メンズも手軽に本格的なスキンケアを!おすすめメンズオールインワンゲルランキングBEST18

メンズも手軽に本格的なスキンケアを!おすすめメンズオールインワンゲルランキングBEST18

オールインワンゲルはお手軽に本格的なスキンケアを行えるということで、女性だけでなく男性の間でも話題になっているスキンケア商品です。

男性側のコスメアイテムへのニーズが高まるにつれて、企業側の開発競争も加熱し、メンズ用のオールインワンゲルの種類は増加の一途をたどっているため、続々と商品が増えてきているのが現状。

選択肢が増えることは喜ばしいことですが、同時に「どれを使えば良いのか」という悩みが出てきてしまうのも事実ですよね?

そこでこの記事では、絶対に後悔しないオールインワンゲルの選び方を徹底的に解説していきます!筆者が実際に試して、自信を持っておすすめできるオールインワンゲルも合わせてご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

遊星吹き出し
Yusei

皆さんこんにちは、Mens STARライターのYuseiです!オールインワンは私たちのようなズボラ男子にとって、簡単に本格的なスキンケアができる神のようなアイテム。自分にピッタリなものを見つけて、美メンズを目指しちゃいましょう!

目次

オールインワンゲルが話題になっている理由

洗顔をする男性

オールインワンゲルの簡単な背景についてご紹介しましたが、ここまで話題になっている理由をもう少し具体的に掘り下げていきます!

男でもスキンケアをしたい!

オールインワンゲルが女性だけでなく男性においても話題になっている理由として、男性の美意識の向上が挙げられます。

一昔前までは、男性が日常的に化粧品を使用することはあまり一般的ではなく、限られたメーカーしかメンズ専門の化粧品は販売しておりませんでした。

しかし、スキンケア商品が一般的になるにつれて、男性の美意識も徐々に向上。今では、雑誌やネットでメンズ化粧品の特集が組まれていることも決して珍しいことではありません。

一方で、仕事で日々疲れている男性にとって、毎日スキンケアを行うことにはそれなりのハードルがあり、幾つもの化粧品を使用することに抵抗を覚える方がいるのも事実。

そういった方々が、手間がかからず本格的なスキンケアを行うことができるオールインワンゲルを使用したくなるのは、当然の流れかもしれませんね!

1本で何役もこなしてくれる

オールインワンゲルの最大の特徴として、1本で何役をもこなしてくれる使い勝手の良さがあげられます。この魅力に惹かれて、この記事を見てくださっているあなたも、自分にとって理想のオールインワンゲルを探しているのではないでしょうか?

オールインワンゲルはスキンケアの基本中の基本である化粧水乳液の他にも、美肌のための美容液、潤いや美容成分を閉じ込めるクリームやパックの役割をもこなしてくれます。

それぞれがスキンケアにおいてどのような役割を果たしているのか、簡単にご説明しますね!

化粧水

肌の潤いは健康で美しい肌のために絶対的に必要なものです。入浴後や洗顔後は、特にお肌の水分が飛んでしまっているので、化粧水によるケアが不可欠。

肌の水分が不足してしまうと、皮膚の一番外側にある表皮層と呼ばれる部分がスカスカになり、肌を様々な刺激から守る「肌バリア機能」が失われてしまいます。

その結果、外側からの刺激に敏感になり、ニキビなどの肌トラブルに見舞われてしまうのです。従って、化粧水や潤い成分によるケアをしっかりと行って、肌の乾燥を防ぐ必要があります。

そこで出番なのがコスメアイテムですよね?今までは化粧水がこの保湿の役割を担っていましたが、これからの時代はオールインワンに取って代わられるでしょう。よって、オールインワンには化粧水と同様、もしくはそれ以上の保湿能力が備わっていることが一般的なので、乾燥による肌トラブルから私たちを守ってくれるのです!

美容液

美容液はお肌にとって美白に関わる有用な成分ですが、化粧水や乳液に比べて男性にとってはあまり馴染みがないものかもしれません。

それもそのはず、今までの男性の美意識では、美容液は完全にオーバースペックだったから。だって、

遊星吹き出し
Yusei

化粧水?乳液?いやいや、男は黙って何もしないのが正解でしょ!

なんて真顔で言っている時代だったんですよ?そんな時代に「男性が美容液を使う」なんて無理ってものです。ですが、幸いなことに現代はやや・・、いや、かなり時代の流れが変わってきていますよね?

だからこそ、美容成分をふんだんに使った、それこそ、女性用コスメと同水準のスペックを持った美容成分入りのオールインワンも登場してきているので、シミやハリの低下といった老化(エイジング)が気になる方は、美容成分がふんだんに入ったオールインワンを選ぶべきですね。

乳液・クリーム

乳液とクリームには、先ほどご説明した化粧水の水分や美容液の成分を閉じ込め、肌を乾燥から守ってくれる役割があります。しかし、男性の肌は女性と比較して油分が過剰になっていることが多いので、ベタつきなどから使用を敬遠されがち。

なのですが、乳液やクリームにより潤いを閉じ込めておくと、肌が乾燥から守られニキビなどの肌トラブルの原因となる余計な油分が分泌されずに済むので、より充実したスキンケアが可能になるんですよね。

その点、オールインワンゲルは乳液などと同様に、潤いや美容成分を閉じ込めておくことができるので、手間いらずで優れた保湿効果が期待できちゃいます!

せっかく良い成分を配合していたとしても、肌に浸透しなかったら意味ないじゃないですか?そういう意味で、オールインワンの浸透力・閉じ込め力は無視できない大きなメリットになるというわけです。

製品によって+αも

オールインワンゲルには以上の4役がセットで備わっていますが、他社製品と差別化を図るために、製品によって新たな機能を追加しているものがほとんどです。

シミ、くすみなどの老化にフォーカスしたものや、香りに力を入れたもの、ベタつきを抑えて使用感の向上を追求したものなども存在しています。

どの+αが自分にとって必要なのかは、肌の状態や好みによって人それぞれですので、自分に合った+αを持ったものを選択すると効果的ですよ!

肌への負担を軽減!

冒頭の部分でもお伝えしましたが、オールインワンゲルを使用することによって、スキンケアによる肌への負担を軽減することができます。スキンケアによる肌への負担と聞いて、矛盾したような印象を受けてしまうかもしれませんが、実際世間にはあまり認知されていないんですよね。

突然ですが質問。皆さんは、顔の皮膚がどの程度の厚みを持っているかご存知でしょうか?

・・・

「いや知らんし」といったツッコミが来そうですが、逆に知っていたら知っていたでちょっと怖いですけどね(笑)話を戻すと、顔面の皮膚のうち、最も外側の表皮層と呼ばれる部分は0.3mm程度の厚みしか持っておらず、目周辺や口元などはさらに薄くなっています。

これだけ薄くなってる部分に、毎日手によって化粧水・美容液・乳液などを塗っていては、肌にとって無視できない物理的な刺激になりかねません。それくらい肌は外部からの刺激に敏感なのです。

イメージとしては、

「ペラッペラな紙に手を使って水分を塗りたくってみろ」

って感じで、手でゴリゴリやっちゃうと絶対破けちゃうじゃないですか?要はこういうことで、私たちが顔に雑に化粧水を塗っている間に、顔中の皮膚細胞が壊れ、なかなかに大きな刺激になってしまうってわけ。

しかし、オールインワンゲルを使用すれば、一日に何度も行なっていたスキンケアをたった一度で完結することができます。

スキンケアが肌に悪影響を与えてしまっていては意味がありませんので、肌への物理的刺激という観点からもオールインワンゲルを使用した方が良いかもしれませんね。

コスパがいい!

