになったのは、人類の長い歴史から見ればほんのわずかな期間でしかありません。このような現代式の生活様式になる前は、いつ食べ物がなくなって生きていけなくなってしまうかわからないという問題と常に向き合う必要があったのです。

そうなると、当然体としては取り入れた栄養分を効率よく摂取する方向へと進化していきます。とりわけ糖質は肉などと比べても手に入りやすいので、取り入れた糖質を効率よく脂肪へと変換し、貯蔵しておくことでいつ訪れるかわからない飢餓状態へと備えます。体はこのような反応を摂るように設計されていて、それは現代でも変わりません。

したがって、糖質制限という考え方は、実は食生活を変えるという意味合いよりも、食生活を私たちの体に合っている状態へと戻してあげるという意味合いが強く、体に合った食生活をしていれば自ずと健康に痩せることができるということが、糖質制限ダイエットを支える重要な考え方であると言えます。

キーワードは血糖値とインスリン!

糖質を制限して痩せる具体的なメカニズムについてもここで扱っておきましょう。

現代の食生活は糖質にあふれていることは先ほどもご説明しました。ご飯・パン・うどん・パスタ・ラーメンなどに代表されるものから、揚げ物・調味料・飲料・スイーツなどなど非常に多くの糖質が食生活に入ってきます。場合によっては一食の全てが糖質であることさえも珍しいことではありません。

では、空腹の体に糖質が大量に摂り入れられた場合を考えてみましょう。

空腹状態の体に糖質が摂り入れられると、胃である程度消化が行われて、糖が小腸から吸収され血糖値が急激に上昇します。この血糖値の急激な上昇を受け、細胞に「糖質を脂肪に変換しろ」と指令を出すインスリンというホルモンが分泌されます。インスリンの指令を受けた細胞は瞬く間に糖質を細胞内へ吸収して脂肪へと変換・蓄積、もうほとんどくることがない飢餓状態へと体は備えます。

また、インスリンが大量に分泌されて血糖値が急激に減少した結果、血液から糖がなくなった状態を感知した体が、何か食べろ!という指令をお腹が減ったという形で出し始めます。それに素直にしたがってまた糖質を大量に摂り入れる。そしてまたインスリンが大量に分泌される。

これを繰り返していくことで、太っていくというのが、糖質が太りやすいと言われる所以です。

一方で、糖質以外を摂り入れた場合は、血糖値の上昇は非常に緩やかになり、分泌されるインスリンの量も糖質の場合と比べて少なくて済む。その結果、細胞へと吸収される糖が減り脂肪の形で蓄積されることも少なくなります。また、分泌されたインスリンの量が少ないので、血糖値は緩やかに減少し、糖質の場合のような強い空腹状態へと繋がることもありません。

つまり、糖質制限ダイエットを行うことで、蓄積される脂肪の量を減らすこともできますし、すぐにお腹が減った状態にもならない。こういった理由から、糖質制限を行うことで体は無理なく痩せていき、結果的にダイエットの成功へとつながっていくのです。

糖質制限ダイエットは糖質以外ならば比較的自由に食べて良いという点が特徴的。無理なく痩せられることから、従来のダイエット法で失敗してきた方にもおすすめできるもの。私たちの現在の生活は糖質にあふれていて、血糖値の急激な上昇・下降や大量に分泌されるインスリンなどから太りやすい体に。糖質制限を行なって、無理なく健康的に痩せていくことで太りにくい体にもなれる。

糖質制限ダイエットの効果

うどんを食べる男性

さて、糖質制限ダイエットの基礎知識についてご紹介したところで、ここでは糖質制限ダイエットの効果について簡単にご紹介していこうと思います!

ダイエット効果

ダイエット方法なので当たり前と言えば当たり前なのですが、ダイエット効果はもちろんあります。

無理なく減量が可能!

糖質制限ダイエットには糖質以外ならば食べても大丈夫という最大の特徴があります。これにより、従来のダイエット方法で挫折してしまった方々でも気軽に無理なく痩せることが可能となるのです。この魅力に目をつけて、糖質制限ダイエットに取り組もうとした方は多いですよね?

もちろん、糖質を抜いたからといって暴飲暴食をしていては元も子もありませんが、比較的自由度が高いこの特徴は、ダイエットに取り組む上で非常にありがたいことは明らか。

無理をしなくていいことから、ダイエット成功後のリバウンドをもケアできてしまうというのもGoodですよね!

減量だけでなく太りにくい身体にも

また、糖質を制限して他の栄養素を取り入れることで、体の基礎代謝などが向上して太りにくい体へとつながっていくことも糖質制限ダイエットの効果としてあげられるでしょう。糖質ばかりを摂取している現代人の生活では、どうしても栄養バランスが偏ることは避けられません。

糖質を制限するという食生活へのアプローチに加えて、多少の運動を行って筋肉をつけることでより太りにくい体へと変わっていくので、運動を行う余裕がある方は実践してみると良いでしょう。

ダイエット効果だけじゃない!

また、以上のようなダイエット効果に加えて、糖質制限ダイエットには

  • 食後に眠くなりにくく精神的にも落ち着く
  • お腹が空いて仕方がない状態が少なくなる

といった効果もあります。順に見ていきましょう!

食後に眠くなりにくく精神的にも落ち着く

お昼休みの後は眠くなって仕事どころじゃなくなってしまう。。なんて悩みを抱えている方、結構いらっしゃるのでは?

