【男も美髪に】成分と香りで選ぶ!おすすめのメンズシャンプー20選

【男も美髪に】成分と香りで選ぶ!おすすめのメンズシャンプー20選

今までシャンプーは女性がこだわるものといった固定観念がありましたが、最近になって「男性向けシャンプー」の存在感が増してきましたよね?テレビを見ていても、メンズシャンプーのCMを見ない日はないレベルですし、スマホをいじっていても頻繁にメンズシャンプーの広告を目にします。

よって、現在我々男性は、メンズシャンプーを「吟味して選ぶ」必要があるわけです。しかし、我々の気持ちをぶっちゃけると、

遊星吹き出し
Yusei

どんなシャンプー選んで良いのかわかんねぇよおおお!!

ってのがホンネではないでしょうか?これだけ種類があると全部同じに見えてきて、いざ買おうとしてもメンドくなって結局いつものにする・・みたいなパターンを繰り返してしまうんですよね。美容師さんとかに聞くのが早いかも知れませんが、気軽に聞けるもんでもないですし・・。

そこでこの記事では、メンズシャンプー選びに悩んでいる男性諸君に向けて、今まで数多くのシャンプーを使ってきた筆者が「おすすめメンズシャンプー」をご紹介していきます!選び方まで含めて徹底解説していますので、理想のシャンプーと巡り会いたい方は要チェックです!

目次

男こそ、シャンプーにはトコトンこだわるべきだ!

頭を抱えどうすっかな・・と思い悩む男性

冒頭でもお伝えしたように、今の時代は美意識の向上やメンズ製品の普及なども相まって、女性だけでなく我々男性もシャンプー選びにこだわるべきだと言えます。

この流れに乗じて、企業やWebサイトなどで「正しいシャンプー選び」のような情報がたくさんありますが、世の男性がシャンプーに関する十分な知識を持っているかと言えば、決してそうではないと筆者は感じているわけです。

シャンプー選びを間違えるとマズイことに・・

遊星吹き出し
Yusei

シャンプー選びなんて別にテキトーで大丈夫っしょ?

こんな考えを持っている人もいるかもしれませんが、ここだけの話、シャンプー選びにこだわらないと「今すぐ」マズイ事になるってことはありません。

しかし、「この先」を考えた時に、シャンプー選びが大きな差を生むという事実は、絶対に覚えておいてもらいたいことですね。

「薄毛・ハゲ」の直接的な原因に・・

我々男性が髪や頭皮に対して最も抱いている恐れは、

  • 薄毛
  • ハゲ

ズバリこれだと思います。筆者も20代後半になり、そろそろこいつらが気になる頃合い。もしかしたら、この記事を読んでくれている方々の中には、現在進行中で髪の毛が減ってきている方もいるかもしれませんし、筆者と同様に「予防的に」気にしている人もいると思います。

で、薄毛やハゲに対しても、やっぱりシャンプーって大事なんですよね。そりゃ1日1回頭を直接洗浄するためのアイテムなので、大事じゃないわけないのですが、

遊星吹き出し
Yusei

なんとなくシャンプーがハゲに対して有効ってのは分かってるんだけどね、でも結局後回しにしちゃうんだよ・・

ほとんどの男性はこんなことを思っているはずです。しかし、そろそろ危機感を抱いてきてネットで検索してみたら、この記事にアクセスした・・って感じでしょうか?

シャンプー選びでこだわって欲しい3つのポイント

さて、シャンプー選びの重要性についてお話ししたところで、ここからは実践的な知識である「シャンプー選びのポイント」について解説していきます。

ポイントには3つあるので、これらを知っているか知っていないかで、皆さんの毛根の生死に関わってきますから、しっかりとチェックしておきましょう。

洗浄剤で選ぶ

まずシャンプーを選ぶ際に絶対に目を通して欲しいのが、「洗浄剤」になります。もうちょっと専門的に言うと「界面活性剤」というやつですが、なかなか馴染みがある言葉ではないですよね。

洗浄剤、もとい「界面活性剤」は高校の化学の授業で習うもので、簡単に説明すると、

「水と油(汚れ)をごちゃ混ぜにして、綺麗サッパリ洗い流す成分」

のことを指す言葉です。これだけだとピンと来ないかもしれませんが、本来水と油って混ざり合わないものじゃないですか?そして、人間の体には「油」の性質を持つ汚れがたくさんあるんです。最もポピュラーなもので言えば「皮脂」とかね。

試しにちょっと自分の頭皮を触ってみて欲しいのですが、いい感じにベトっとしてますよね?このベトっとしてるやつが「皮脂」であり、体から分泌される「油」のことなんです。

で、この皮脂の本来の機能は、

  • 乾燥を防ぐ
  • 油の膜を張って抵抗力を高める

このようなものがあるのですが、逆に皮脂が増えすぎても良くないことは分かりますよね?ベタベタしちゃいますし、菌や細菌のエサになってニキビや炎症の元にもなっちゃいますから。

ちょっと前置きが長くなりましたが、この皮脂、言い換えれば油を綺麗サッパリ洗い流すのが「界面活性剤」というわけです。本来混ざり合わない皮脂(油)と水とを界面活性剤の効果でごちゃ混ぜにして、シャワーで綺麗に流す。これがシャンプーの最も大きな目的になります。

そして、今現在おすすめなシャンプーの界面活性剤は、アミノ酸系とベタイン系の2つ。それぞれの解説はこんな感じです。

アミノ酸系シャンプー
頭皮や髪と同じ「アミノ酸」を洗浄成分として採用したシャンプー
ベタイン系シャンプー
ベビーシャンプーにも採用されているくらい刺激の少ないシャンプー

どちらにも共通しているのが「頭皮や髪への優しさ」であり、安物シャンプーのゴリゴリ頭皮を削る今までのシャンプーで傷ついてきた男性諸君には、是非とも使用してもらいたい洗浄剤だと言えます。一方で、量成分とも若干洗浄力が低いので、大事なのは「洗浄力と優しさの両立」です。

よって、我々男性がシャンプーを選ぶ際には、上記のような優しい洗浄剤を配合しつつも、男性でもスッキリできるような洗い心地のものを選ぶと良いです。そうすれば抜け毛なども自ずと消えていくことになるので、自分に合ったものを選んでみてください。

なお、これらのシャンプーの見分け方については、以下に示す言葉が全成分表示にあるかどうかをチェックすることで、簡易的にチェックすることが可能です。覚えておいて損はないので、かるーく目を通しておきましょう。

・アミノ酸系

  • グリシン
  • グルタミン
  • アラニン

・ベタイン系

  • ベタイン
  • ココアン酢酸Na
遊星吹き出し
Yusei

なお、市販されている安めのシャンプーには「石油系」の界面活性剤が配合されている。この成分のメリットは価格の安さであり、デメリットは刺激性の強さ。シャンプーをとにかく安く買いたい人には非常におすすめできるが、敏感肌の筆者が使うと痒くなるものばかりなので、個人的にはアウトだ。

成分で選ぶ

洗浄剤(界面活性剤)に続いての2つめのシャンプー選びのポイントが「成分」で選ぶというもの。具体的には以下の言葉に要注意です。

シリコン
ノンシリコンシャンプーとして有名。シリコンは毛穴を塞ぐ有害性が懸念されているが、実はハッキリしていない。
植物由来成分(オーガニック)
体に優しい天然由来成分の総称。保湿・抗炎症・抗菌などなど盛りだくさんだが、配合されていると高価になりがち。
抗菌成分
ハゲや頭皮環境悪化の原因菌を殺す成分。こちらも高価になりがちだが、菌に直接働くので効果は高め。