オールインワンゲルは非常にコストパフォーマンスが良いことで知られています。一般的なメンズ用オールインワンゲルを見てみるとそれなりの値がするものが多く、「本当にコスパがいいの?」と感じてしまうかもしれません。

中には数千円するものもあるので、スキンケアを始めたばかりの方や、化粧品にあまり馴染みがない方にとっては、気軽に手を出しづらいですよね?

しかしここで1つ真実を明らかにしておくと、オールインワンゲルにより行うことができる本格的なスキンケアを、化粧水からクリームまですべて購入して行おうとすると、オールインワンゲル1本では済まない価格になってしまうことがほとんど。

また、肌にとって安心で、自分の用途にあったものを全て選択しようとすると、結構な手間がかかってしまいます。実際、男性の中には化粧品を選ぼうとしても、その豊富な種類から購入を諦めてしまう方も多いです。

こういったことを考慮すると、選択する手間までを考えた上でのコスパに優れているので、オールインワンゲルは男性にとっても人気だと言えるでしょう。

遊星吹き出し
Yusei

以上が、オールインワンゲルが今話題になっている理由だ。一本で何役もこなし、肌への刺激も少ない。加えて、コスパも良いとなると、非常に魅力的な選択肢であることがわかるだろう。次の章では、オールインワンの選び方を解説するぞ。

後悔しないオールインワンゲル選びのポイント

スキンケアをする男性

オールインワンゲルは現在話題を集めていることもあって、次々と新しいものが開発されています。それは、女性用のものだけにとどまらず、メンズ用のオールインワンゲルも日進月歩の世界です。

選択肢が増えることは悪いことではありませんが、美容の知識に乏しい男性にとって、どれを選べば良いか見当がつかないのもまた事実。オールインワンゲルをしっかり選ぼうとすると、それなりの値段がかかってしまうことが多いので、選ぶことに慎重になるのも当然です。

そこで、ここでは絶対に後悔しないオールインワンゲルの選び方についてご紹介したいと思います!

1:成分にこだわる

化粧品といえばどのような美容成分を含んでいるのかが、選択をする上での大きな基準となってきますよね?ここでは、オールインワンゲルを選ぶ際に、どのような美容成分に着目する必要があるかを徹底解説していきます。

セラミド

次々と新しい化粧品が生み出されている現代ですが、今も昔も変わらないスキンケアの基本は「保湿」。

「全ての肌トラブルは保湿さえしとけばなんとかなる」

やや誇張し過ぎですが、こんなことが言えちゃうくらい肌にとって保湿って大事なんですよ。従って、オールインワンゲルを選ぶ際は、保湿力という観点を強く意識するように心がけましょう。

その中でも、注目の成分の一つとして「セラミド」があげられます。

最近よく聞くようになってきたセラミドですが、一体どのような役割があるのでしょうか?

肌バリア機能に必須

顔の皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織の順で構成されていますが、セラミドは最も外側の表皮における角質層で重要な役割を担っています。

角質層は細胞がいくつも積み重なることで外部との壁のような役割を果たしており、この壁が肌バリア機能として適切に働くことで、肌トラブルを未然に防ぐことが可能です。

そして、セラミドは肌バリア機能で重要な細胞の壁を作るために、水と油分を同時に抱え込む「ラメラ構造」と呼ばれる構造をとりながら、細胞同士を強く接着させる役割を持っています。

このラメラ構造により、適切な水分量が肌に保持され、肌バリア機能が適切に機能するのです!

ちなみに、肌トラブルを生じやすいアトピー性皮膚炎の方などは、生まれつきセラミドを体内で作りにくいことから、肌バリアが上手く働かずに様々な症状が生じてしまうとして知られています。

セラミドにも種類がある

以上のように、セラミドは美肌のためには必須とも言える美容成分ですが、実はセラミドの選び方にもちょっとした豆知識があるので、ご紹介しますね!

セラミドには以下のような種類が存在しています。

  • 天然セラミド
  • 合成セラミド
  • 植物性セラミド
  • ヒト型セラミド

この4種類のセラミドのうち、最も我々人間に対して効果があるのは「ヒト型セラミド」です。ヒト型セラミドは、ヒトのセラミドを合成しているものなので、他の種類よりも人間に馴染みやすいのは当たり前ですよね?

ですが、どうしてヒト型セラミド以外にも種類が存在するのでしょうか?それはヒト型セラミドを合成したり化粧品に配合することは、非常に難しいことだからです。

それゆえ、技術が進歩する以前は、ヒト以外のセラミドを使用した化粧品が多く存在し実際に販売されてきましたが、技術が進歩するにつれて、ヒト型セラミドを使用する上での障害が解消されていきました。

そして、今ではヒト型セラミドを含む化粧品を多く見かけるようになっています。一方で、製造する上でのコスト面を考慮して、ヒト型以外のセラミドを配合している化粧品も存在しています。

その全てが効果がないと言いたいわけでは全くありませんが、やはり人間にはヒト型のセラミドが最も馴染みやすいです。

従って、少々コストはかかってしまいますが、筆者はヒト型セラミドを配合したオールインワンゲルを選ぶべきであると考えています。

コラーゲン

化粧品といえば「コラーゲン」は外せない成分です。このコラーゲンは肌の弾力やハリに関与している成分となっており、みなさん自身も、

「あー、コラーゲンね。女子がよく言ってるやつ」

って印象をお持ちになったのではないでしょうか?セラミドが皮膚の表皮に存在していたのに対し、コラーゲンはそれより内側の真皮に存在し、網目の様な構造を取ることによりクッションの役割を果たしているのです。

このコラーゲンによるクッションが皮膚の中にあることによって、外部からの物理的な刺激にもしっかりと対応することができます。コラーゲンが不足すると肌全体の伸縮性が損なわれ、刺激がダイレクトに細胞に伝わって、肌の調子が悪くなる・・、イメージとしてはこんな感じ。

よって、コラーゲンが不足してしまうと、肌のハリが失われ、たるみ肌となってしまい老化につながります。というわけ、いつまでも若々しい美肌のためにもコラーゲン入りのオールインワンゲルがおすすめできるのです。

アミノ酸

最後に「アミノ酸」についてもご紹介します。知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、顔だけでなく、全身のあらゆる皮膚は全て「タンパク質」により構成されていて、これは爪や皮膚なども例外ではありません。

だからこそ、大豆などのタンパク質を多く含むものが美のために良いとされているのは、外から良質なタンパク質を取り入れることが可能となるからです。

従って、「美」を意識する上では、タンパク質にフォーカスすることがとても大切だと言えます。

タンパク質はアミノ酸から構成される

全ての皮膚を構成しているタンパク質ですが、タンパク質自体は無数のアミノ酸がくっつくことで体内において合成されます。

逆にいえば、体内にアミノ酸が不足していると、皮膚に必要なタンパク質が正常に合成されずに、様々な問題が生じてしまうのです。言い換えれば、美のためにはアミノ酸は必要不可欠。

体内で合成することができず、外から取り入れるしかないアミノ酸を含んでいるものも存在するので、アミノ酸についても意識して選んでみてはいかがでしょうか?

遊星吹き出し
Yusei

アミノ酸入りコスメは総じて値段が高くなりがちだ。しかし、上述のように、アミノ酸は本当に肌にとって重要な成分なので、多少の出費には目を瞑ってでも重視したい要素となっていることを覚えておいてくれ。

2:毎日の使用を前提に選ぶ

化粧品を選ぶ際には、配合されている美容成分にばかり目がいきがちです。

しかし、入浴後・洗顔後・髭剃り後など、使用する機会は意外と多いので、日常的な使用を前提としてオールインワンゲルを選択すべきではないでしょうか?

ここでは、日常的に使用するためにはどのようなことに注意をして選択すべきかを、丁寧に解説していこうと思います。順に見ていきましょう!