空腹状態の体に突然大量の糖質が摂り入れられると血糖値が急激に上昇して、インスリンの指令により細胞内に糖が吸収されるので、今度は急激に血糖値が減少し血液は一時的な糖不足に陥ってしまいます。この低血糖状態をどうにかしようと体はアドレナリンなどのホルモンを分泌しますが、このホルモンバランスの乱れによって自律神経が大きく揺らぎ、眠気や精神的な不調が生じてしまうのです。

食後に眠くなったりすることはこのようなメカニズムで生じていますが、糖質を制限することで血糖値が安定してホルモンバランスが乱れにくくなり、眠くなったり精神的に荒れたりすることが非常に少なくなることが知られています。

お昼休憩の後は眠くなって仕事が捗らない。。という悩みも、糖質制限ダイエットによりある程度防げるようになりますので、この点も非常に嬉しいですよね?

筆者もお昼を食べた後は仕事にならないことが非常に多いので、なるべく麺類や白米などは口に入れずに、玄米やタンパク質を豊富に摂るようにしています。この食生活を続けていくと、お昼を食べた後でもスムーズに午後からの仕事に取り組めるようになるので、ビジネスマンの方などには非常におすすめできるダイエット方法だと感じています。

お腹が空いて仕方がない状態が少なくなる

お昼にご飯やパンをたくさん食べてもすぐにお腹が空いてしまう。。なんてことも結構ありますよね?

ですが、体に取り入れる糖質の量を少なくすると、血糖値の急激な上昇や下降が抑えられるので、血糖値が安定しやすくなります。血液の糖の量が安定すると、体は食べ物を要求する必要がなくなるので、必然的に空腹状態を感じにくくなるのです。

その結果、そのあとに食べる量も少なくて済みますし、だらだらと間食をしてしまうこともめっきり減ります。これもダイエット成功にはとても大切なことなので、嬉しいポイントです。

糖質制限ダイエットには様々な効果が存在する。ダイエット効果では無理なく健康的に痩せることが可能。また、血糖値が安定することから食後に眠くなったり精神的に荒れることも少なくなり、食後に低血糖になることもなくなるため空腹状態が緩和される。以上より、糖質制限ダイエットを適切に行えば単なるダイエットの域を超えて健康法にすらなり得る可能性がある。

糖質制限ダイエットをコンビニで手軽に行なってみよう!

さて、ここまでで糖質制限ダイエットの簡単な基礎知識と効果についてご紹介してきました。しかし、糖質を制限した食事を用意することは結構ハードルが高く、ここに挫折してしまう方が多くいらっしゃいます。というのも、繰り返しになりますが、とにかく現代人の食生活には糖があふれています。

主食であるご飯・パン・麺類に始まって、今流行りのスイーツに終わる。飲み物にだってたくさんの砂糖が含まれていますし、今まで糖質にあふれた食事をしていたのに、急に糖質を抜くとなっても何を食べていいかわからない。。というのが正直なところ。

ですが、こんな悩みはコンビニを上手に利用することで実は簡単に解決することができるんです!

どうしてコンビニなの?

どうしてコンビニを上手に利用することで、糖質制限ダイエットが成功しやすいんでしょうか?それには

  • 手間がかからず続けやすい
  • 低糖質の飲食物が簡単に手に入る
  • バリエーションが豊富

以上のような理由があります。

手間がかからず続けやすい

まず1番にあげられる理由はコンビニを利用することで手間がかからずに続けやすいということでしょう。

一度外食をしてみればわかると思いますが、外で何かを食べるとなった時に糖質制限の考え方でメニューを眺めてみると、ほとんどのものが食べられない。。ということに気がつくと思います。それくらい、どこもかしこも糖質であふれているのです。

となると、自炊をする選択肢が頭に浮かびますが、特に男性の方にとって糖質制限食を自分で作ることは現実的ではないでしょう。白米や麺類がほとんど食べられないということになると、おかず類を充実させる必要が出てきますが、それを朝に作って学校や職場に持っていくこと、毎日できるでしょうか?筆者は絶対に無理ですね!

しかし、コンビニを利用することで、多少お金はかかりますが、手軽に糖質制限食のメニューを揃えることができます。今のコンビニはおにぎりやパンの他にもたくさんの種類のものが売られているので、糖質制限ダイエットの一食分のメニューを揃えることはそんなに難しいことではありません。

手間がかかってしまうと、ダイエット自体が億劫になり、結局続かずにやめてしまうことにもつながります。したがって、コンビニを利用して手間いらずで糖質制限ダイエットを行なってみてはいかがでしょうか?

低糖質の飲食物が簡単に手に入る

また、今のコンビニには低糖質を謳った商品が豊富に存在しています。パンなどに特に多く、低糖質のブランパンや中にはスイーツまで非常に幅広くあるので、糖質制限ダイエットを行う上ではこれほど助かることはありません。

また、健康志向の高まりを受けて、最近では飲料でも低糖質のものが増えてきました。これもコンビニに置いてあるので、低糖質の食べ物から飲み物、スイーツまで全て揃ってしまうコンビニを利用することで、糖質制限ダイエットが成功しやすくなるのです。

バリエーションが豊富

コンビニを利用すると食事のバリエーションが豊富になるというのも、糖質制限ダイエットを行う上では見逃せないポイントです。糖質制限ダイエットを自炊などで行おうとすると、どうしても毎回同じメニューになりがち。特に男性は料理を今まで行ったことがない方が多く、糖質制限という観点から毎日料理を行うのはハードルが非常に高く、結果的に同じものばかりを食べてしまうことになります。

毎日同じものを食べても糖質は制限できているんだからいいでしょ?と思われるかもしれませんが、これが大きな落とし穴になる可能性もあります。毎回同じメニューだと栄養バランスに偏りが生じ、健康的にダイエットを行うという糖質制限ダイエットの基本的な考え方とは相違が出てしまうのです。

また、さすがにずっと同じメニューというわけにもいきません。必ず飽きが生じ、それを解消しようと外食でドカンとラーメンやご飯ものを食べてしまって意味がなくなる。。なんてことにもつながりかねません。というか、筆者がまさしくそうでしたので。同じメニューばかり食べて、結局我慢できずにラーメン屋まで足を運ぶ。もう二度としないと誓うも、同じことを繰り返してしまいました。

こんなことにならないためにも、コンビニの豊富なラインナップを生かして、バリエーションに富んだ自分だけの食事をしてみてください。また、利用するコンビニを変えるだけで、食べ物としては同じものでも味付けなどの細かい部分が全然異なり、飽きずに続けられるということもありますので、色々と工夫してみると簡単に続けやすいですよ!