まずシリコンからですが、あくまで個人的な印象という表現にとどめておきますが、昨今のシャンプー市場は「ノンシリコン」という言葉が一人歩きをしている印象です。言いたいことは色々あるのですが、化粧品大手の資生堂の公式サイトから引用文が全てを語ってくれているので、以下をご覧ください。

シャンプーやコンディショナーなどのヘアケア製品に配合されているシリコーンの役割は、洗髪やすすぎの際に毛髪どうしの摩擦を軽減すること、つややしっとり感のような仕上がりの質感をコントロールすることなどがあります。シリコーンが、毛髪や地肌に悪影響を及ぼすことはありません。

シリコーンは、酸素とケイ素と有機基からなる有機化合物で、熱や光に強く、柔軟性があり、通気性が高いなど、さまざまな特長をもっています。とても安全な素材のため、日用品や食品、工業や医療の分野などで幅広く活用されています。

引用:シリコーン(シリコン)は髪によくないのですか? – 資生堂公式サイト

ちょっと長い引用になってしまって申し訳ないですが、要するにこういうことです。シリコンには髪を洗う際の摩擦を軽減し、毛髪を守る機能があります。そしてシリコンは、日用品や食品、医療にさえ使用されている成分なので、この事実から鑑みると、

「シリコンは超危険物質だ!」

という売り文句でノンシリコンシャンプーを宣伝する現状には、違和感を覚えざるを得ません。

もちろん、シリコンが頭皮を覆ってしまうことは事実なので(完璧に覆うわけではない)、大事なのは良い面悪い面理解した上で、自分にとって納得できる製品を選ぶことなのです。

というわけで、少なくとも「ノンシリコンは危ないからダメ」といった固定観念は捨ててもらって、よりニュートラルな目線でシャンプー選びをしてもらえれば幸いです。

続いて植物由来成分と抗菌成分ですが、両者ともハッキリした効果があるのが特徴的ですね。どちらも安いシャンプーには配合できない成分となっているので、効果が高い分価格も高くなりがちです。

よって、どれだけ価格が良かったとしても、継続して使用できなければ意味がありませんので、コストと効果のバランスを考えることが大事ですよ!

香りで選ぶ

シャンプー選びで意外と盲点になるのが香りです。我々男性は香りよりも、あくまで機能性や効果を重視してシャンプーを選びがちですが、自分にあった香りというか、自分が好きな香りをしっかり選ぶことで、色々な良い効果がもたらされるのです。

まず一番大きいのが、リラックス効果ですね。お風呂が1日の終わりの恒例行事であることは、どんな日本人でも同じこと。このバスタイムをどれだけ有意義なものにするのかで、明日をどういう気分で迎えるかが決まってきます。

よって、香りに対して特にこだわりがないなら、気分が上がる、心地よい香りのものを選ぶと良いでしょう。個人的には柑橘系が大好きなので、筆者は好んで柑橘系の香りのシャンプーを選びますが、ここは人それぞれですよね。

また、シャンプーの香りはボディソープなどと比べ、より強く1日残っているものですから、自分自身の香り(雰囲気)作りに強く貢献するものです。したがって、女性が好きそうな香りを選べば、女子ウケも狙うことができちゃいます!

他にも、単純に自分が好きな香りのものを選べば、バスタイムが毎日楽しみになったりしますし、あながち「シャンプーの香り」はバカにできない存在なのです。公式サイトやショップなどに必ず香りの種類が書いてありますから、それをチェックしてから購入するようにしましょう!

遊星吹き出し
Yusei

シャンプー選びの際は、上記のように洗浄剤と各種成分、さらに香りにこだわって選ぶようにしよう。次の章ではおすすめのシャンプーについて多数紹介しているので、目を通して見てくれ!

シャンプー選びはもう終わり!おすすめメンズシャンプー20

悩む男性

さて、シャンプーの重要性や選び方について一通りご紹介したところで、ここからはマニアの視点で選んだ、おすすめメンズシャンプーを厳選して紹介していきます。どれもおすすめできる製品ばかりになっているので、皆さんにとってピッタリなものが見つかれば幸いです。

遊星吹き出し
Yusei

ランキング形式にて厳選した20製品を紹介しているが、順位はあくまで1つの目安として利用していただければ幸いだ。人によって合う合わないはもちろんあるので、自分が気に入ったものを順位関係なく選んでくれれば、きっと良い買い物になると思うぞ!

1位:UL・OS(ウル・オス) 薬用スカルプシャンプー

ウルオスシャンプー公式サイト画像

引用:ウルオス薬用スカルプシャンプー – 大塚製薬公式サイト

商品名 UL・OS(ウル・オス) 薬用スカルプシャンプー
価格 2,590円
メーカー 大塚製薬

有効成分:シメン-5-オール、グリチルリチン酸2K その他の成分:ラウロイルアスパラギン酸Na液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、テトラデセンスルホン酸Na液、POEヤシ油脂肪酸グリセリル、DPG、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、クエン酸、メントール、乳清、無水リン酸水素2Na、安息香酸塩、無水亜硫酸Na、エデト酸塩、BG、香料、精製水

引用:ウルオス薬用スカルプシャンプー – 大塚製薬公式サイト

ポカリスウェットやカロリーメイトでお馴染みの製薬会社、大塚製薬から販売されている「UL・OS(ウル・オス) 薬用スカルプシャンプー」は価格と機能のバランスが非常によく取れている製品です。

洗浄剤がベタイン系ということで、ベビーシャンプーにも採用されるレベルの低刺激性を実現しつつ、洗浄補助剤としてラウロイルアスパラギン酸Na液などを上手く利用することで、ベタイン系の苦手な高い洗浄力も実現しています。さらにクールさ、爽快さを感じられるメントール入りなので、「ベタイン系なのにスッキリ」を叶えてくれた理想の商品。

そして注目成分は「グリチルリチン酸2K」としました!抗炎症成分として広く利用されている成分なので、頭皮の炎症を抑えて頭皮環境を正常化してくれます。さらに抗菌成分も配合されているため、炎症の元となる原因菌もしっかりケアしてくれるのが嬉しいぜ・・。

コスパもGoodで言うことなし!

また、このシャンプーは「2,590円」と、スカルプシャンプーの中でもかなりお手頃な価格帯の製品となっており、コスパという観点から見ても言うことなしの完璧さを実現しています。

シャンプーは毎日使用する消耗品ですから、価格が高いとその分だけ使用することに抵抗を覚えてしまい、結局使わなくなる・・みたいな流れをたどることになりかねません。よって、コスパが良い点は意外と侮れないメリットだと言えます。

まとめると、

  • 低刺激のベタイン系シャンプー
  • 洗浄補助剤やメントール配合で、低刺激ながら洗浄力、爽快感を実現!
  • 頭皮環境正常化に貢献する成分も多数配合!

このような特徴を持つ製品だと言えます。コスパに優れているので、シャンプー選びに迷った際にはこれを買っておけば大丈夫です!おすすめですよ!