使い心地

まずは使い心地です。この使い心地には使用感やボトルの形状、液状なのか、クリーム状なのか、など様々な要素が絡んできます。

いずれの要素も個人の好みの問題となってくるので、詳細な言及については避けさせていただきますが、メンズ化粧品という点での一般的な視点から少しだけアドバイスをさせていただきますね!

男性の肌は女性よりも皮脂や汗が分泌されやすいので、使用感としては固形のクリームのものよりも、ジェルなどの液状のものを好む方が多いです。

とにかくべたつくのを嫌う方が多いので、特にこだわりがなければ液状やジェル状のものを選択した方が無難かなーってところですね。

また、ボトルの形状に関しては、ポンプ式よりもチューブ式の方が使用する量を調節しやすいのでおすすめ。オールインワンゲルは決して安いものではないので、無駄使いはできるだけ避けたいですよね?

また、ジェルタイプだとポンプにより勢いよく噴射してしまう恐れもあるので、そういった観点からもチューブ式をおすすめできます。

肌への優しさ

肌への優しさもしっかりと考えてオールインワンゲルを選択する必要があります。

スキンケア製品は、名前の通り肌をケアするものでなければならず、自分の肌に合わなかったり、好ましくない成分が含まれていては、本来の性能を発揮することができません。

特に肌質が敏感肌の方は、ニキビなどの肌トラブルが起きる要素を含んでいないかを入念にチェックする必要があります。筆者の肌質も敏感肌ですが、新しい化粧品を選ぶ際は、安全性を含めてかなりの時間をかけて選択することが多いです。

3:コスパで選ぶ

コストパフォーマンスも決して無視できない要素です。オールインワンゲルは日常的に使用するものなので、自分の余裕のある範囲で選択することが重要と言えます。

特に、化粧品は継続的に使用することで効果を発揮するものがほとんどなので、金銭的な理由で継続使用を断念してしまうと、結果的に無駄な出費がどんどんかさんでいくのです。

オールインワンゲル自体は何役もこなしてくれるという点でコスパに優れているので、多少の出費も想定しつつ、継続使用を念頭に置いて選ぶようにしましょう。

4:香りで選ぶ

最後に、香りがあげられます。化粧品を使用する上で、意外にも香りは軽視されがちですが、継続使用する上で重要だと言われています。毎日使用するものなので、自分の嫌いな香りのものを肌に塗るということは、あまりしたくないですよね?

まして、顔には匂いを感知する鼻が備わっているので、少なくとも嫌いな香りのものは継続使用する上での大きな妨げになる恐れがあるので、選択しない方が良いでしょう。

ネットなどで購入を行う場合は、テスターなどであらかじめチェックしておくことができないので、無香料のものを選ぶのが最も無難です。

以上が、後悔しないオールインワンゲル選びのために必要な知識になります!それぞれの観点を意識して、自分にあったオールインワンゲルを見つけてくだされば、筆者としても嬉しいです。

次の章では、筆者が実際に試した上で、男性に自信を持っておすすめできるオールインワンゲルをご紹介したいと思うので、もしよろしければチェックしてみてください!

面倒くさがりな男におすすめなメンズオールインワン

ではここからは、面倒くさがりな男性におすすめしたい、選りすぐりのメンズオールインワンについてご紹介していきます!今やメンズコスメは群雄割拠の時代であり、多種多様な製品が目白押しなのですが、コスメオタクの筆者が厳選して選んでみたので見逃し厳禁、ですよ!

1位:ZIGENオールインワンフェイスジェル

ZIGENオールインワン

引用:ZIGENオールインワンフェイスジェル – ZIGEN公式サイト

商品名 ZIGENオールインワンフェイスジェル
メーカー ZIGEN
価格 3,990円
容量 100g

水 / グリセリン / プロパンジオール / アルギニン / ハマメリス水 / グリチルリチン酸2K / タウリン / ロイシン / リシンHCI / プロリン / フェニルアラニン / ヒスチジンHCI / パルミチン酸レチノール / バリン / トレオニン / アミノカプロン酸 / チロシン / セリン / コロイド性白金 / クロレラ/シロバナルーピンタンパク発酵物 / グルタミン酸 / グリシン / クエン酸 / グアニル酸2Na / エゾウコギ根エキス / イノシン酸2Na / イソロイシン / アラントイン / アラニン / アスパラギン酸Na / アスコルビン酸 / セージ葉エキス / サボンソウ葉エキス / ゴボウ葉エキス / レモン果実エキス / セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス / ホップエキス / トウキンセンカ花エキス / 水添レシチン / 加水分解コラーゲン / セラミドNP / セラミドNG / セラミドAP / セラミドAG / セラミドEOP / 水溶性コラーゲン / ダイズステロール / ヒアルロン酸Na / プラセンタエキス / ピリドキシンHCL / セイヨウキズタ葉/茎エキス / オランダガラシ葉/茎エキス / 白金 / 金 / 銀 / 海塩 / カプリルヒドロキサム酸 / カプリリルグリコール / アセチルテトラペプチド-17 / カルボマー / キサンタンガム / エチルヘキシルグリセリン / トコフェロール / メントール / o-シメン-5-オール / BG / 炭酸水素Na / セルロースガム

引用:ZIGENオールインワンフェイスジェル – ZIGEN公式サイト

この記事でも何度か言ってますが、メンズオールインワンは今最もホットなコスメ市場といっても過言ではないレベルで盛り上がりを見せています。実際、筆者も数え切れないほどのオールインワンを使ってきましたが、こちらの「ZIGENオールインワンフェイスジェル」は、とても高い満足度を与えてくれました。

その理由には何個もあるのですが、やっぱり一番は配合されている成分がものすごいという点に集約されます。

セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸・アミノ酸、、なんでもござれ

正直、成分のことについてうだうだ話しても伝わりにくいので、筆者としてはあまり触れたくないというのがホンネだったりするのですが、それを踏まえてもZIGENの成分はすごいです。上にある全成分をチラッと見てみて欲しいのですが、これほど膨大な全成分表示のメンズコスメはなかなかないですよ。

この中でも注目なのが、やっぱりセラミド・・、いや「ヒト型セラミド」ですね。上述しましたが、セラミドは皮膚の「肌バリア機能」に関わる超重要な成分ですが、一方で、製造にコストがかかるというデメリットも存在しています。

よって、高級な女性向けコスメに配合されるようなものなのですが、ZIGENは惜しげも無くメンズオールインワンに投入しているのでスゴイです。しかもセラミドの中でも最も浸透しやすい「ヒト型」のセラミドなのもGood。

また、肌を構成する成分そのものであるアミノ酸についても、「15種類配合」という圧倒的すぎるスペックを持っているのだから驚きを隠せません。他にも言及したい成分はあるのですが、これだけ贅沢仕様になっていると、やはり価格はそれなりにしちゃいますよね。それでも、

遊星吹き出し
Yusei

いや、メンズコスメでここまでやるとか・・、気合いれすぎじゃね?

って思っちゃうくらいには高品質なので、迷ったらこれ買っておけばまず後悔しないってことをお約束します。筆者ももちろん過去に使用したことがありますが、これ使ってから「ニキビ知らず」の肌になったので、本当におすすめしたいです。1日1回、お風呂上がりに使用する場合、2ヶ月程度は使い続けられるので、コスパはそれほど悪くありませんよ。

口コミで話題のZIGENオールインワンゲルの効果が気になる方必見!3ヶ月使用してみた結果を正直にお伝えします!

口コミで話題のZIGENオールインワンゲルの効果が気になる方必見!3ヶ月使用してみた結果を正直にお伝えします!