糖質制限ダイエットは手軽に行える点が好まれているが、それでも糖質制限食を用意することは特に男性にとって手間がかかってしまう。コンビニを利用することで、手間がかからずに低糖質の食品が手に入り、しかもバリエーションも豊富である。コンビニを上手に利用して、糖質制限ダイエットを成功させよう。

コンビニを利用して糖質制限を行う際のポイントと注意点

水とおにぎりを食べる男性

コンビニで糖質制限を行う際にはいくつかの押さえておきたいポイントと、注意点が存在します。どれも糖質制限ダイエットを成功させるためには不可欠なものばかりなので、要チェックです!

1日の糖質摂取量は緩く決めておく

まず大事なのが、1日の糖質摂取量を決めておくことです。糖質制限ダイエットでは、以下のように3つのタイプに分類され、それぞれで1日あたりの糖質量が決められています。

1日あたりの糖質量
プチ糖質制限ダイエット 120g〜180g
スタンダード糖質制限ダイエット 60g〜120g
スーパー糖質制限ダイエット 30〜60g

普通にダイエットを行いたい場合はスタンダード糖質制限ダイエットが無難でしょう。痩せたいからといっていきなりスーパー糖質制限ダイエットに取り組もうとすると、十中八九失敗します。上限の60gでさえ、1日にご飯1杯強しか糖質を摂れないことを考えると、今まで糖質をたくさん食べてきた方にとっては地獄のような生活になってしまうからです。

また、とりあえず糖質制限ダイエットを試してみたいなと考えている方はプチ糖質制限ダイエットに取り組むと良いでしょう。150g程度の糖質は摂取できるので、いつもの食事から少しだけ糖質を抜いてみる程度の努力で行うことができます。自分に合っていると思ったら、徐々に糖質量を減らしていけばOK!

いずれの場合も糖質摂取量は緩く決めておくことが大切です。というのも、あまりにも厳密に糖質量を制限してしまうと、何をするにも糖質のことが頭から離れなくなり、食事を全く楽しめずにストレスになってしまいます。こういったストレスが溜まっていって、結局挫折してしまうこともあるので、ある程度の緩さを持っておくことが大切です。

ですが、ゆるゆるになってしまっては意味がないので、自分の中でうまくバランスをとってみてくださいね!

食べ物ごとの糖質量をある程度把握しておく

先ほど1日の糖質摂取量を緩く決めておくことの重要性をご説明しましたが、摂取量を制限するためにはどの食品にどれだけの糖質が含まれているかをある程度理解しておくことが必要です。これを理解しておくと、コンビニでの食品選びがスムーズにいくので、代表的なものはチェックしておきましょう。また、糖質制限にとって好ましくない食品も存在するので、ここで一通り確認しておきましょう!

食べ物ごとの糖質量リスト

まず、食べ物ごとの糖質量をリストにしてまとめてみましたので、参考にしてください!

食事・食品 糖質量
白米1膳 約55g
食パン1切れ 約25g
パスタ1人前(80g) 約60g
うどん1玉 約52g
そば1玉 約40g
じゃがいも(半分) 約9.8g
卵1個 約0.2g
コーラ1杯 約56.5g
バナナ1本 約30g
板チョコ 約25g

以上のものを覚えておけば、日常生活での糖質計算が比較的楽にできるようになります。また、コンビニで売られている加工食品の場合は様々な具材が使用されているので分からなくなってしまうかもしれませんが、商品パッケージの裏面に栄養成分が明記されているので、そこをチェックする習慣をつけましょう。

なお、以上のリストには載せていませんが、肉や魚、根菜や果実を含まない野菜に関しては、ほとんど糖質が含まれていませんので、メニューに積極的に取り入れるようにしてください!

食べることを控えた方が良いもの

以上のリストから糖質制限を行う上で食べることをできるだけ控えた方が良いものが見えてきます。

コンビニで売られている代表的な食べ物である、ご飯やパン、麺類などをがっつり食べてしまうのはできるだけ控えた方が良いでしょう。いずれも糖質が主成分となっているので、場合によっては1食分で1日あたりの糖質摂取量を満たしてしまうこともあるからです。ご飯一膳やパン1切れ程度ならば大きな問題はありませんが、ラーメンやうどんを食べる際は1日の糖質量に気を配って、なるべくオーバーしないように心がけましょう。

また、スイーツも糖質の塊なので、注意してください。特にケーキなどの洋菓子は生地もソースもトッピングも全て糖質なので、コンビニで売られている糖質制限がなされたもので代替したりすることで、糖質制限をしつつも甘いものを楽しむことができます。

飲み物にも気を配りましょう。先ほどのリストにも載せましたが、コーラは500mlで40g以上の糖質が含まれていて、コーラだけで1食当たりの糖質量を満たしてしまいます。こちらもコンビニで売られている糖質に気を配った飲み物を飲んだり、お茶や水で我慢するといった工夫が必要になってくるでしょう。

食事を抜くことは絶対にしない

糖質制限を行う上で勘違いしてしまうのが、1日あたりの糖質量さえ気をつけていればダイエット効果が得られるということです。確かに、糖質制限ダイエットにおいて1日当たりの糖質を制限するということは非常に大切。ですが、これと同じくらいに糖質以外の栄養分を適切に摂取するということは重要なのです。

糖質以外の栄養分といいますと、代表的なものとしては脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルなどがあげられるでしょう。糖質を制限して、これらの栄養分も同時に制限してしまっては生きていくために必要な成分が足りずに、逆に不健康となってしまいます。

糖質を制限しつつ他の栄養分を豊富に摂取する。こうした意識を持つことで、健康的に痩せることにつながりますし、体の代謝が上がってより太りにくい、リバウンドのしにくい体へと変化していきます。したがって、糖質量だけに目を向けて食事を抜くことなどは絶対にしないようにしてくださいね!