2位:プレミアムブラックシャンプー

プレミアムブラックシャンプーは楽天殿堂入りしている

引用:プレミアムブラックシャンプー – アンドジーノ公式サイト

商品名 プレミアムブラックシャンプー
価格 5,183円
メーカー アンドジーノ

グリセリン、水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグリシンK、ラウリルグルコシド、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸TEA、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース、メントール、ポリクオタニウム-7、BG、ポリクオタニウム-10、PEG60-水添ヒマシ油、オリーブ油、水添レシチン、オタネニンジン根エキス、加水分解ケラチン、ヘマチン、ポリ乳酸、褐藻エキス、炭、銀、センブリエキス、加水分解コメエキス、エタノール、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、オレンジ油、ユズ油、ユーカリ油、グリチルリチン酸2K、ドクダミエキス、クララ根エキス、グレープフルーツ種子エキス

引用:プレミアムブラックシャンプー – アンドジーノ公式サイト

続いて紹介する商品が、こちらのアンドジーノから発売されているスカルプ(ヘアケア)シャンプー「プレミアムブラックシャンプー」になります。

この商品はなんと「5,000円オーバー」と安くはない製品であるため、ハッキリ言って人は選ぶと思います。しかしながら、この高いとも言える価格にも関わらず、楽天ランキングで頻繁に1位を獲得しているくらい人気のシャンプーでもあるのです!

その理由には色々あるのですが、なんと言っても「プレミアム」の名に恥じない、10種類を優に超える植物由来成分がふんだんに配合されている点が、この製品の最も大きな魅力であると言えます。植物由来の成分はいずれも保湿や抗炎症に優れているため、正常な頭皮環境に整えてくれるのが嬉しい。

また、ブラックという名前からもわかるように、こちらのシャンプーは、

プレミアムブラックシャンプーの内容液

上記写真のように、真っ黒の溶液が中に入っているのです。この正体はズバリ「泥炭」であり、汚れの吸着力が非常に高い泥状になった炭をシャンプーに利用しているため、アミノ酸系、ベタイン系のシャンプーでありながら、しっかりとした洗浄力を実現している点がマニアからしても高評価です。

柑橘系のいい匂いが至福のバスタイムを演出!

さらに、このシャンプーは柑橘系のフレッシュな香りが特徴ということもあり、至福のバスタイムを演出してくれます。1日の終わりのお風呂の時間くらいは心からリラックスしたいと思うので、そういう観点からもおすすめできるシャンプーです。

名前、そして価格の通り、色々な成分をふんだんに配合した高級路線かつ高機能なシャンプーであるため、「お金を多少払ってでも本当に良いものを使いたい」という人には、強くおすすめしたい一品になります。

プレミアムブラックシャンプーの口コミは本当?1ヶ月使い続けて男の髪を守れるか検証してみた!

2018.08.06

3位:SORAスカルプシャンプーGOLD

SORAシャンプー公式サイト画像

引用:SORAスカルプシャンプー – SORA公式サイト

商品名 SORAスカルプシャンプーGOLD
価格 8,424円

水、プラセンタエキス(ウマ由来)、コカミドプロピルベタイン、パーム核脂肪酸アミドDEA、ココイルアラニンNa、ココイルグルタミン酸TEA、サイタイエキス、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、水溶性ケラチン(羊毛)、カンゾウ葉エキス、オタネニンジン根エキス、キラヤ樹皮エキス、紅藻エキス、褐藻エキス、緑藻エキス、ニンニクエキス、ローマカミツレ花エキス、ゴボウ根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダカラシ葉/茎エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、カニナバラ果実エキス、サトザクラ花エキス、リンゴ酸、ツバキ種子油、オレンジ油、トコフェロール、ポリクオタニウム-10、アスコルビン酸、加水分解ヒアルロン酸、ビフィズス菌エキス、BG、1,2-ヘキサンジオール、ポリ-ε-リシン、エチルヘキシルグリセリン

引用:SORAスカルプシャンプー – SORA公式サイト

突然ですが、皆さんは「プラセンタ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?プラセンタとは「胎盤」を意味する言葉であり、文字の通り胎盤由来のエキスということになります。

知っての通り、胎盤は母体と赤ちゃんを繋ぐ生命の糸。その中に配合されるエキスは、「生命のスープ」とも表現されるくらい、潤沢な栄養素で溢れています。我々男性にはあまり馴染みがないかもしれませんが、女性用のコスメや更年期障害の治療にも使われるくらい、メジャーな成分となっているのでご安心を。

さて、そんなプラセンタエキスを採用したこちらの「SORAスカルプシャンプーGOLD」は、価格は高いものの、頭皮や毛髪のことで本気で悩んでいる方々から人気の一品となっています。

サロンレベルの高品質プラセンタを使用

プラセンタの中でも比較的効果の高い馬由来の「ウマプラセンタ」を採用し、栄養が枯渇していた頭皮細胞が元気を取り戻せるような効果が期待可能。洗浄成分はベタイン系ということで、低刺激も忘れていません。

さらにさらに、

  • ノンシリコン
  • 弱酸性
  • 30を超える植物由来成分

このような特徴もあり、マニア視点からでも目まいがする程のゴージャス処方。いやー、これはすごいですよ。ただ、本当に高いシャンプーなので、よく考えてから購入するようにしましょう。継続して使用する観点に立つことは大事ですからね!

もしあなたが本気で髪のことで悩んでいるなら、一度試してみてはいかがでしょう?皆さんの本気に応えてくれる本気のシャンプーなので、きっと満足できると思いますよ!

4位:HMENZ ボリュームアップシャンプー

HMENZシャンプー公式サイト画像

引用:HMENZボリュームアップシャンプー – HMENZ公式サイト

商品名 HMENZ ボリュームアップシャンプー
価格 2,380円
メーカー HMENZ
[有効成分] グリチルリチン酸2K [その他の成分] ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキス、牡丹エキス、延命草エキス-1、シナノキエキス、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、γ-グルタミン酸ポリペプチド、D-パントテニルアルコール、ラウロイルメチル-β-アラニンNa液、1,2-ペンタンジオール、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、ヤシ油脂肪酸アシルアルギニンエチル・DL-PCA塩、クエン酸、クエン酸Na、塩化Na、BG、POE・POPセチルエーテルリン酸、精製水、無水エタノール、フェノキシエタノール、香料

引用:HMENZボリュームアップシャンプー – HMENZ公式サイト

髪の毛に元気がなくなってくると、シャンプーに「ボリュームアップ」を求めたくなってきますよね。髪の量を直接的に増やすわけではないですが、周りから見た時に元気な印象を与えてくれるので、なかなかに有用な機能だと思います。

そして、この「HMENZ ボリュームアップシャンプー」は、数多あるメンズボリュームアップシャンプーの中でも、Amazonにおいてベストセラー第一位を獲得している人気商品!実際に使用した方々のレビューを見てみると、

「ノンシリコンなのにきしまない」

という点を強調しているものが多く見られ、それに伴ってボリュームもアップしていることを喜ぶ口コミも多数存在しています。

そして更に注目なのが「延命草エキス」と呼ばれる天然由来の成分です。古くは弘法大師の時代から語られている薬草で、

  • 保湿
  • 発毛促進
  • 抗菌・殺菌

などなど、その効能は多岐にわたり、乱れた頭皮環境の復活が期待できますよ!ボリュームアップから頭皮環境正常化まで、超多機能なメンズシャンプーとなっているので、ボリュームにこだわりたい男性にはとてもおすすめですよ!