2017年12月6日

2位:アクアモイス

アクアモイスサイト写真-サイトメイン写真

引用:アクアモイス – &gino公式サイト

商品名 アクアモイス
メーカー &gino(アンドジーノ)
価格 5,184円
容量 50ml

水、プロパンジオール、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、シラントリオールアルギニン、10-ヒドロキシデカン酸、1,10-デカンジオール、セバシン酸、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、白金、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、アセチルヒアルロン酸Na、コンドロイチン硫酸Na、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド、アーチチョーク葉エキス、アスコルビルリン酸Na、トコフェリルリン酸Na、チャ葉エキス、ダイズ種子エキス、 メチルヘスペリジンカルコン、ジペプチド-2、パルミトイルテトラペプチド-7、アセチルテトラペプチド-5、グリチルリチン酸2K、クリサンテルムインジクムエキス、パルミトイルトリペプチド-38、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、 スフィンゴ脂質、リン脂質、ハマメリス葉エキス、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、 ユキノシタエキス、カフェイン、カンゾウ根エキス、オウゴン根エキス、プルーン分解物、ネムノキ樹皮エキス、グリセリルグルコシド、アスパラギン酸Na、フェニルアラニン、グアニル酸2Na、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、 グルタミン酸、アラントイン、イソロイシン、アルギニン、トレオニン、リシンHCl、チロシン、アラニン、ロイシン、グリシン、タウリン、プロリン、セリン、バリン、クエン酸、クエン酸Na、ステアレス-20、セルロースガム、炭酸水素Na、 フェノキシエタノール

引用:アクアモイス – &gino公式サイト

効果・コスパ・メーカー、、などなど、人によってコスメに求めるものは違うと思いますが、

遊星吹き出し
Yusei

お金とかは気にしないから、とにかく品質が良いものが欲しい

という方には、こちらの&ginoのアクアモイスをおすすめします。価格は表の通り5,000円の大台を超えており、人を選ぶオールインワンではありますが、とにかく品質の高さがスゴイ。

天然植物成分を数え切れないほど配合

上記全成分をパッと見てわかるのが、「数え切れないほどの天然植物成分」が配合されていることです。数えてみようと思ったのですが、多すぎるので諦めました・・(笑)

基本的に植物由来の成分は、

  • 化学合成成分より安全
  • 保湿
  • 収れん(引き締め)
  • 抗炎症

このような効果が期待できるので、特に肌がたるんできた年齢肌に悩んでいる方には非常におすすめの一本です。アンチエイジング向けのメンズオールインワンはほとんどないのが実情であり、だからこそ人気があるという見方が可能ですね。

一方で、内容量が「50ml」ということで、容量としてはかなり少なめ。5,000円越えなのでもうちょっと入っててもいいんじゃね?と思われるかもしれませんが、

アクアモイスの中身の粘度

このように、アクアモイスの溶液はかなり粘度が高く、オールインワンジェルってよりは「ローション」ってイメージ。ノビが良く少量でも十分に顔全体に広がってくれますから、50mlでも2ヶ月程度は使用可能。よって、容量の少なさについてはそれほど気にしなくても大丈夫です!

もちろん、植物成分の他にも、保湿成分やアンチエイジング成分はふんだんに配合されているので、筆者の知る限りではメンズコスメの中でも最高品質と言っても良いでしょう。価格面が気にならないのなら、アクアモイスが最もおすすめです。

男性向けオールインワンのアクアモイスで本格スキンケア!口コミ通りなのか実際に使って検証してみた!

男性向けオールインワンのアクアモイスで本格スキンケア!口コミ通りなのか実際に使って検証してみた!

2018年5月1日

3位:オルビス ミスタースキンジェルローション

オルビスオールインワン

引用:ミスタースキンジェルローション – オルビス公式サイト

商品名 ミスタースキンジェルローション
メーカー オルビス
価格 1,728円
容量 150ml

水、グリセリン、BG、エタノール、ユーカリエキス、キウイエキス、加水分解コラーゲン、グリチルリチン酸2K、キサンタンガム、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10−30))コポリマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

引用:ミスタースキンジェルローション – オルビス公式サイト

メンズ向けオールインワンに「コスパ」を最も求めたい方、あるいは、初めてメンズコスメを使うという方には、こちらのオルビスの「ミスタースキンジェルローション」がおすすめ。

2,000円を切る価格設定は、メンズオールインワンの中では比較的低め。そんな中で、

加水分解コラーゲン
肌に弾力を与える
グリチルリチン酸ジカリウム
肌の炎症を防ぐ
植物由来成分
高い保湿・抗炎症効果

男性の美容に必要な成分が網羅的に配合されているので、

「成分にもこだわりたいけど・・、正直お金も節約したい」

という男性には非常におすすめの一本だと言えます。特に肌の炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムが入っている点が注目ポイントで、お風呂上がりだけでなく、髭剃り後の肌へのダメージを抑えるための「アフターシェーブローション」としても使える汎用性の高さがウリです。

さらに150ml(〜2ヶ月分)入っているので、以上を踏まえた上での「1,728円」という価格は、メンズコスメオタクの筆者から見ても相当良いコスパ!オールインワン・スキンケア入門としては申し分ないので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

オルビスメンズスキンケアMr.シリーズの口コミや評判はホント?実際に購入して徹底レビュー!

オルビスメンズスキンケアMr.シリーズの口コミや評判はホント?実際に購入して徹底レビュー!

2019年4月8日

4位:無印良品 クリアケアオールインワンジェル

無印オールインワン

引用:クリアケアオールインワンジェル – 無印良品公式サイト

商品名 クリアケアオールインワンジェル
メーカー 無印良品
価格 2,290円
容量 200g

水、BG、グリセリン、ジメチコン、ペンチレングリコール、シクロペンタシロキサン、ポリクオタニウム-51、ヒアルロン酸Na、ブドウ果実エキス、キウイエキス、オレンジ果皮エキス、アンズ果汁、フルクタン、マカデミア種子油、スクワラン、ベタイン、メチルグルセス-10、PEG-75、PEG-32、エチルヘキシルグリセリン、PEG-60水添ヒマシ油、ポリソルベート60、ポリソルベート80、ジメチコンクロスポリマー、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、カルボマー、水酸化K、EDTA-4Na、フェノキシエタノール、香料

引用:クリアケアオールインワンジェル – 無印良品公式サイト

コスメアイテムに詳しくない我々男性にとって、自分に合ったコスメを選ぶのは至難の技。それゆえ、ネットでいろいろ調べてみても、

遊星吹き出し
Yusei

もう何が何だかわかんねえよ・・、成分とかよくわかんねえし

と、投げやりになってしまうのは皆同じこと。そして、そんな方には無印良品の「クリアケアオールインワンジェル」を使ってみることをおすすめします。

安定の無印良品

この商品の何が良いって、メーカーが無印良品ってとこですよね。無印と言えば言わずと知れた生活全般の商品を扱う超大手ですが、コスメグッズもなかなかに侮れません。

そして、オールインワンもいろいろと開発しているのですが、複数ある中でも男性には「クリアケア」が最もおすすめ。

  • 敏感肌用オールインワン美容液ジェル
  • エイジングケアオールインワンジェル
  • ハーバルオールインワンジェル

クリアケア以外の無印のオールインワンにはこれだけありますが、実際に全て使ったことある筆者的には、どれも結構ベッタリしてるんですよね。保湿力が高すぎるとかではないのですが、使用感が男性にはフィットしない可能性が高いってイメージ。

一方でこちらのクリアケアは、サラッとした使用感でベタつきを嫌う男性でも違和感なく使うことができるのがGood。

配合されている成分としては、ブドウ果実・キウイエキスなどの植物由来成分がメインで、保湿や炎症を防ぐことにフォーカスしているので、髭剃りの後のアフターフォローにも使えます。

加えて、個人的に大きく評価しているのが「香り」なんです!ザックリ言うと柑橘系の爽やかな香りが心地よくて、毎日使うのが楽しみになるほど。毎日使用するとなると香りも結構大事なので、この辺も考えて購入すると良いかもしれません。

無印ということで手に入れる手段も豊富ですから、ぜひ使ってみてくださいね!