自分を追い詰めることはできるだけ避ける

自分を追い詰めすぎないということも糖質制限においては重要です。糖質制限は糖質以外のものを食べられるという点で気が楽であるということは事実ですが、やはり今まで普通に食べてきた白米などの主食や、スイーツなどのデザートを自由に食べることができないというのはストレスになります。

特に糖質制限のし始めは、体は糖質を摂取できると思い込んでいますから、大きなストレスがかかりがちです。この段階で厳格に糖質制限を行なってしまうと、肉体的・精神的ストレスが蓄積していき、結果的にダイエットの失敗へとつながっていきます。

よって、糖質制限は段階的に行なっていくのがベストでしょう。コンビニで何かを購入する場合は、始めはおにぎりやパンなどもメニューに取り入れつつ、徐々に糖質が少ないものへと変えていくなどの工夫をしてみると効果的です。また、1週間のうちで1日くらいは糖質を気にせずに食事を楽しむ日を作ってもはじめのうちは良いでしょう。

いずれの場合も、自分にストレスがかかっていると感じたら、無理に追い込もうとすることはできるだけ避けて、そのストレスを解消してあげるようなことをしてあげると、ダイエットの成功へとつながっていきます。ストレスが爆発して暴飲暴食になってしまっては、継続して行うことは難しいので、余裕を持つことを心がけましょう。

お金が気になる場合は持参したものと組み合わせてみよう

最後のポイントとして、お金があげられます。コンビニを利用して糖質制限を行うと手間はかかりませんが、代わりにお金がそれなりにかかります。といっても、1食あたりでは外で食べる場合などとほとんど変わらないくらいで十分なので、気にならない方もいらっしゃるでしょう。

コンビニを利用する場合でお金が気になってしまう場合は、家から持参したものと組み合わせたりすると節約しながら手軽に糖質制限を行うことができます。

スーパーやディスカウントストアなどで安く売られている糖質が抑えられたパンを持参したり、肉やサラダをお弁当箱に詰めて持っていったりするだけでかなりの節約となります。食べ物から飲み物まで全てをコンビニで賄おうとすると人によっては金銭的に苦しい場合もあるので、そういったひと工夫があるとよりストレスなく糖質制限に取り組むことが可能ですよ!

コンビニで糖質制限ダイエットを行う際は、1日あたりの摂取できる糖質量を緩く決めておいて、食べ物ごとの糖質量をある程度覚えておこう。こうすることでコンビニでの買い物がスムーズに。また、食事を抜いたり自分を追い詰めたりすることは極力避け、コンビニを上手に利用して無理なく糖質制限ダイエットを行おう。

コンビニで糖質制限ダイエット:ローソン編

それでは、実際にコンビニでどのような商品を選択すべきなのか、筆者おすすめのものを写真付きでご紹介していこうと思います。紹介するコンビニは大手コンビニチェーンのセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートです!

まずは、ローソンから見ていきます。

なお、今から紹介する商品の糖質量は一部炭水化物量で表記されている部分があります。企業が公表している栄養成分表示が糖質ではなく炭水化物量になっている場合があるので、ご了承ください。また、炭水化物とは糖質と食物繊維を合わせたものになっていますので、炭水化物量表記の場合の糖質量は含まれている食物繊維量の分だけ目減りします。

糖質制限ならローソンがNo.1

正直に言うと、大手3つの中で最も売上、人気共にあるのはセブンイレブンですよね?ですが、糖質制限の世界ではローソンが群を抜いてNo.1なのです。

糖質制限ダイエットや健康法が話題になり始めてからそれなりの時間が経っていますが、ローソンはいち早くその流れをつかもうと努力してきました。そうして生まれたのが「NATURAL LAWSON」という製品ライン。NATURAL LAWSONでは健康に気を遣った本格的な商品が、コンビニで手軽に手に入ることで有名です。

もちろん、NATURAL LAWSONのラインナップの中に糖質制限製品は含まれており、パッケージに大きく糖質量が表示されているものがその目印になります。その種類はパンなどの主食からチョコなどのデザートまで幅広く、これがコンビニで手に入るのか!と感動してしまうこと間違いなし。

ということで、学校や職場の近くにローソンがある方は迷わずローソンに行ってみることをおすすめします!

主食:豊富なパン類を楽しもう

さて、それでは早速製品の紹介を写真と筆者のレビュー付きでお送りしていこうと思います!まずは主食からです!

糖質制限において最も重要かつ難しいのが、主食についてです。主食といえばご飯ですが、糖質の塊なのでガッツリとは食べられません。うどん屋パスタなどの粉系のものも糖質が主成分なのでNG。もちろん、普通のパンもダメです。

こうなると、もう食べれるものがなくておかずでお腹を満たすしかないじゃん。。と感じる方もいらっしゃると思いますし、実際にそうした食生活を実践している方もいらっしゃいます。ですが、やはり主食に何かを据えて、そこからおかずを考えるということが最も一般的ですし、多くの方がそれを望んでおられます。

そんな方々におすすめなのが、ローソンの糖質制限のパンです!幸い、ローソンは糖質制限を謳ったパンを豊富に取り揃えております。これ、本当に助かるんですよ。。しかも、100円台で購入できるものばかりなので、コスパも優秀。バリエーションも豊富なのですが、今回は2点だけご紹介させていただきます!