5位:スカルプD オイリーシャンプー

スカルプDオイリーシャンプー公式サイト画像

引用:スカルプDオイリーシャンプー – アンファー公式サイト

商品名 スカルプD オイリーシャンプー
価格 3,900円
メーカー アンファー

【有効成分】ピロクトン オラミン、グリチルリチン酸2K、サリチル酸【その他の成分】豆乳発酵液、クロレラエキス、セイヨウニワトコエキス、スルホコハク酸ラウリル二ナトリウム、N‐混合脂肪酸(C12,C14)アシル‐L‐アスパラギン酸トリエタノールアミン液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ラウロイルメチル‐β‐アラニンナトリウム液、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、加水分解ケラチン液、ヤシ油脂肪酸加水分解ケラチンカリウム液、N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐アルギニンエチル・DL‐ピロリドンカルボン酸塩、グリセリル‐N‐(2‐メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、ニンジンエキス、カッコンエキス、バンジロウ葉エキス、ホウセンカエキス、イリス根エキス、チンピエキス、酵母エキス(1)、ヒドロキシプロピルキトサン液、1,2‐ペンタンジオール、ローヤルゼリー発酵液、N‐オクタノイルグリシン、党参抽出物加水分解液、酵母エキス(3)、モノラウリン酸ポリグリセリル、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、ユーカリ油、ハッカ油、オレンジ油、スペアミント油、1,3‐ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、濃グリセリン、無水エタノール、エタノール、粘度調整剤、pH調整

引用:スカルプDオイリーシャンプー – アンファー公式サイト

メンズシャンプーの王道と言えば、アンファーのスカルプDシリーズですよね!かなり前からCMで大々的に宣伝されていて、雨上がり決死隊の宮迫さんをはじめとした、芸人さんを起用しているあのCMはなかなかに印象的です。

そんなスカルプDの中でも特におすすめしたいのが、こちらの「オイリーシャンプー」になります。男性は女性より皮脂の分泌量が多いので、頭皮もベタベタしがち。よって、皮脂のケアを考えることこそが、頭皮環境正常化、ひいては健康な髪へとつながってくるのです。

そしてこのシャンプーは、皮脂を洗い流すことでヘアケアを行うのではなく、「頭皮環境を整えることで皮脂量をコントロールする」という点が特徴的です。潤沢な栄養素を含む豆乳発酵液、クロレラエキスで頭皮細胞を活性化させ、各種植物エキスで保湿もしっかり行います。

以上に加え、

  • ピロクトンオラミン
  • サリチル酸

以上成分による「殺菌効果」もなかなかに凄くて、菌による炎症を絶対防いでやるという開発者の気概がビシビシ伝わってくる気合の入れよう。

中年男性へのプレゼントにはもってこい!

以上のように、このシャンプーは脂性肌の男性にピッタリすぎるシャンプーとなっているので、口コミなどを見ていると中年男性(特にお父さん)へのプレゼントとして購入する方もいらっしゃるようです。

確かに、世のお父さん方がシャンプーにこだわる姿はまったくイメージつかないので、我々子供世代からのプレゼントとしては最適かもしれません。

贈答用としても使える、まさに死角なしのメンズシャンプーなので、皮脂量が多くてベタつきに困っている男性は、絶対使ってみるべきです。頭皮環境を早めに正常化させ、健やかな髪を取り戻しちゃいましょう!

6位:ルシード薬用スカルプデオシャンプー

ルシードシャンプー公式サイト画像

引用:ルシード薬用スカルプデオシャンプー – ルシード公式サイト

商品名 ルシード薬用スカルプデオシャンプー
価格 1,023円
メーカー マンダム

トリクロサン、グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、エタノール、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、l-メントール、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、クエン酸、塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、無水エタノール、1,3-ブチレングリコール、カンゾウ抽出末、チャ乾留液、ケイ皮エキス、安息香酸ナトリウム、フェノキシエタノール

引用:ルシード薬用スカルプデオシャンプー – ルシード公式サイト

マンダムと言えばヘアワックス「GATSBY」でお馴染みの整髪料メーカーであり、男なら一度はお世話になってきたのではないでしょうか?

そんなマンダムから中年男性をターゲットに発売されているシャンプーがこちらの「ルシード薬用スカルプデオシャンプー」になります!男性の皮脂分泌量は何度も言うように多く、中年になってもそれは変わりません。

むしろ、代謝の低下や食生活の悪化、更には運動不足などが原因となり、ストレス応答のために体が多量の皮脂を分泌するようになるのも中年男性の特徴なので、頭皮がベトベトを通り越してギトギトになっていることに悩んでいる人もいると思います。

そうした場合、頭皮環境正常化云々より前に、まずは多量の皮脂を取り除いてあげる必要があります。そのためには強めの洗浄力で洗わなければならず、このシャンプーは記事で紹介しているものの中でも強めの洗浄力を備えているので、ギトギト頭皮に悩んでいる人にはとにかくおすすめ。

洗浄成分としてベタイン系と石油系の両方を採用しているということで、若干の刺激性があるかもしれません。しかし、それを上回る洗浄力を発揮してくれるので、「とにかくスッキリしたい」という男性の使用が推奨されます。

一方で、シャンプーだけで皮脂は改善されず、日常生活を見直すことも絶対に忘れないでくださいね!このままいくと、頭皮だけでなく体そのものに悪影響が出る可能性があるので、特に食生活の改善に取り組みましょう!

7位:アデランスへアリプロ薬用スカルプシャンプー

アデランスシャンプー公式サイト画像

引用:アデランスへアリプロ薬用スカルプシャンプー – アデランス公式サイト

商品名 アデランスへアリプロ薬用スカルプシャンプー
価格 3,888円
メーカー アデランス

グリチルリチン酸2K、ピロクトンオラミン、ラウロイルアスパラギン酸Na液、ラウロイルメチル-β-アラニンNa液、ヤシ油脂肪酸メチルアラニンNa液、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、ヤシ油脂肪酸ジエタノ-ルアミド、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、POEラウリルエ-テル酢酸Na(3E.O.)、メント-ル、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロ-ス、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、L-バリン、プロリン、トレオニン、L-イソロイシン、ヒスチジン、L-フェニルアラニン、オウバクエキス、ε-ポリリジン 10%溶液、イソステアロイル水解コラーゲンAMPD塩、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメ-ト・メタクリル酸ステアリル共重合体、ウメ果実エキス、シャクヤク浸出液、ハス種子乳酸菌発酵液、チンピエキス、ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン、アシタバ抽出液、シア脂、ヒドロキシプロピルキトサン液、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、N-オクタノイルグリシン、ラベンダ-油、ユ-カリ

引用:アデランスへアリプロ薬用スカルプシャンプー オイリー全成分 – アデランス公式サイト

薄毛と言えば特徴的なCMでお馴染みの「アデランス」ですが、そんなアデランスから発売されているこちらの「へアリプロ薬用スカルプシャンプーシリーズ」は、非常に人気の高いシャンプーです。

特に、

  • メガオイリータイプ
  • ギガオイリータイプ

この2つが人気が高く、皮脂量の多い男性からの評価は鉄板とも言えるもの。

ではどんな特徴があるシャンプーなのかと言うと、「アミノ酸系シャンプーなのに満足できる洗浄力」が何より魅力的!アミノ酸系シャンプーは今流行りの洗浄成分(界面活性剤)で、頭皮や髪を構成しているのもアミノ酸であるため、人体との親和性が非常に高いというわけです。

しかしながら、洗浄力が弱いという欠点もあるので、スッキリを強く求める男性とマッチにしにくいという側面もあるわけですが、このシャンプーは「アミノストロングウォッシュα」という独自のアミノ酸系洗浄成分を採用することで、「優しくスッキリ」洗い流すことが可能なのです(メガオイリー・ギガオイリーは配合量120%アップ)!