5位:ホロベル トータルスキンケア保湿ジェル

ホロベルオールインワン

引用:トータルスキンケア保湿ジェル

商品名 トータルスキンケア保湿ジェル
メーカー ホロベル
価格 3,780円
容量 100g

水、BG、トリエチルヘキサノイン、メセムブリアンテムムクリスタリヌム液汁、アセチルヒアルロン酸Na、セラミドNG 、セラミドNP、セラミドAP、リンゴ果実培養細胞エキス、サガラメエキス、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、ザクロ果実エキス、プラセンタエキス、アルギニン、パルミチン酸レチノール、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、温泉水、ペンチレングリコール、グリセリン、カルボマー、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、ベヘニルアルコール、コーン油、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルラクチレートNa、イソステアリン酸フィトステリル、キサンタンガム、トコフェロール、レシチン、水酸化Na、フェノキシエタノール

引用:トータルスキンケア保湿ジェル

男性は女性よりも皮脂が多く分泌されやすく、肌がしっとりする傾向にありますが、だからと言って保湿をしなくても良いわけではありません。むしろ「乾燥しているから皮脂を分泌する」という側面もあるので、そういう意味でも保湿は大事ってわけ。

そして、その保湿に特化したメンズオールインワンがホロベルの「トータルスキンケア保湿ジェル」です!この商品に配合されている保湿成分は、以下の通り。

メセムブリアンテムムクリスタリヌム液汁
アフリカ原産の乾燥に強い植物由来のエキス
アセチルヒアルロン酸
通常のヒアルロン酸の2倍の保湿力。通称”スーパーヒアルロン酸”
ヒト型セラミド
保湿・肌バリアに必須のセラミドのうち、最も人間と親和性が高いセラミド

正直、どの成分もメンズ向けコスメに配合される成分だとは思えません・・。中でも一番上のやたら長い名前の「メセムブリアンテムムクリスタリヌム液汁」、こちらですが、アフリカの極度の乾燥状態にある砂漠で生きられる植物から抽出したエキスであるため、保湿力を大幅に向上させるために配合されることのあるものです。

さらにスーパーヒアルロン酸。さらにヒト型セラミド・・と、正直死角がありません。保湿力という点ではこの記事で紹介するオールインワンの中でも図抜けているので、乾燥肌の男性や、保湿にこだわりたい男性にはぜひ使って欲しい一本ですよ!

6位:ガレイド プレミアムオールインワン化粧水

ガレイドの公式サイトのメイン写真

引用:ガレイドプレミアムオールインワン化粧水 – ガレイド公式サイト

商品名 ガレイド プレミアムオールインワン化粧水
メーカー ガレイド
価格 4,000円
容量 100ml

水、BG、グリセリン、PEG-60水添ヒマシ油、ヒアルロン酸、ラウロイルラクチレートNa、アズキ種子エキス、ヒメフロエキス、コレステロール、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、エチルヘキシルグリセリン、カルボマー、キサンタンガム、セラミド3、セラミド1、クララ根エキス、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、香料

引用:1本で全身使える化粧水 GALLEIDO PREMIUM ALL IN ONE – ガレイド公式サイト

オールインワンのようなスキンケアアイテムを選ぶ上で、「香り」にこだわって選ぶ方法も大事です。というのも、オールインワンは顔から首あたりまで適用できるので、首元をケアできれば香水のような役割を果たしてくれるから。

そしてこちらのガレイドのオールインワン化粧水は、香りに非常に強くこだわったコスメアイテムになります。

ガレイド化粧水を手に持ってみた

こちらがガレイドを手に持ってみた写真になりますが、オールインワンよりも香水に見えますよね?それくらい香りにこだわっているのですが、実際香りも香水さながらの香りがしてすごい心地よいです。

首元にサッと塗るだけで、自分の鼻で確認出来るレベルのほのかな香りが立ってきて、周りにもほんわか広がってくれます。まさに、スキンケアと香りで一石二鳥できるオールインワンなので、汎用性の高さではピカイチ!

成分としては、スキンケアとしてセラミド・ヒアルロン酸・植物エキス、香り成分として異性を惹きつけるオスモフェロモンを採用しているので、ただ香りがするだけでなく「女性ウケ」まで狙っているのが凄いですよね。

ここまでガッツリ香りに振ったメンズコスメはなかなかないですから、コスメにも香り要素を期待する男性にはおすすめしたい一本です!

ガレイド・プレミアム・オールインワン化粧水の口コミや評判はホント?実際に購入して使ってみた!

ガレイド・プレミアム・オールインワン化粧水の口コミや評判はホント?実際に購入して使ってみた!

2019年4月3日

7位:MenCare男性用オールインワン

MenCareオールインワン

引用:DUEN MenCare男性用オールインワン – Amazon

商品名 MenCare男性用オールインワン
メーカー DUEN
価格 980円
容量 100g

水、ハマナス花水、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、ポリクオタニウム-51、ヒアルロン酸 Na、カルボマー、アルギニン、PPG-10メチルグルコース、PCA-Na、酒石酸ジメチルアミノエタ ノール、アセチルヘキサペプチド-3、ヒトオリゴペプチド-1、カプリリルグリコール、メントール、 コメ発酵液、ダマスクバラ花油、ゼラニウム油、カナリヤノキ樹脂油、ワレモコウエキス、スイカズ ラエキス、オランダカラシ葉エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、ヨウシュウカンボク樹皮エキ ス、ショウガ根エキス、セイヨウサンザシエキス、オウゴン根エキス、乳酸

引用:DUEN MenCare男性用オールインワン

筆者は重度のamazonユーザーなのですが、そんなamazonで圧倒的なレビューを叩き出しているのがこちらの「MenCare」というオールインワンになります。

メーカーとしては無名というか、筆者自身聞いたことのないものでしたが、このオールインワンの強みはシンプルに以下2点。

  • 安い
  • 成分のバランスが良い

まず安いという点ですが、amazonで980円ですからね、1コインならぬ1ペーパーで買えちゃう本格派メンズオールインワンなので、入門編として購入する方が多くなるのは必然でしょう。

その上、成分まで充実しているのだからこりゃ売れるよ。。ザッと全成分を見てみたところ、総合的にバランスよい構成となっていると感じますね。

保湿を行うヒアルロン酸を配合しながら、各種植物エキスも10種程度入ってる。アミノ酸(ペプチド)、さらには日本が生んだ最強の美肌成分「コメ発酵液」も漏れなく配合しているので、1,000円を切るオールインワンとしては破格といって良いでしょう。日本製なので、安全性についても完璧だしね。

一方で、容量が100gという点が気になります。粘土は比較的高いものの、公式にあるように「朝晩の計2回の使用で2ヶ月」もってくれるとは考えにくいので、安いからといってコスパについてはそれなりと言ったところです。

8位:ルチャカクタス オールインワンゲルスキンローション

ルチャカクタスオールインワン

引用:ルチャカクタスオールインワンゲルスキンローション – ルチャカクタス公式サイト

商品名 ルチャカクタス オールインワンゲルスキンローション
メーカー ルチャカクタス
価格 1,404円
容量 200ml

水、DPG、グリセリン、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、PPG-6デシルテトラデセス-30、香料、フェノキシエタノール、メントール、クエン酸Na、クエン酸、BG、オプンチアフィクスインジカ種子油、オプンチアフィクスインジカ茎エキス、ブクリョウエキス、アンズ種子エキス、オプンティアストレプタカンサエキス、ラウリン酸K、BHT、トコフェロール

引用:ルチャカクタスオールインワンゲルスキンローション – ルチャカクタス公式サイト

コスメアイテムに配合される成分として植物由来エキスがありますが、中でも砂漠で育った植物のエキスは重宝される存在です。スキンケアの基本は保湿であり、砂漠で生きる彼らもまた、保湿が生命線になるからであり、高い保湿効果を期待できます。

そして、こちらの「ルチャカクタスオールインワンゲルスキンローション」は、砂漠で元気に育つサボテン由来のエキスをふんだんに配合したオールインワンです。商品名にある「カクタス」とは、サボテンの学名であり、保湿力に並々ならぬ力を注いでいることがわかりますよね?