NATURAL LAWSON ピザロール

ローソンピザロール
商品名 NATURAL LAWSON ピザロール
糖質量 18.4g
価格 140円(税込)

まずはこれ。NATURAL LAWSON ピザロールです!

ピザロールとは、ペースト状にしたピザ風味のトッピングをパンで巻いたものですよね?ですが、通常のピザロールだと糖質量が多く、なかなかメニューには入ってきません。しかし、こちらのピザロールならば、糖質量は18.4gとなっていて、スタンダード糖質制限ダイエットの一食あたりの糖質量である20g〜40gの中にも余裕を持って入ってきます。

今回はご紹介しませんでしたが、このピザロールの他にも主食としてのパンが色々とありますので、ぜひ店頭に行って確かめてみてください!

ブラン入り食パンをLチキでサンド!

また、商品同士を組み合わせて主食にしてしまうというのもアリです!筆者が好んで食べているのがLチキサンド

Lチキと言えばからあげクンと並んでローソンのホットスナックの定番商品ですよね?Lチキはカロリー面で敬遠されてしまうことが多いですが、糖質制限ならば衣以外に糖質が含まれていないので、ガチガチに糖質を制限しない限りは美味しく食べることができるスグレもの。

ローソンLチキ
商品名 Lチキ 旨塩チキン
炭水化物量 15.3g
価格 150円(税込)

これを単品で食べてもいいんですが、筆者はいつもサンドしてお手製のLチキサンドとして食べています!本来ならLチキを挟む専用の糖質制限用バンズがあるのですが、なかなか置いていないお店もありますのでこちらを使用してもOKです。

ローソンブラン食パン
商品名 NATURAL LAWSON ブラン入り食パン 4枚入り
糖質量 12.4g
価格 175円(税込)

この食パンでLチキを挟んで、一緒に買うサラダをトッピングにすると、こんな感じのお手製Lチキサンドになるんです!

Lチキサンド近影

専用のバンズならLチキバーガーとなってもっといい感じになるんですけど、これでも十分に満足感を得ることができます。味付けなどは糖質面を考えてしない方がいいですが、Lチキに元々ついている絶妙な塩加減だけで結構いけちゃいますよ!また、ローソンで売られているチーズを挟んだら、チーズトッピングとなりますので、これもおすすめ。

ただ、このLチキサンドは糖質量が30g弱ありますので、人によってはちょっと重たくなってしまうかもしれないことだけ覚えておいてください。これを食べた日の夜は抑えめにするなどの工夫が必要になる場合もあります。

ですが、お腹が空いたお昼などは頼りになるメニューになっているので、気になった方はぜひ試してみてくださいね!

サラダ編

続いてサラダ編です。糖質制限ダイエットにおいて重要な意味を持つ野菜を手軽に摂れるコンビニのサラダは非常にありがたい。糖質を抑える代わりに他の栄養分を満遍なく摂取することでより有意義なダイエットとなりますので、こちらも忘れずにメニューに取り入れるようにしましょう。

卵と蒸し鶏の生野菜サラダ

ローソンサラダとドレッシング
商品名 卵と蒸し鶏の生野菜サラダ
糖質量 1.8g
価格 248円(税込)
商品名 シーザードレッシング
糖質量 1.6g
価格 26円(税込)

コンビニのサラダには今や様々なものがありますが、その中でも筆者おすすめなのがこちらの卵と蒸し鶏の生野菜サラダ。サラダだけだと食べにくい方もいらっしゃるかもしれませんが、卵と蒸し鶏がいいアクセントになってお箸が進みます。量も結構入っていますので、先ほどご紹介した主食と組み合わせることで満足のいく食事ができると思います。もちろん、他のサラダでも問題はないので、お好みで選んでみてください!

また、サラダにかけるドレッシングはシーザードレッシングを筆者はいつも選んでます。糖質量が最も少ないということと、単純に味が好みなのです。他の和風ドレッシングや青じそドレッシングなどは意外と糖質が含まれていたりするので、ドレッシングまで気を配りたい方はシーザードレッシングがおすすめ。

ただ、例えば主食に糖質制限の惣菜パンを選択した場合などは、栄養的にお肉をメニューに取り入れていただきたいので、そんな時は今から紹介するものをチェック!

サラダチキンで栄養バランスを整える

ローソンサラダチキン

国産サラダチキン(レモン)

商品名 国産サラダチキン(レモン)
糖質量 5.4g
価格 238円(税込)

こちらの国産サラダチキンはお肉が足りない場合や、お腹が減っている場合などに活躍してくれます。鶏肉特有のさっぱりとした味わいが、サラダと相性が抜群。プレーンタイプもありますが、ほんのりレモン風味がするレモンフレーバーがついたものが筆者的にはおすすめです。

また、こちらのサラダチキンはコンビニ各社で用意されているものなので、後ほどもご紹介するように他のコンビニで購入する場合もチェックしておくとGoodです!

飲み物編

お次は飲み物についてご紹介していきます。コンビニが以前より進歩してきたとはいえ、やはり糖質制限の飲み物となるとなかなかないことが多いんです。そういった場合は多少の糖質に目をつぶってしまったり、水やお茶を泣く泣く飲むみたいなことも結構あったりします。

しかし、ローソンならそんなお悩みも解決できちゃいます!