髪の栄養源「アミノ酸」を多数配合

また、栄養成分としてのアミノ酸もしっかり配合しているため、髪の毛を作るパーツを細胞にしっかり供給してくれます。この辺は薄毛のアデランスということで、流石の処方だと言えますね。

直接的な育毛成分などは入ってませんが、それでも頭皮環境の正常化、さらには育毛に必要な栄養素をしっかり用意しているバランスのとれたシャンプーなので、予防的な使用が基本になるでしょう。特に30代からの男性に試してもらいたい一品です。

8位:ウーマシャンプー プレミアム

ウーマシャンプー公式サイト画像

引用:ウーマシャンプー プレミアム – ウーマ公式サイト

商品名 ウーマシャンプー プレミアム
価格 3,800円
メーカー U-MA

有効成分:グリチルリチン酸2K その他の成分:馬油、海藻エキス(1)、ラン抽出液、アスパラサスリネアリスエキス、dl-α-トコフェリルリン酸ナトリウム、加水分解ケラチン液、クララエキス(1)、センキュウエキス、トウキエキス(1)、センブリエキス、アロエエキス(2)、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、オトギリソウエキス、サボンソウエキス、セージエキス、トウキンセンカエキス、ホップエキス、レモンエキス、ニンジンエキス、ダイズエキス、黒砂糖エキス、ヒノキチオール、ツバキ油、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、N-ヤシ油脂肪酸アシル-DL-アラニントリエタノールアミン液、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、1,3-ブチレングリコール、クエン酸、1,2-ペンタンジオール、塩化O-〔2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル〕ヒドロキシエチルセルロース、3-メチル-1,3-ブタンジオール、テトラデセンスルホン酸ナトリウム液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸ジエタノールアミド、フェノキシエタノール、l-メントール、精製水

引用:ウーマシャンプー プレミアム – ウーマ公式サイト

馬油は読んで字のごとく馬由来の油分のことですが、なんとなーく体に良い成分であることは皆さんもお分かりだと思います。

じゃあその馬油の効果とはってことなのですが、キーワードは「浸透力」です。人間の体に近い皮脂の組成をしている馬の油を生かし、人間の肌にもグングン浸透していく性質を利用して、馬油と一緒に有効成分を浸透させる・・これが馬油の役割。

そしてこちらの「ウーマシャンプー プレミアム」は、高い浸透力を持つ馬油をふんだんに使った高級シャンプーになります。馬油と一緒に効果の高い生薬を配合し、高い浸透力で効率を上げているわけですね。

これにより、頭皮環境正常化という観点では、他のシャンプーの追随を許しません。結局、どれだけ成分を配合しても浸透しないと意味ないので、そういう意味でよく考えられたシャンプーだなと感じますね。

また、アミノ酸系洗浄剤を採用しているため、優しい洗浄力で頭皮を守るという点も忘れてはいけません。以上のように、とにかく頭皮環境に優しい馬油シャンプだと言えるので、頭皮環境のお悩みを抱えている方には、強くおすすめしたいと言えます。

内容量も300mlということで、2ヵ月分程度は余裕を持って使えそうです。継続して使うという観点に立つことも大事ですから、チェックしてみてくださいね!

9位:スカルプD ドライシャンプー

スカルプDドライシャンプー公式サイト画像

引用:スカルプDドライシャンプー – アンファー公式サイト

商品名 スカルプD ドライシャンプー
価格 3,900円
メーカー アンファー

ピロクトンオラミン、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン、豆乳発酵液、アルキル(8~16)グルコシド、N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐グルタミン酸トリエタノールアミン液、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、加水分解ケラチン液、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ラウロイルメチル‐β‐アラニンナトリウム液、N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐アルギニンエチル・DL‐ピロリドンカルボン酸塩、塩化O‐[2‐ヒドロキシ‐3‐(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、塩化ジアルキル(14~18)ジメチルアンモニウム、エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム(2)、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解コラーゲン・樹脂酸縮合物・アミノメチルプロパンジオール液、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、グリセリル‐N‐(2‐メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、ニンジンエキス、カッコンエキス、バンジロウ葉エキス、ホウセンカエキス、イリス根エキス、チンピエキス、N‐オクタノイルグリシン、フィトスフィンゴシン、アロエエキス(2)、オリーブ油脂肪酸セトステアリル・オリーブ油脂肪酸ソルビット混合物、クリサンテルムインディクム抽出液、水溶性ツボクサエキス、N‐ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、N‐ステアロイルフィトスフィンゴシン、党参抽出物加水分解液、その他

引用:スカルプDドライシャンプー – アンファー公式サイト

アンファーはスカルプDというシャンプーブランドを確立した、日本屈指のスカルプシャンプーメーカーですが、乾燥肌用のドライシャンプーもおすすめのメンズシャンプーです。

この記事ではオイリー用のスカルプDシャンプーも紹介していますが、乾燥肌の方も少なからずいらっしゃるはずです。かくいう筆者もオイリーではなく乾燥、敏感肌のタチなので、どちらの肌向けにも製品を出しているあたり、大手の貫禄が垣間見えます。

さて、このシャンプーの特徴は、何種類ものアミノ酸系洗浄成分をオリジナルブレンドで配合し、乾燥肌の敏感な肌でも耐えうるような優しい洗浄力を実現している点です。シャンプー後に頭が痒くなるのは洗浄成分によるものがほとんどなので、今までかゆみに悩んでいた方なら満足できる可能性が高いです。

一方で、爽快感を感じられるユーカリオレンジの香りをつけているので、サッパリした柑橘系の香りを楽しめる点も嬉しいポイント。洗い上がりのクールな印象もシャンプーには大事ですから、ぜひ香りも楽しんでください!

ぶっちゃけ、シャンプー選びに悩んだら、アンファーのオイリーorドライの自分の肌に合うものを選べば間違いはありません。失敗しない選択肢を選びたい方にはおすすめの一品ですよ!

10位:コラージュフルフル スカルプシャンプー

コラージュフルフルネクスト

引用:コラージュフルフルスカルプシャンプー – 持田製薬公式サイト

商品名 コラージュフルフル スカルプシャンプー
価格 2,916円
メーカー 持田ヘルスケア

ミコナゾール硝酸塩*、トリメチルグリシン、セタノール、オクチルドデカノール、塩化アルキルトリメチルアンモニウム、ステアルトリモニウムクロリド、ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド、アミノエチルアミノプロピルメチルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体、SEステアリン酸グリセリル、プロピレングリコール、BG、イソステアロイル水解コラーゲン液-2、パラベン、乳酸、水、エタノール、イソステアリン酸

引用:成分表示について – 持田ヘルスケア株式会社

頭皮トラブルの中でも深刻になりがちなのが、

  • 痒み
  • フケ

この2つですよね。痒みが出ると頭をぽりぽりとかいてしまい、それにより頭皮が炎症を起こし、頭皮環境が悪化。結果としてフケを誘発してしまう・・みたいに、両者はお互いに繋がっており、一度この悪循環にハマってしまうと抜け出すのは至難の技。

筆者のフケも改善されました!