全成分を見てみても、

  • オプンチアフィクスインジカ種子油
  • オプンチアフィクスインジカ茎エキス
  • オプンチアフィクスインジカ(葉)エキス

サボテンの仲間である団扇の形をした「ウチワサボテン」の学名をとった種子油・茎エキス・葉エキスがこれでもかと存在感を示しており、他の成分は正直それほど入ってないんです(笑)

しかし、筆者のコスメ友達の間では評価が高いですし、筆者自身もお気に入り。さらにamazonレビューでも高い評価を獲得しているため、サボテンエキスメインでメンズオールインワンとしての機能をしっかり果たしてくれるので、そこはご安心を。

容量も200mlとタップリ入っているので、ある程度考えて使えば3ヶ月くらいもってくれます。サボテンエキス入りのメンズオールインワンなんてこれくらいなので、気になる方はぜひ使ってみてくださいね!

9位:医薬部外品 HMENZ スキンローション

HMENZオールインワン

引用:HMENZ(メンズ) オールインワンジェル – HMENZ公式サイト

商品名 HMENZスキンローション
メーカー HMENZ
価格 2,160円
容量 150ml
[有効成分] 水溶性プラセンタエキス, グリチルリチン酸2K [その他の成分] BG, 濃グリセリン, ジグリセリン, 1,2-ペンタンジオール, グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液, トレハロース, 加水分解コラーゲン末, アセチルチロシン 又は 酢酸チロシン, 牡丹エキス, カッコンエキス, オウゴンエキス, カンゾウ葉エキス, プルーン酵素分解物, シルバーバイン果実エキス, テンニンカ果実エキス, アーティチョークエキス, セイヨウナシ果汁発酵液, ヒメフウロエキス, ウメ果実エキス, 乳酸Na液, DL-PCA・Na液 PCA 水酸化Na, 無水クエン酸, クエン酸Na, フェノキシエタノール, 精製水, 香料

引用:HMENZ(メンズ) オールインワンジェル – HMENZ公式サイト

男性の肌タイプで最も多いのが、皮脂が多く分泌され、肌全体がしっとりしている「脂性肌・オイリー肌」です。この肌タイプは乾燥とは真逆のベトベト感が特徴的ですが、実は乾燥しているからこそ皮脂が多く分泌されるという側面も否定できません。

わかりやすく言えば、因果関係が逆になるわけです。皮脂が分泌されるから乾燥しないのではなく、「乾燥しているから皮脂が分泌される」って感じ。よって、オイリー肌でも・・、いや、オイリー肌こそ乾燥対策に力をいれる必要があります。

そんな場合におすすめなのがこちらのHMENZのオールインワン。特徴なのがそのテクスチャ(使用感)で、他のメンズオールインワンより水っぽいため、サラッとした塗り心地が男性に好評。

筆者も今まで使用してきたメンズコスメの中で、やっぱりサラサラ感が強いものの方が気にいるので、使用感・テクスチャにこだわって選ぶのも意外と大事ですよ。使い続けるものなので、不快な要素があるとアウトですからね。

また、配合されている成分についても値段相応に充実しています。コラーゲン、植物エキスなどの鉄板美容成分はもちろん、有効成分としてプラセンタ・グリチルリチン酸2Kが配合されているため、厚生労働省から医薬部外品として認定されています(化粧品ではないということ)。

この記事の中では最もオイリー肌におすすめな一本となっているので、サッパリとした使用感を望む方はぜひ使ってみてください!

10位:クワトロボタニコ ボタニカル ローション&アフターシェーブ

クワトロボタニコオールインワン

引用:ボタニカル ローション&アフターシェーブ – クワトロボタニコ公式サイト

商品名 クワトロボタニコ ボタニカル ローション&アフターシェーブ
メーカー クワトロボタニコ
価格 2,160円
容量 115ml

水、BG、グリセリン、エタノール、ビルベリー葉エキス、オウゴン根エキス、チガヤ根エキス、チャ葉エキス、サトウカエデ樹液、ベルガモット果実油、ローズマリー油、PEG-8、PEG-60、水添ヒマシ油、カルボマー、キサンタンガム、ポリアクリル酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール

引用:ボタニカル ローション&アフターシェーブ – クワトロボタニコ公式サイト

エイジングによる肌荒れ・小じわ・毛穴の開きは「見た目年齢」に大きな影響を及ぼすので、より若々しい自分に見せるためにはエイジングケアが必須になります。

そして、このクワトロボタニコのオールインワンは、エイジングケアにピッタリな一本です。小じわ・毛穴の開きは、結局のところ乾燥や細胞の老化(酸化)が原因ですが、この2つを防ぐ上でピッタリな天然植物成分が配合されているからです。

  1. ビルベリー葉エキス
  2. チガヤ根エキス
  3. オウゴン根エキス
  4. チャ葉エキス

これらの成分でしっかり見た目年齢をケアできるため、エイジングケアに特化した一本が欲しい男性には非常におすすめ。

逆に、エイジングケアに加えて、高い保湿力や美容効果を期待したい場合には、上位で紹介している高価格のオールインワンをおすすめします。エイジングに特化しているため、ややスペックが不足している印象が拭えません。

11位:NULLオールインワンジェル

NULLオールインワン

引用:NULLオールインワンジェル – NULL公式サイト

商品名 NULLオールインワンジェル
メーカー NULL
価格 3,170円
容量 100g

【全成分】水、エタノール、BG、PEG-50 水添ヒマシ油、 (PEG-240/ デシルテトラデセス -20/HDI) コポリマー、フランスカイガンショウ樹皮エキス、ヒアルロン酸 Na、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス、リン酸アスコルビルMg、ツボ クサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ローズ マリー葉エキス、カミツレ花エキス、オレンジ 果皮油、サリチル酸、セラミド NP、セラミド AP、セラミド EOP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、キサンタンガム、水溶性プロテオグリカン、メチルパラベン

引用:NULLオールインワンジェル – NULL公式サイト

年齢を重ねるとどうしても気になるのが「酸化」だと思います。酸化とは文字通り酸素が体を侵食するってイメージで、金属が酸素によって錆びるように、人間の体(細胞)もまた、酸素により錆びていきます。

そして体が錆びていくと、

  • たるみ
  • 小じわ
  • ニオイ

このような問題に見舞われるため、年齢を重ねてきたら酸化対策、具体的には「抗酸化」を意識する必要があるのです。

こちらのオールインワンには「ピクノジェノール」という高い抗酸化を期待できる成分が配合されているため、顔のたるみや小じわが気になってきた男性にはおすすできます。また、くすみやシミの原因となる日焼けについても、日焼け後に塗ることでアフターフォロー的に使用できるのもGood。

他にも、ヒアルロン酸・プラセンタ・セラミドなどなど、美容成分がふんだんに配合されているので、抗酸化によるエイジングケアだけに止まらないので、汎用性も高いです。

ただちょっと価格が高いので、この辺をどう考えるかがポイントになりそう。エイジング・スキンケア両方に力を入れたいなら、ぜひ試してみてください!