NATURAL LAWSON グリーンスムージー Off & Plus

ローソングリーンスムージー
商品名 NATURAL LAWSON グリーンスムージー Off & Plus
糖質量 5.8g
価格 198円(税込)

こちらのNATURAL LAWSON グリーンスムージー Off & Plusは糖質までカバーしてくれるスムージータイプのドリンク。体にいいとされるスムージーも、味を整えるために含まれている果実による糖が意外と重くて、豊富な栄養分を含んでいるにも関わらず、糖質制限ダイエットにおいては敬遠されがちなものです。

しかし、このスムージーは糖質量を5.8gにまで抑えつつも、マイルドな飲み心地を実現していることから、積極的に飲んでいただきたい飲料になります。さすがに糖質を制限していないものに比べて、多少の飲みにくさを人によっては感じてしまうかもしれませんが、筆者はグイグイいけちゃいますね。

飲み物に迷ったりした時はNATURAL LAWSON グリーンスムージー Off & Plusを選択してみてください!

スイーツ編

最後にスイーツ編です。え、糖質制限なのにお菓子やスイーツもコンビニにあるの?と思われるかもしれませんが、ローソンならバッチリあるんですよ!

NATURAL LAWSON ブランのチョコオムレット〜バナナクリーム〜

ブランオムレット
商品名 NATURAL LAWSON ブランのチョコオムレット〜バナナクリーム〜
糖質量 11.7g
価格 150円(税込)

ローソンなら糖質制限のスイーツすら豊富にあるのですが、その中でも今回はNATURAL LAWSON ブランのチョコオムレットをご紹介!甘さたっぷりのソースとオムレット生地でいかにも糖質が怪しそうですが、なんとこちら11.7gしかないんですよ!す、すごい。。ローソンの糖質にかける情熱は本当に素晴らしい。

オムレット近影

近くで撮影したものがこちらになります。非常に美味しそうです!肝心の味ですが、糖質が制限されていることが気にならないくらい味が整っていて、スイーツとして完成しています。オムレット生地のチョコの苦味と、甘めなバナナ味のクリームが非常にマッチしていて、素晴らしい味わい。何度も食べたくなってしまうほどの完成度となっています!

NATURAL LAWSON ZERO ノンシュガーチョコレート

ローソンチョコ
商品名 NATURAL LAWSON ZERO ノンシュガーチョコレート
糖質量 10.0g
価格 148円(税込)

最後にご紹介するのがNATURAL LAWSON ZERO ノンシュガーチョコレートです。こちらは間食やおやつに最適。LOTTEが販売元ということもあり、その品質は折り紙つき。パッケージにある「スイーツとビター、二層のチョコがなめらかに溶け合います」とのコピーの通り、甘さと苦さのさじ加減が絶妙なんです!

ローソンチョコ近影

こんな感じの粒状となっているので、食べる量も容易に調節が可能。板やブロックのタイプだとついつい食べ過ぎちゃうみたいなこともあったりするので、そういった意味でも嬉しい。しかも、糖質量は10gジャスト!全部食べてしまうのもよし、小腹が空いた時に食べるのもよし。糖質制限中の心強い味方になること間違いなしですよ!

以上がローソンの筆者おすすめの糖質制限食になります。今回ご紹介したのはほんの一部で、まだまだローソンにはたくさんの種類の商品が存在しますので、一度ご自分でお店に行ってみて、お好みの商品を見つけてみてください!

糖質制限ダイエットにおいてローソンは最強。NATURAL LAWSONブランドで高品質な糖質制限食を手軽に楽しめる。近くにローソンがある場合はまず最初にローソンに行ってみよう。

コンビニで糖質制限ダイエット:ファミリーマート編

続いてご紹介するのがファミリーマートです!ファミリーマートはローソンの次に糖質制限ダイエットのための食品が揃えやすいので、おすすめできます。

RIZAPとのコラボ商品がスゴイ!

ファミリーマートが糖質制限ダイエットに向いている理由として最もあげられるのが、RIZAPとのコラボ商品が豊富に存在するという点です。皆さんもご存知だと思いますが、RIZAPは近年ダイエット業界で最も注目を集めていて、知名度の高い芸能人の方をCMに起用して、あの独特な低音のBGMとともに芸能人のビフォーアフターが紹介されるものはものすごく印象的です。

そんなRIZAPは運動だけでなく食事管理も行なっているということで有名。その技術をコンビニ食品に応用して、手軽に本格的なダイエットができるので、RIZAPとコラボしているファミリーマートが糖質制限ダイエットに向いているということなんです!

主食編

さて、では早速ファミリーマートの糖質制限ダイエットに効果的な商品をご紹介していこうと思います。まずは主食からです。

RIZAP きのこクリームの生パスタ

ファミマパスタ
商品名 RIZAP きのこクリームの生パスタ
糖質量 21.7g
価格 410円(税込)

パスタといえば主食として定番のものですが、糖質制限中にはなかなか食べることができません。ですが、こちらのRIZAP きのこクリームの生パスタならば糖質量を21.7gまで抑えつつ、本格的な生パスタが食べられてしまうんです!特にお昼時などはお腹が空いてエネルギー切れになってしまうこともありますから、コンビニで糖質制限パスタが手に入ることは本当にありがたいですね。

見た目からしても一般的なクリームパスタと謙遜はありません。実際に食べてみると、とてもしっかりとした味わいです。きのこクリームと麺が絡み合ってとてもマイルドで食べやすい。パスタ自体の食感が本来のプリッとしたものと比較して少し抑えめな感じはしますが、それでも全然美味しくいただけますよ!

この他にもRIZAPのカップ麺タイプの濃厚味噌ラーメンがありますので、糖質制限中だけど麺類が食べたい!と思われる方はぜひ食べてみてください!糖質制限中は麺類が特に恋しくなるので、おすすめですよ!

サラダ編

続いてサラダをご紹介していきます!

RIZAP ビビンバ風サラダ

ファミマサラダ
商品名 RIZAP ビビンバ風サラダ
糖質量 6.9g
価格 368円(税込)

サラダもRIZAP発のビビンバ風サラダをご紹介します!コンビニで売られている一般的なサラダは、野菜と卵やシーチキンなどの多少のトッピングがされたものが一般的ですよね?もちろん、それでも十分美味しくいただけますが、もう少し本格的なサラダを食べたいという方にはとてもおすすめできる商品です!