実は筆者、以前強烈な頭の痒みとフケに悩まされていたのですが、母親が買ってきてくれたこのシャンプーを使ったら、見事に改善されたんですよね。ということで、この記事でも紹介させていただきました。

さて、この製品の最大の特徴は、配合されている「ミコナゾール硝酸塩」にあります。これは非常に強力な殺菌効果を持つ成分で、配合しているコラージュフルフルシリーズを皮膚科でも処方するほどの高い効果を有しています。

よって、痒みやフケの原因となる原因菌をダイレクトに殺菌してくれるので、頭皮環境の正常化は間違いないです。現在痒みやフケで悩んでいるなら、絶対おすすめのシャンプーなので、積極的に試してみてください。

遊星吹き出し
Yusei

筆者は既に効果を実感できているので、痒みが強く出るときに使ったりしてます

11位:リガオス薬用スカルプケアシャンプー ICE

リガオスシャンプー公式サイト画像

引用:リガオス薬用スカルプケアシャンプー – リガオス公式サイト

商品名 リガオス薬用スカルプケアシャンプー
価格 2,980円
メーカー リガオス

グリチルリチン酸ジカリウム、サリチル酸、マツエキス、チャエキス(1)、カッコンエキス、l-メントール、サクラ葉抽出液、加水分解黒豆エキス、コーヒーエキス、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-ピロリドンカルボン酸、ジオウエキス、ニンジンエキス、海藻エキス(1)、シーグラスエキス、カモミラエキス(1)、ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液、テトラデセンスルホン酸ナトリウム液、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、ポリオキシエチレンジオレイン酸メチルグルコシド、トリメチルグリシン、エデト酸二ナトリウム、パラオキシ安息香酸メチル、無水クエン酸、安息香酸ナトリウム、塩化ナトリウム、クエン酸ナトリウム、L-アルギニン、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、1,3-ブチレングリコール、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、エタノール、フェノキシエタノール、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、水素添加大豆リン脂質、ヒドロキシエチルセルロース、フィトステロール、濃グリセリン、ピロ亜硫酸ナトリウム、グリシン、塩化亜鉛、水酸化ナトリウム、香料

引用:リガオス薬用スカルプケアシャンプー – リガオス公式サイト

リガオスはそれほど有名なメーカーではありませんが、メンズスキンケアメーカーの中では結構力を持っているブランド。洗顔などが売れ筋アイテムですが、シャンプーもまた人気のジャンルの商品になります。

こちらの「薬用スカルプケアシャンプー」は、メンズ向けに作り込まれた「アイス仕様」です。メントールを配合し、心地よい頭皮への刺激で爽快感を作り出し、よりさっぱり感を感じられるので、シャンプーをした後にスッキリしたいメンズにはおすすめのシャンプーです。

また、グリチルリチン酸ジカリウムや植物由来の成分を多数配合しているので、抗炎症効果にこだわっている点も忘れてはいけません。爽快感と頭皮環境、それぞれにこだわりたい方にとっては、なかなかに魅力的なシャンプーになっていると感じます。

容器に酸化を防ぐ特殊なパッケージを採用しているのも珍しいので、色々な意味で注目の一品ですよ!ぜひ試してみてください。

12位:ボタニカル スカルプ & ヘア シャンプー

クアトロボタニコシャンプー公式サイト画像

引用:クワトロボタニコ ボタニカル スカルプ & ヘア シャンプー – クワトロボタニコ公式サイト

商品名 ボタニカル スカルプ & ヘアシャンプー
価格 1,998円
メーカー クワトロボタニコ

水 / ココイルグリシンK / ラウラミドプロピルベタイン / コカミドDEA / DPG / PPG-2コカミド / ラウロイルメチルアラニンNa / エタノール / レモングラス葉/茎エキス / チョウジエキス / オタネニンジン根エキス / アマモエキス レモングラス油 / コショウ果実油 / ユーカリ葉油 / ポリクオタニウム-10 / ジラウロイルグルタミン酸リシンNa / BG / ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース / サリチル酸 / クエン酸 / フェノキシエタノール

引用:クワトロボタニコ ボタニカル スカルプ & ヘア シャンプー – クワトロボタニコ公式サイト

植物由来の成分をベースにしているシャンプーのことを「ボタニカルシャンプー」と読んだりしますが、化学合成物質をベースにした各種成分よりも、安全性が高いという点は嬉しいポイント。

そしてメンズ向けのボタニカルシャンプーとして人気なのが、クワトロボタニコの「ボタニカル スカルプ & ヘアシャンプー」になります。レモングラス葉、オタネニンジンエキスといった保湿成分により、トリートメントいらずの指通りを実現。

また、殺菌効果の高いユーカリ葉油、サリチル酸なども配合されているため、整髪効果だけでなく頭皮環境正常化機能も有しているのです。ボタニカルの名にふさわしい高機能ぶりは、ユーザーにとって嬉しいですよね!

オールインワンシャンプーって言っても良いレベルのシャンプーなので、リンスやトリートメントいらずのシャンプーをお試しあれ!我々男性はめんどくさがりですから、このようなオールインワンは助かりますよね。余計なお金もかかりませんし、結果的に安上がりになる点もありがたい。

13位:オルビスメンズヘアシャンプー

オルビスシャンプー公式サイト画像

引用:オルビスメンズヘアシャンプー – オルビス公式サイト

商品名 オルビスメンズヘアシャンプー
価格 1,441円
メーカー オルビス

【有効成分】グリチルリチン酸2K【その他の成分】水、ラウレス硫酸TEA、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、DPG、POEラウリン酸エタノールアミド、POE・ジメチコン共重合体、テトラステアリン酸POEペンタエリトリット、アロエエキス-2、イチョウエキス、ローズマリーエキス、メントール、BG、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、クエン酸、クエン酸Na、ラウリルスルホ酢酸Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na、EDTA-2Na

引用:オルビスメンズヘアシャンプー – オルビス公式サイト

オルビスはシャンプーというよりも化粧品、スキンケアアイテムで有名なメーカーで、筆者も化粧水や洗顔でお世話になった経験があります。老舗特有の安心感が魅力ですが、こちらのシャンプーも「ハズレがない」という点が魅力です。

洗浄成分はベタイン、アミノ酸系ということで、肌への優しさは問題なし。配合されている成分も、植物由来の成分を複数配合し、特にアロエエキスの保湿・抗炎症効果に期待したいところです。

その他に特筆すべき点はありませんが、その分価格も「1,441円」とかなり控えめとなっています。メンズシャンプー初心者にも手を出しやすい価格帯のシャンプーなので、「とりあえず」の精神でこれを買ってみるのも悪くないかも。

使い続ける上でもお財布への負担は軽いに越したことはありませんから、積極的に試してみてください!一方で、頭皮環境が悪化していたり、皮脂量をコントロールしたい場合には、もうちょっと機能が豊富なシャンプーを選んだ方が良いかもしれません。

14位:モンゴ流 シャンプーEX

モンゴ流シャンプー公式サイト画像

引用:モンゴ流 シャンプーEX – モンゴ流公式サイト

商品名 モンゴ流 シャンプーEX
価格 4,980円
メーカー モンゴ流

水、ラウリン酸ポリグリセリル-10、コカミドMEA、ラウロイルメチルアラニンNa、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、グリセリン、ココイルグルタミン酸TEA、ポリクオタニウム-10、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、デシルグルコシド、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、γ-ドコサラクトン、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、PPG-3 カプリリルエーテル、ポリグルタミン酸、ココイルアルギニンエチルPCA、加水分解ケラチン、グリチルリチン酸2K、グルコン酸亜鉛、グルコン酸銅、アスパラギン酸Mg、イラクサ根エキス、イラクサ葉エキス、セイヨウイラクサ葉エキス、ユッカグラウカ根エキス、ヒポファエラムノイデス果実油、シスタンケツブロサ茎エキス、プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス、ケンフェリアパルビフロラ根茎エキス、マグワ根皮エキス、グアバ葉エキス、ゲンチアナ根エキス、カキタンニン、キダチアロエ葉エキス、センブリエキス、カンゾウ根エキス、ホホバ種子油、ビワ葉エキス、チョウジエキス、ヤエヤマアオキ果汁、乳酸桿菌/豆乳発酵液、クロレラエキス、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ザクロ果実エキス、オウゴン根エキス、ベルゲニアリグラタ根エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、チャ葉エキス、サッカロミセス溶解質エキス、エピロビウムフレイスケリ花/葉/茎エキス、キハダ樹皮エキス、ゴレンシ葉エキス、香料、グルタミン酸、カルボキシメチルキトサンサクシナミド、1,2-ヘキサンジオール、ポリクオタニウム-53、BG、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、グルコース、ソルビトール、PEG-2カプリリルアミン、ポリソルベート20、メントキシプロパンジオール、水添レシチン、銅クロロフィリンNa、ジステアリン酸グリコール、セバシン酸ジエチル、塩化Na、クエン酸、クエン酸Na、グリシン、硫酸亜鉛、コハク酸2Na、メタリン酸Na、メントール、プロパンジオール、フェノキシエタノール、エタノール