12位:アクアコラーゲンゲル クールメン

ドクターシーラボオールインワン

引用:アクアコラーゲンゲル クールメン – ドクターシーラボ公式サイト

商品名 アクアコラーゲンゲル クールメン
メーカー ドクターシーラボ
価格 2,600円
容量 100g

水、グリセリン、エタノール、ペンチレングリコール、BG、PEG-32、シメン-5-オール、カキタンニン、炭、水溶性コラーゲン、サクシニルアテロコラーゲン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、グリシン、アラニン、バリン、イソロイシン、フェニルアラニン、トレオニン、ヒスチジン、アルギニン、アスパラギン酸、セリン、プロリン、ポリクオタニウム-51、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、アーチチョーク葉エキス、ノイバラ果実エキス、10-ヒドロキシデカン酸、ドクダミエキス、クマザサ葉エキス、シャクヤク根エキス、オウゴンエキス、オウバクエキス 、シソエキス、スベリヒユエキス、メントール、レモン果皮油、グレープフルーツ果皮油、ライム油、ハッカ葉油、PCA、PCA-Na、乳酸Na、PEG-75、キサンタンガム、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、セバシン酸、1,10-デカンジオール、PEG-60水添ヒマシ油、硫酸Na、炭酸Na、炭酸水素Na、フェノキシエタノール

引用:アクアコラーゲンゲル クールメン – ドクターシーラボ公式サイト

脂性肌・オイリー肌が多い男性の顔は、女性よりもテカテカと光やすいですよね?そして顔の肌が光っていると、なんとなく野暮ったい印象を与えてしまい、印象的によくありません。そんなテカリに悩んでいる方には、ドクターシーラボのアクアコラーゲンゲルがおすすめ!

まず前提条件として、メーカーであるドクターシーラボは「医学」に基づいた商品開発をしているので、他のメーカーよりも医学的見地からの開発傾向が強いです。

そしてこちらのメンズオールインワンについては、「炭」を配合することによって乾燥しやすい肌に潤い成分が浸透しやすくなるので、他の製品よりも効率的に皮脂量のコントロールをすることができるようになります。

本来、皮脂量のコントロールはオールインワンの役割ではなく、食生活や運動といった日常生活でケアしていくべき部分になるのですが、こういった努力が困難な男性には一手間で皮脂ケアができる本製品がおすすめです。

容量が100gとやや少ないように感じるかもしれませんが、完全なゲル状ということもあり、肌を滑るように伸びていくテクスチャなので、日々節約することが可能ですから、想像以上に長く使えるため、コスパも悪くないですよ!

13位:ギャツビー パーフェクトスキンプロテクター

ギャツビーオールインワン

引用:パーフェクトスキンプロテクター – ギャツビー公式サイト

商品名 ギャツビー パーフェクトスキンプロテクター
メーカー ギャツビー
価格 792円
容量 150ml

水、グリセリン、エタノール、プロパンジオール、メチルグルセス-20、マルチトール、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ベタイン、プルラン、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、PEG-32、PEG-6、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、(アクリレーツ/アクリ ル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、PEG-20水添ヒマシ油、PEG-50水添ヒマシ油、イソステアリン酸ソルビタン、水酸化K、BG、キサンタンガム、乳酸、カプリル酸グリセリル、トリラウレス-4リン酸、フェノキシエタノール、香料

引用:パーフェクトスキンプロテクター – ギャツビー公式サイト

ギャツビーといえば我々男性にとって欠かすことのできないコスメメーカーですよね?代表的なもので言えばヘアワックス。学生時代誰もが一度はお世話になるもので、もはや国民的メンズコスメメーカーと言っても過言ではないでしょう。

そんなギャツビーから販売されているメンズオールインワンが、こちらの「パーフェクトスキンローション」になります。まず注目して欲しいのが価格の安さ。なんとamazonで792円という驚異的な価格を叩き出しており、非常に魅力的な選択肢となってくれています。

にも関わらず、配合されている成分についても、オールインワンに必要な成分は最低限しっかり用意されているのがすごい。コラーゲン、ヒアルロン酸で保湿&ハリのケアができるので、

遊星吹き出し
Yusei

とりあえず安くて使えるやつでいいや

って方にはこれ以上ない選択肢だと感じます。一方で、本格的にスキンケアをしたいなら、スペック不足感は否めませんので、人は選びそうですね。まだ若い学生や、スキンケアにそれほどリソースをかけられない方は使ってみてはいかがでしょう?

14位:紬 MEN’Sオールインワンゲル

紬オールインワン

引用:紬メンズオールインワンゲル – 紬公式サイト

商品名 紬 MEN’Sオールインワンゲル
メーカー
価格 2,916円
容量 100g

水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K、ユキノシタエキス、エイジツエキス、タイムエキス―1、桑エキス、3-O- エチルアスコルビン酸、米糠抽出物加水分解液A、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na-2、水溶性コラーゲン液-4、酵母多糖体末、プルーン酵素分解物、セイヨウナシ果汁発酵液、ステアロイルフィトスフィンゴシン、トレハロース、天然ビタミンE、エチルヘキサン酸セチル、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、ジメチコン、BG、カルボキシビニルポリマー、1,2-ペンタンジオール、水酸化K、フェノキシエタノール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、水添大豆リン脂質€液、水添大豆リン脂質

引用:紬メンズオールインワンゲル – 紬公式サイト

皆さんはプラセンタという成分についてご存知でしょうか?プラセンタは胎盤を意味する言葉であり、文字通り母体と子供の命をつなぐ胎盤由来のエキスのことです。命をつなぐわけですから、当然栄養も豊富。というわけで、スキンケアアイテムに頻繁に配合されることで知られています(人間の胎盤を使っているわけではありません)。

そんなプラセンタ入りメンズオールインワンにはいくつか選択肢があるのですが、こちらの紬から販売されているメンズオールインワンゲルは、最もおすすめの一本です。

プラセンタの効果・効能には本当に色々ありますが、一番期待したいのは代謝活性化によるメラニン生成の抑制です。メラニンはシミやそばかすの原因となり、年齢肌の象徴となってしまうものなので、これを未然に防ぎたいならプラセンタがベストですね。

他にも、より大きな浸透力を期待するために、大中小3つの大きさを用意した「トリプルヒアルロン酸」や、肌バリア機能に必須な「セラミド」、さらに植物由来エキスなどなど、本当に選りすぐりの成分が用意されているので、品質としてはこの記事で紹介しているメンズオールインワンの中でも折り紙つき。

一方で、容器から必要量を指で取って使用するタイプの製品なので、不衛生ですし、無駄使いをしてしまう点が欠点ですね。無難なポンプ式・チューブ式にしてくれれば、さらに魅力的なメンズオールインワンになってくれるでしょう。

15位:ウーノ クリームパーフェクション

UNOオールインワン

引用:

商品名 ウーノ クリームパーフェクション
メーカー UNO
価格 1,250円
容量 90g

水,DPG,グリセリン,ジメチコン,カンテン,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,ヒアルロン酸Na,アセチルヒアルロン酸Na,(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー,カルボマー,クエン酸Na,(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー,水酸化K,EDTA-2Na,PEG-10ジメチコンピロ亜硫酸Na,イソセテス-11,シリカ,BHT,炭酸水素Na,トコフェロール,フェノキシエタノール,メチルパラベン,香料

引用:

ギャツビーと並ぶ知名度抜群のメンズコスメメーカーがウーノですが、そんなウーノからもメンズオールインワン「クリームパーフェクション」が販売されています。

このオールインワンの特徴は、テクスチャがクリームであるという点。メンズオールインワンの定番はジェル・ゲルテクスチャであり、他にはローションなどがメジャーな存在ですが、そんな中でクリームを採用している点は特徴的に映ります。