ビビンバ風となっているので卵はもちろんのこと、お肉だって含まれています。付属のコチュジャンテイストのソースをかけて、サラダなのにがっつりいただけちゃいますよ!糖質量がサラダにしては高い6.9gとなっていますが、それでもかなり低めに抑えられているので、ぜひ取り入れてみてほしい商品です。

国産鶏のサラダチキンソーセージ

ファミマサラダチキン
商品名 国産鶏のサラダチキンソーセージ
炭水化物量 5.3g
価格 158円(税込)

サラダチキンについてもご紹介しておきます。こちらの国産鶏のサラダチキンバーはバー状になったサラダチキンとなっています。一般的なサラダチキンはお肉がそのままパックされているので、やや食べにくいという欠点があり、あれを出先で食べるというのは結構手間がかかるもの。

ですが、バー状になっていればかなり食べやすくなりますよね!サラダと組み合わせてみると効果的です!

また、RIZAPのバー状になったサラダチキンも販売されているのですが、人気なのか置いてあるお店って結構限られるんですよね。RIZAPのものならば糖質量が0gなので糖質制限にはかなりおすすめできます。したがって、RIZAPのサラダチキンバーが置いてあった場合にはそちらを選んでみてください!

おかず編

続いておかずをご紹介していきます。

FamilyMart Collection 味噌汁 長ねぎ

ファミマ味噌汁
商品名 味噌汁 長ねぎ
炭水化物量 5.4g
価格 133円(税込)

ローソンのようにスムージーがあるわけではないのですが、お味噌汁などのスープ類も糖質制限ダイエットに結構効果的です。糖質制限食ってさっぱりしたものが多くて、特にサラダチキンなんかはお肉ですし糖質量も少なくていいんですけど、口がパサパサになりますし、塩分が欲しくなったりするんですよね。

そんな時にお味噌汁はぴったりなんです!お味噌の主成分は大豆。畑のお肉と言われるだけあって、糖質は少なくタンパク質が豊富。栄養バランス的にもバッチリなので、非常におすすめできる商品です。お味噌汁はどれも糖質量が少ないですが、根菜などが入っていると場合によっては高めになっていることも。

こちらの長ねぎのものならば、5.4gということで無理なくメニューに入ってくるかと思います。

ファミチキ

ローソンLチキ
商品名 ファミチキ
炭水化物量 14.2g
価格 180円(税込)

ローソンならLチキと言うように、ファミリーマートならファミチキですよね!ファミチキも衣以外は鶏肉となっているので糖質制限にバッチリな商品です。

これ単体で食べることもできますし、他のものと組み合わせても塩味の味付けで相性が良かったりします。サラダチキンと異なり、味付けがしっかりとされてあるので、やや糖質量が気になりはしますが、余裕があれば美味しく食べていただきたい商品になります!

また、フレーバーにも色々とあるので、自分好みのものを見つけてみるとより食事が楽しめるようになること間違いなしですよ!

サークルKサンクスの商品はファミリーマートのもの

以上がファミリーマートでおすすめの糖質制限食になります。ファミマはやはりRIZAPが強い。今回ご紹介できませんでしたが、スイーツもアイスやどら焼き、スコーンまであるので、お近くのファミリーマートに置いてあるかどうかチェックしてみてください!

また、近くにファミマないよ、、でもRIZAP食べてみたい!と思われている方に朗報です。サークルKとサンクスが扱っている商品はファミリーマートのものなんです!なので、近くにファミマはないけど、サークルK・サンクスならある場合は、ファミリーマートと同様の商品が手に入りますので、どうかご安心を。

ファミリーマートはダイエット界の王様であるRIZAPとコラボしているので糖質制限には向いている。RIZAP発の商品を見つけ次第食べてみよう。近くにファミリーマートがない場合はサークルKサンクスでもOK。

コンビニで糖質制限ダイエット:セブンイレブン編

最後にご紹介するのがセブンイレブンです。日本のコンビニといえばセブンですが、糖質制限という点ではローソンやファミリーマートに遅れをとっているというのが本音です。独自ブランドで豊富に取り揃えているローソンや、ダイエット界の王様のRIZAPとコラボしているファミリーマートと比較すると、やはり使いにくさが目立ってしまいます。

それでも、糖質制限に合う商品はもちろん存在しますので、いくつかご紹介していきますね!

主食編

セブン豆腐そうめん
商品名 とうふ そうめん風
糖質量 11.1g
価格 216円(税込)

主食はこちらのとうふ そうめん風になります。そうめんは麺類ですが、やはり糖質がほとんどを占めるので糖質制限には向きません。しかし、こちらは豆腐をそうめん風に加工してあるものなので、主成分はタンパク質。なので、糖質をグッと抑えつつも、さっぱりとしたそうめんが食べられるんです!

夏の暑い季節や重たいものが食べたくない時には活躍してくれそうなこの商品。1つ注意点として、めんつゆに多くの糖質が含まれていることから、全部飲むことはあまりおすすめできませんので、気をつけてくださいね!

サラダ編

続いてサラダをご紹介していきます。

ミックス野菜サラダと塩チョレギドレッシング

セブンサラダ
商品名 ミックス野菜サラダ
炭水化物量 5.1g
価格 163円(税込)
商品名 7プレミアム 塩チョレギドレッシング
炭水化物量 1.3g
価格 22円(税込)

サラダはオーソドックスなミックス野菜サラダをご紹介しますが、各種トッピングがされているものが他にもありますので、お好みのものを選んでいただいて問題ありません。ドレッシングは塩味が強めのチョレギドレッシングがおすすめ。糖質量も抑えられますし、強めの塩味がいいアクセントになってくれます!