引用:モンゴ流 シャンプーEX – モンゴ流公式サイト

こちらのシャンプーは「モンゴ流」というメーカーから販売されており、日本人が系統的に属する「モンゴロイド」という系統に着目して開発した、ちょっと変わった開発背景のあるシャンプーです。

簡単に言えば、古くからモンゴロイドが使用していた成分を中心に開発しているので、人工的な化学合成成分に頼りがちなシャンプーへのアンチテーゼ的な位置付けですね。その証拠に、33種もの天然植物成分を配合していて、これはメンズシャンプーの中でも屈指の数。植物由来の場合だと肌にも優しいので、入っていれば入っているだけ嬉しい。

そして、y-ドコサラクトン・セバシン酸ジエチルというキューティクルを守る成分にも注目です。植物由来成分で頭皮環境をケア、そしてy-ドコサラクトン・セバシン酸ジエチルで髪をケア。この二段構えが、他のシャンプーとの差というわけです!

以上のように、多機能型スカルプシャンプーとなっているので、女性にも人気の一品なのがこのシャンプー。気になる方はぜひ試してみてください!

15位:デ・オウ薬用スカルプケアシャンプー

デオウシャンプー公式サイト画像

引用:デ・オウ薬用スカルプケアシャンプー – ロート製薬公式サイト

商品名 デ・オウ薬用スカルプケアシャンプー
価格 676円
メーカー ロート製薬

<有効成分> イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム <その他の成分> 薬用炭、POEラウリルエーテル酢酸Na、ラウレス硫酸Na、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、濃グリセリン、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、PG、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、リン酸2Na、メントール、塩化Na、フェノキシエタノール、クエン酸、粘度調整剤、香料

引用:デ・オウ薬用スカルプケアシャンプー – ロート製薬公式サイト

伊藤英明さんが漢っぽさをビンビンに演出しているCMで話題になっているのが、ロート製薬の「デ・オウ」シリーズになります。シャンプーだけでなくボディソープも発売されていますが、ここでは「デ・オウ薬用スカルプケアシャンプー」をご紹介!

こちらのシャンプーの特徴は、ズバリ「価格の安さ」です。コストがかさみがちな植物由来成分などを配合していないため、1,000円を大きく下回る価格にて販売することが出来ています。

しかし、安い時になるのが安全性ですよね。そこでリサーチしてみましたが、洗浄成分として石油系(植物系)でお馴染みの「ラウレス硫酸Na」が配合されていました。この界面活性剤はネットを中心に「悪者」として扱われがちですが、気泡性と洗浄性に優れたコスパの良い洗浄成分であるため、安全性の若干の低下と引き換えに、高いパフォーマンスを発揮してくれます。

そして、ラウレス硫酸Naでの安全性の低下を補うように、「ベタイン系」の洗浄剤も配合されているため、価格を抑えながら安全性と洗浄力、さらには気泡性などの使用感のバランスを取っているという点で、開発者の工夫が見て取れます。

おすすめできる人としては、「安くしっかり洗えて、それなりに安全性も担保されているシャンプー」が欲しい人です。色々な観点から見てバランスが良い製品だと思うので、メンズシャンプー入門としては悪くない選択肢だと思いますよ!

16位:アデノゲンスカルプケアシャンプー

アデノゲンシャンプー公式サイト画像

引用:アデノゲンスカルプケアシャンプー – アデノゲン公式サイト

商品名 アデノゲンスカルプケアシャンプー
価格 2,520円
メーカー アデノゲン

アデノシン*,β-グリチルレチン酸*,パントテニールエチルエーテル*,l-メントール*,クジン抽出液*,酢酸DL-α-トコフェロール*,ニンジンエキス*,エタノール,精製水,ジプロピレングリコール,ソルビット液,イソステアリルアルコール,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,1,3-ブチレングリコール,デシルテトラデシルジメチルアミンオキシド液,ラウリル硫酸ナトリウム,DL-リンゴ酸,サンショウエキス,ビニルピロリドン・N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸共重合体ジエチル硫酸塩液,ホップエキス,クアチャララーテ抽出液,アマチャエキス,クマノギクエキス *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

引用:アデノゲンスカルプケアシャンプー – アデノゲン公式サイト

皆さんは「アデノシン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?恐らく、ほとんどの方が初耳だと思うのですが、生化学や生物系分野では割とポピュラーな用語。生体内のあらゆる場所で働く化学物質で、毛髪においては毛根付近の細胞を増殖させて、頭皮を活性化させる効果があることがわかっています。

参考:女性の薄毛とアデノシンによる改善効果 – J-stage

そして、そのアデノシンを配合したシャンプーが、資生堂系の企業から発売されている「アデノゲンスカルプケアシャンプー」というわけです。一般的なスカルプシャンプーは、頭皮環境の改善をキッカケとして髪の毛の成長を促しますが、このシャンプーは「アデノシンによる細胞の増殖」という直接的な効果から毛髪の成長を促すという点で、よりダイレクトな効果が期待できる一本となっています。

もちろん、洗浄成分も安全性に問題があるものは採用していませんし、その他の成分も特に懸念すべきポイントは見当たりませんでした。よって、アデノシンに特化したシャンプーだと言えるので、頭皮細胞を元気にして髪の毛を元気にしたい方には、強くおすすめしたい一品です。

17位:MARO 3Dボリュームアップシャンプー EX

maroシャンプー公式サイト画像

引用:MARO 3Dボリュームアップシャンプー EX – MARO公式サイト

商品名 MARO 3Dボリュームアップシャンプー EX
価格 1,620円
メーカー MARO
洗浄成分 ベタイン系
注目成分 加水分解大豆タンパク

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、コカミドMEA、ラウリルベタイン、DPG、ヤナギラン花/葉/茎エキス、加水分解ダイズタンパク、ホエイ(牛乳)、グルタミン酸、ココイルメチルタウリンNa、PEG-150、PEG-32、PEG-6、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ポリクオタニウム-48、ポリクオタニウム-7、ホホバ種子油、アボカド油、オリーブ果実油、月見草油、ハイブリッドサフラワー油、ヒオウギエキス、ダイズ芽エキス、ローヤルゼリーエキス、アルゲエキス、ヒバマタエキス、トウキ根エキス、アカヤジオウ根エキス、ヨモギ葉エキス、ナツメ果実エキス、ビワ葉エキス、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、BG、メントール、PEG-100水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、シクロデキストリン、安息香酸Na、ピロ亜硫酸Na、フェノキシエタノール、香料、カラメル