クリームにするメリットとしてはズバリ、パックのような各種成分を浸透させる力があるという点であり、メンズオールインワンの、

  1. 化粧水
  2. 乳液
  3. 美容液
  4. アフターシェーブ

これら4つの役割にプラスして、浸透の手助けをするパック・クリームの仕事もしてくれるのが魅力です。

そして、肝心の配合されている成分ですが、ヒアルロン酸・アセチルヒアルロン酸の2種を構成するWヒアルロン酸による高い保湿力を期待できるので、乾燥肌の方に強くおすすめしたいですね。

一方で、他に言及したい成分が配合されていないので、せっかくの浸透力を活かすためにももうちょっと成分量を増やしてもいいかなーってのがホンネですね。

16位:バーリオ メンズオールインワンジェル

BALIOオールインワン

引用:バーリオ メンズオールインワンジェル – バーリオ公式サイト

商品名 バーリオ メンズオールインワンジェル
メーカー バーリオ
価格 3,980円
容量 100g

温泉水、グリセリン、ペンチレングリコール、ジグリセリン、BG、水、(アクリル酸ヒドロキシエチル、アクリロイジルジメチルタウリンna)コポリマー、チシマザサ水、フラーレン、米発酵液、カイコまゆエキス、リゾレシチン、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、ダイズ種子エキス、アスコルビルグリコシド、プラセンタエキス、アセチルヘキサペプチド8、ユビキノン、白金、ホホバ種子油 チャ葉エキス、ビタミンA油、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、スクワラン、DPG、エタノール、
フィトスフィンゴシン、コレステロール、PVP、カルボマー、キサンタンガム、ラウロイルラクチレートna、ポリソルベート60、ポリソルベート80、フェノキシエタノール

引用:バーリオ メンズオールインワンジェル – バーリオ公式サイト

近年のスキンケアアイテムに配合されている成分は、化学的に合成した成分がメインであり、敏感肌の方には刺激になりがちなところがあります。だからこそ最近になって再注目されているのが昔ながらの伝統ある美容成分であり、その代表とも言えるのが、

  • コメ発酵液
  • 大豆種子エキス

このようなもの。特にコメ発酵液に関しては、コメを発酵させて作る日本酒の製造に関わっている方の肌がツヤッツヤのハリッハリであることからもわかりますよね?

そして、これら2種の「肌に優しく・肌に良い」成分を両方とも配合しているのが「バーリオ メンズオールインワンジェル」になります。コメと大豆を発酵させることで、肌細胞にとって必要な栄養素を過不足なく供給することが可能になるので、美肌成分としては申し分ありません。

また、基材としても通常の精製水ではなく温泉水を利用しているため、ミネラル分が豊富でこちらも肌代謝を活発化させます。

このように、このメンズオールインワンは「肌細胞に良い」成分を多く採用しているので、保湿・ハリといったようなピンポイントでのスキンケアというより、肌全体の活力をアップさせたい男性におすすめしたいですね。

よって、推奨されるのは若い方よりも年齢が気になってきた男性です。最近肌に元気がないものの、肌に優しい天然由来の成分でスキンケアをしたい場合には試してみてください!

17位:DHC MEN オールインワン モイスチュアジェル

DHCオールインワン

引用:DHC MEN オールインワン モイスチュアジェル – DHC公式サイト

商品名 DHC MEN オールインワン モイスチュアジェル
メーカー DHC
価格 1,500円
容量 200ml

水、BG、グリセリン、ユビキノン、トレハロース、ウメ果実エキス、チャ葉エキス、加水分解コラーゲン、メバロノラクトン、セラミド3、ペンタペプチド-18、チューベロース多糖体、DPG、エチルヘキシルグリセリン、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、ポリソルベート80、PEG-40水添ヒマシ油、PEG/PPG-30/10ジメチコン、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、香料

引用:DHC MEN オールインワン モイスチュアジェル – DHC公式サイト

筆者も乾燥肌なので分かりますが、この肌タイプの男性は顔だけでなく体全体が乾燥しがち。手のひら、背中、膝・・などなど、カサカサしてしまい、特に冬場なんかは痒み・荒れが出てしまいます。

そんな場合におすすめなのが、こちらのDHCから販売されているメンズオールインワン!この商品は、顔はもちろんのこと、全身に使用できるメンズオールインワンになっているので、他の製品よりも汎用性が極めて高いです。

配合されている成分を見てみても、顔だけでなく全身用にアレンジされていることがわかります。その象徴となるのがコエンザイムQ10で、この成分は体全体の細胞を元気にするためのものになっているため、乾燥して弱りがちな細胞までしっかりとケアしてくれるのです。

もちろん、この他にもコラーゲンや天然植物成分まで配合されているため、顔用オールインワンとしても十全に機能してくれます。容量も200mlと大容量になっているので、全身に使っても問題なし!

顔だけでなく、体全体に肌トラブルや不安を抱えている方は、この一本で全身ケアしちゃいましょう!

18位:Imperial The Serum

フラーレンオールインワン

引用:Imperial The Serum – REGINA LOCUS公式サイト

商品名 Imperial The Serum
メーカー REGINA LOCUS
価格 6,800円
容量 30ml

水、BG、グリセリン、ダマスクバラ花水、フラーレン、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサカルス培養エキス、ブドウ果実細胞エキス、コンフリーカルス培養エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、カルノシン、グリチルリチン酸2K、アラントイン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ベタイン、レシチン、乳酸、イソマルト、PVP、キサンタンガム、PEG-60水添ヒマシ油、テトラオレイン酸ソルベス-60、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料、紫401

引用:Imperial The Serum – REGINA LOCUS公式サイト

コスメアイテムはメーカーごとに異なる成分を用いていることが面白い点ですが、こちらのメンズオールインワンは「フラーレン」という最先端の成分を採用している、唯一と言っても良いメンズオールインワンです。

フラーレンは極めて高い老化防止効果(抗酸化効果)を有していて、amazonのレビューを見ていると「一晩で目の下のシワが消えた」なんて言ってる人もいるくらい、有効な成分。他にもリンゴ果実エキスやブドウ果実エキスなど、細胞活性を上昇させるエキスをふんだんに採用しているので、アンチエイジングに取り組みたい方にはおすすめです。

フラーレンは最近になって美容界隈で「凄いらしい」と騒がれている成分なので、肌の老化に悩んでいる方は一度試してみてもいいかもしれませんね。やや価格が高く、また、内容量が30mlと少ないのが難点なので、くれぐれも使いすぎにはご注意を。

遊星吹き出し
Yusei

男性は女性のようにメイクで上手に自分を魅せることができない生き物だ。だからこそ、オールインワンのような基礎化粧品を上手に使って、清潔感を出す心がけが重要になる。ボディケアはデキる男の嗜みなので、今日からぜひ始めてみてくれ。

終わりに

オールインワンゲル選びに悩む男性に向けての記事でしたが、いかがでしたでしょうか?オールインワンゲルは手軽に本格的なスキンケアが行えるということで、性別を問わずに爆発的な人気を誇っています。

様々な種類が存在する分、迷ったり失敗してしまう可能性もないとは言えません。今回ご紹介した知識を参考にして、後悔しないオールインワンゲル選びをしていただけることを祈っています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yusei

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。執筆を担当したYuseiです!私が「Mens STAR」にてモットーとしているのは、ズバリ「皆さんのお役に立てるような記事を書き続けること」になりますが、いかがでしたでしょうか?この記事を読んだ皆さまの生活が、ほんの少しでも豊かになればとても嬉しいです。記事の感想・質問・ご意見などあれば遠慮なくコメントしてください。Yusei自ら可能な限り対応させて頂きますので、よろしくお願いします!