また、サラダにゆで卵をトッピングするとより食べやすくなっておすすめです。

セブンゆで卵
商品名 ゆでたまご
炭水化物量 0.6g
価格 73円(税込)

卵はタンパク質が豊富で糖質量も極めて低いので、栄養的にも糖質的にも非常に良質な食材です。糖質制限中は特に積極的に摂り入れてみてください!

おかず編

続いておかずについてご紹介していきます。セブンイレブンは独自ブランドのセブンプレミアムが非常に強く、低価格ながら高品質なものばかりが販売されていますよね?その中でも糖質制限をする上で効果的なものがいくつかありますので、ここでご紹介させていただきます。

7プレミアム 豚ロース生姜焼き

セブン生姜焼き
商品名 7プレミアム 豚ロース生姜焼き
炭水化物量 2.9g
価格 198円(税込)

こちらの7プレミアム豚ロース生姜焼きは糖質がほとんど含まれていない豚肉を使用していますので、炭水化物量が2.9gとかなり控えめになっています。しかし、その味付けは素晴らしい。お店で出される生姜焼きに全く引けを取らないくらいのクオリティで、生姜と甘めな味付けがマッチして、これぞご飯が進むってやつですね!ご飯は食べられないですけど。。

食べる際に何かお皿のようなものが必要になるので、紙皿を用意しておくなりしておくと、食べやすくなると思います!自分でタッパーのようなものを持参するのも良いでしょう。

7プレミアム さばの塩焼き

セブンさばの塩焼き
商品名 7プレミアム さばの塩焼き
炭水化物量 0.1g
価格 280円(税込)

7プレミアムのさばの塩焼きも糖質制限中に最適なおかずとなっています。こちらの炭水化物量はなんと0.1g!非常に少ないですよね!魚類は糖質量が少なく、栄養的にも積極的に摂りたいものですが、なかなか食べる機会がないという方もいらっしゃるかと思いますので、コンビニで手軽に手に入るというのはありがたい。

味はさばの塩焼きそのもの。糖質制限など施されていないので、当たり前と言えば当たり前です。普通に美味しいというのがぴったり当てはまる商品で、さばの旨みをシンプルに引き立てるためには塩がベスト。さばの味噌煮などは味付けに糖質が含まれているので、こちらの塩焼きの方が糖質制限には向いていると言えます。

以上がセブンイレブンでおすすめおかず類になります。この他にもおでんなどはものによっては糖質制限食になり得ます。こんにゃく類や肉類などが該当しますので、特に冬の季節などにぜひ食べてみてください!

ホットスナック編

セブンイレブンのホットスナックもローソン、ファミリーマートと同様に糖質制限ダイエットの強い味方となります。今回は2つご紹介させていただきますね!

パキッとあらびきフランク

セブンフランク
商品名 パキッとあらびきフランク
炭水化物量 3.1g
価格 108円(税込)

まずはこちらのパキッとあらびきフランクになります。フランクフルトは糖質が抑えめなので、糖質制限中は筆者も好んで食べていましたね。商品名にもある通り噛みちぎる時のパキッという音が特徴的で、あらびき感を感じることができる舌触りと味わいがクセになります。

付属のケチャップ・マスタードソースは主にケチャップの方に糖質が含まれていますので、細かく気にする方はつけない方が良いかもしれません。つけるにしても、半分程度にするなどの工夫を行うとGoodですよ!

からあげ棒

セブン唐揚げ棒
商品名 からあげ棒
炭水化物量 13.8g
価格 123円(税込)

からあげ棒はセブンイレブンを代表するホットスナックですよね?誰もが一度は食べたことがあるものだと思いますが、糖質量がやや高めではあるものの、糖質制限食としての価値はそれなりにあります。セブンイレブンのからあげ棒の特徴はなんと言っても衣ですよね!竜田揚げ特有の味付けされた分厚い衣が鶏肉の旨みを引き立ててくれます。この衣が糖質の元になってはいますが、それでも美味しいので食べたくなっちゃうんですよね。

炭水化物量は13.8gなので、主食類と組み合わせる時は注意が必要です。軽めのメニューにした時に唐揚げ棒を食べるなどの工夫を行うと食べやすくなると思います!

スイーツ編

最後にスイーツ編です。ローソンと比べるとかなり限られてしまいますが、おすすめのものがありますのでご紹介しておきます。

7プレミアム 寒天ゼリー カロリー0 白桃味

商品名 7プレミアム 寒天ゼリー カロリー0 白桃味
炭水化物量 0.6g
価格 100円(税込)

こちらの7プレミアム 寒天ゼリー カロリー0 白桃味は糖質制限を含むダイエットに非常に効果的なスイーツ、デザートとなっています。カロリーは0。炭水化物量も0.6g。うーん、素晴らしい。今回ご紹介したのは白桃味で筆者的にはこれが最も好みです。糖質がかなり制限されているにも関わらず、桃の味がしっかりと立っています。

フレーバーには、白桃の他にもぶどうやみかん、りんごなど様々ありますので、自分のお好みのものを見つけてみるとデザートの時間が楽しみになると思います!

セブンイレブンは日本を代表するコンビニではあるが、糖質制限という点では使いにくさが目立つ。とは言っても、プライベートブランドである7プレミアムのクオリティはさすがの一言。低糖質なおかずなどが手軽に楽しめるので、問題なく糖質制限は行えるだろう。

終わりに

コンビニを利用した糖質制限ダイエットについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

糖質制限ダイエットは手軽さがウリですが、やはり糖質制限食をしっかりと食べなくてはならないことは特に男性にとってはストレスになってしまうこともあります。こうしたストレスはダイエットの成功の妨げになるので、今回ご紹介したようにコンビニを上手に利用して、健康的にダイエットを成功させることを目指してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です