引用:MARO 3Dボリュームアップシャンプー EX – MARO公式サイト

シャンプーを選ぶ際、洗浄成分や配合されている成分にばかり拘ってしまいがちですが、「髪立ち」について気にすることも意識すべきです。というのも、多少髪が薄くなったとしても、髪立ちが強ければボリューミーに写るため、周りからの印象にそれほど影響がないから。

そして、こちらのシャンプーは洗浄成分や多数配合されている植物由来の成分もさることながら、髪立ちについても「3D」という表現を用いているくらいこのシャンプーはこだわっています。

スタイリング・ヘアボリューム成分が髪の全てを覆い尽くし、髪をしっかり根元から立ち上げてくれるため、「若さ」を強調したい人には是非使ってもらいたいシャンプーです。髪の栄養素であるアミノ酸を補充するための「加水分解大豆タンパク」も配合されているので、育毛という観点からも悪くない選択肢。

18位:h&s for men 薬用シャンプー スカルプEX

h&Sシャンプー公式サイト画像

引用:h&s for men 薬用シャンプー スカルプEX – h&S公式サイト

商品名 h&S for men 薬用シャンプー スカルプEX
価格 980円
メーカー h&S

ジンクピリチオン液,精製水,ベンジルアルコール,塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]グァーガム,安息香酸ナトリウム,塩化ナトリウム,ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム,水酸化ナトリウム,無水クエン酸,メチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液,ラウリル硫酸ナトリウム,香料,ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド,セタノール,クエン酸ナトリウム,キシレンスルホン酸アンモニウム液,高重合メチルポリシロキサン(1),ジステアリン酸エチレングリコール,塩酸

引用:h&s for men 薬用シャンプー スカルプEX – h&S公式サイト

h&Sは国内でも人気が高いアメリカメーカーですが、女性用シャンプーとしてCMを大々的に流している印象があります。しかし、もちろんメンズ用シャンプーも存在しており、こちらの「薬用シャンプー スカルプEX」もなかなかに人気の高いシャンプーです。

魅力的なポイントは価格の安さと手に入れやすさ!1,000円を下回る値段で購入できるスカルプシャンプーはなかなか貴重で、さらにドラッグストアなどで手軽に購入できる点もGood。

その分、洗浄成分はポピュラーなラウリル硫酸(石油系)を用いているため、肌が弱い人は痒みが出る可能性があるので注意が必要ですが、頭皮の状態に問題ないものの、今後を考えてスカルプケアをしたい方には、なかなかにおすすめできるシャンプーです。

同じラインナップでコンディショナーも販売されており、合わせて利用すると高い効果が得られると思うので、購入を検討してみてください。

19位:ZIGENシャンプー&ボディソープ

ZIGENシャンプーサイト写真-商品紹介

引用:ZIGENシャンプー&ボディソープ – ZIGEN公式サイト

商品名 ZIGENシャンプー&ボディソープ
価格 4,890円
メーカー ZIGEN

水 / カリ石鹸素地 / グリセリン / グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド / ジラウロイルグルタミン酸リシンNa / カキタンニン / BG / 炭酸水素Na / 炭酸Na / オレンジ果皮油 / グレープフルーツ果皮油 / マンダリンオレンジ果皮油 / コリアンダー果皮油 / メボウキ油 / イランイラン花油 / ニオイテンジクアオイ油 / ラベンダー油 / ベチベル根油 / メントール / クエン酸 / ビワ葉エキス / エタノール

引用:洗浄力と優しさを兼ね備えた”純石けん”シャンプー – ZIGEN公式ホームページ

シャンプーに配合される洗浄成分には色々ありますが、「石けん系」の界面活性剤を配合したシャンプーも注目したいところ。石けん系のメリットには、

  • 洗浄力が強い
  • 環境に優しい
  • サッパリ感が強め

このようなものがあり、特に環境への優しさから近年注目を集めているジャンルの洗浄成分だと言えます。

そしてこちらの「ZIGENシャンプー&ボディソープ」は、そんな石けんを用いたシャンプーであり、さらに体まで洗える「メンズ向け全身対応シャンプー」としてネットを注意真に話題を集めているのです!

筆者も実際に使用したことがありますが、一本で頭から足まで全て洗えるのは、なかなかに気持ちが良いものです。お風呂場にボディソープを置かない不思議な感じが新鮮で、クセになりそうでした(笑)さらに香りが柑橘系ということで、仕事で1日疲れた体に心地よい香りが染み込むのがこれまた最高・・。

一方で、石けん系シャンプーは髪の軋みや肌のツッパリなどが懸念されるため、敏感肌にはおすすめできないのもホンネ。脂性肌、オイリー肌で全身サッパリ洗いたいという方には、なかなかにおすすめできる一本だと言えます。

20位:サクセス薬用シャンプー

サクセス薬用シャンプー公式サイト画像

引用:サクセス薬用シャンプー – 花王

商品名 サクセス薬用シャンプー
価格 658円
メーカー 花王

ピロクトン オラミン*、水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.O.)液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、エタノール、アルキルグリコシド、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、POE(16)ラウリルエーテル、メントール、POE(3)ラウリルエーテル、ユーカリエキス、POEアルキル(12~14)エーテル、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、無水クエン酸、BG、香料、青1 *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

引用:サクセス薬用シャンプー – 花王

メンズシャンプーのエントリーモデルとして人気なのが「サクセス薬用シャンプー」です。ドラッグストアで購入できる手軽さ、1,000円を切る価格の安さ、さらには化粧品大手の花王から販売されているといった点から、多くのユーザーに支持されている一本だと言えます。

個人的な印象では、市販されているメンズシャンプーの中では、洗浄力の強さは一級品!皮脂が多量に分泌されるベトベトな頭皮に悩んでいる方で、手頃なシャンプーを使いたい人にはおすすめですね。

一方で、洗浄成分に石油系を採用しているため、安全性にこだわりたい人や敏感肌の方には向いていません。自分がシャンプーに求めるものをハッキリさせた上で、購入するようにしてください。

まとめ

この記事では、マニアおすすめのメンズシャンプーを20個厳選してご紹介してきましたが、いかがでしたか?シャンプー選びは高いものを購入することが大事なのではなく、

  • 自分のニーズにマッチしている
  • 使用し続ける上で負担にならない

以上2点を満たしていることが何よりも大事です。髪質や肌質、さらには対策したいものにピッタリなシャンプーを選ぶことで、ダメージを最大限減らすことができますからね。よって、今一度自分がシャンプーに求めるものをハッキリさせた上で、お財布と相談しながら理想の一本を決めてみてください!

そうすれば、皆さんが現在抱いている頭皮や髪のお悩みも、スムーズに解決されるはずです。頭部の悩みは私たちを大きく悩ませる厄介さを持っているので、いち早く皆さんの悩みがシャンプーを通じて改善されれば嬉しい。

ということで、この記事もそろそろ締めたいと思います。執筆したのはYuseiでした。何かご意見や質問などあれば、遠慮なくコメント欄にてご連絡ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yusei

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。執筆を担当したYuseiです!私が「Mens STAR」にてモットーとしているのは、ズバリ「皆さんのお役に立てるような記事を書き続けること」になりますが、いかがでしたでしょうか?この記事を読んだ皆さまの生活が、ほんの少しでも豊かになればとても嬉しいです。記事の感想・質問・ご意見などあれば遠慮なくコメントしてください。Yusei自ら可能な限り対応させて頂きますので、よろしくお願いします!