VAPE初心者にはコレ!大好評のI-1600をどこよりも詳しく徹底レビュー!

VAPE初心者にはコレ!大好評のI-1600をどこよりも詳しく徹底レビュー!

VAPEは最近になって急激に人気が出てきたアイテムで、欧米諸国ではとんでもない盛り上がりを見せているガジェット。外国の方が一同に集まって、全員が一斉に爆煙を振りまいている写真を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?日本ではやや人気に火がつくのが遅かった印象ですが、それでも近年になってようやくVAPEの波が到来し、街中で見かける機会も多くなってきました。

そんなVAPEですが、自分もはじめてみよう!と初心者の方が意気込んで色々と調べていくうちに、VAPEって結局なんなんだ、、色々と用語もあってムズカシイとしょんぼりしてしまい、結局VAPEを諦めてしまう、こんな光景は日常茶飯事レベルで行われてしまっているのが現状です。

こんな感じでVAPEはやや初心者に対してハードルが高いという側面を持っているので、筆者がなんとか初心者の方でも気軽に、そして本格的に楽しめるようなVAPEをご紹介したいと思っていました。そこでようやく、JP vaporのI-1600スターターキットという製品ならば自信を持っておすすめできると確信できたので、今回ご紹介させていただきます!

この記事を読めばあなたも今日からVAPEユーザーになれるかも!?では、短い間ですがよろしくお願いします(^^)

目次

JP vapor I-1600スターターキットの基本情報

I-1600公式サイト-1

では早速、JP vapor I-1600スターターキットについての基本情報からお伝えしていこうと思います!ちなみに、JP vaporは「ジェーピーベポ」と読むので覚えておいてくださいm(__)m

なお、ここからはI-1600スターターキットを、単にI-1600と省略させていただくので、ご理解のほどよろしくお願いします。

製品ラインナップ・価格

I-1600公式サイト-2

まずは製品のラインナップと価格からです。I-1600のラインナップとしては、上記写真のようにブラック・ホワイト・シルバーの3つ存在していて、デザインはとてもシンプルでスタイリッシュです。また、セット内容に関しても、

  • I-1600本体
  • お試しリキッド3種類
  • 日本語説明書
  • 交換用コイル
  • エアフローコントロールリング
  • 充電用USBケーブル
  • 特製巾着袋

以上のものがセットで封入されています。これが良いのか悪いのか、正直初心者の方にはピンとこないかもしれませんが、以上のセットがあれば届いた瞬間からVAPEを楽しむことが可能です。各種パーツの説明はJP vapor I-1600を実際に購入して使ってみました!の部分で丁寧にご紹介しているので、気になる方は後ほどチェックしてみて下さいね(^^)

そして、気になる価格ですが税込5812円となっています。やや高いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、本体から付属品までどれも質の高いものばかりを使用しているということで、スターターとは思えないような使用感を感じることができますし、安全性に関しても非常に信頼性が高いです。したがって、VAPEを始めるための初期投資だと思っていただければ幸いですm(__)m

I-1600スターターキットはAmazonや楽天でも購入可能?

また、ここではI-1600を購入するにあたり、公式サイト以外でもAmazonや楽天で購入可能かどうかについてもご紹介したいと思います。結論から申し上げると、公式サイト以外からも購入可能です。それぞれの価格をまとめたものはこちらになります。

JP vapor公式サイト 5812円(税込)
Amazon 5813円(税込)
楽天 6458円(税込)

価格だけ見ると、JP vapor公式サイトとAmazonはほぼ同じ価格となっていることから、普段Amazonにてお買い物をする場合、Amazonで購入した方がいいかなと思われるかもしれません。しかし、公式サイト上で購入すると、場合によってスターターキット限定の特別特典が付属してくる場合があります。

例えば、今回筆者が購入した際は、クリスマス特典として、スターターキット購入者に向けてストロベリーカスタードフレーバーのリキッドがプレゼントされました。

I-1600-19

こちらのリキッドはスターターキットに付属するリキッドよりもかなり大きめのものでしたので、お得感がすごかったです。また、保証関係も公式サイトにての購入が最も安心できますので、公式サイトにての購入が最もお得で、かつ最も安心できるでしょう。

特徴

さて、I-1600のラインナップと価格について確認したところで、ここからはI-1600の特徴をザッと見ていきましょう。

届いた瞬間楽しめる!

まず、先ほども言った通りI-1600はスターターキットなので、家に届いた瞬間からVAPEを楽しむことが可能です。VAPEは難しい専門用語や、自分で組み立てる必要があるなど、初心者にとってシンドイ側面も持っていますが、I-1600はVA PEのそういったとっつきにくい部分を全て解消!ビギナーが簡単に手軽に楽しめるようなセットになっているので、安心ですね!

しかし、初心者向けだからといって侮るなかれ、性能に関してもビギナーから中級者までなら十分に満足できる仕上がりとなっています。上級者から見ればやや物足りないセットになっているかもしれませんが、それでも全く使えないわけではありません。

したがって、I-1600はスターターキットなので手軽ににVAPEを始められる一方、質に関しても折り紙つきというわけですね!

3種類のリキッド付き

I-1600公式サイト-3

VAPEを使う上で欠かせないのがリキッド。わからない方のために簡単に説明させていただきますと、VAPEの中に注入する味のついた液体のことで、これがVAPEから放出される水蒸気のフレーバーのもととなります。当然、VAPEを使用する上でリキッドは欠かせないものですが、I-1600スターターキットにはなんと3種類もセットでついてくるんです!

フレーバーの種類は時期ごとに変わるようなのですが、筆者が購入した際には、

  • Blueberry Vanilla Freeze
  • Caramel Custard Dry Leaf
  • Spearmint

以上の3つがセットとなっていました。濃厚な甘みのブルーベリーバニラ、甘さの中にも深みを感じさせるカスタードドライリーフ、そして電子タバコ定番のミント系とVAPEにとって最低限必要なフレーバーがセットになっているのは非常にありがたい。スターターキットの中には、一種類のフレーバーしかついてこない場合もあり、場合によってはリキッド別売りのケースもあります。

そういった中で、3つセットにしている点は非常に評価できますね!

馴染みやすいフォルム

I-1600-18

また、I-1600のフォルムに関しても評価できる特徴です。一足先にお披露目してしまいますが、I-1600は上記の写真のような形状をしていて、今まで紙巻きタバコや加熱式タバコを使用していた方にとっては馴染みのあるものですよね?この他にボックス型と呼ばれる形状のものもありますが、これですと今まで使用してきたものと違いすぎてちょっと、、となってしまう場合もあると思います。ボックス型は加熱式タバコのgloを彷彿とさせるようなフォルムですが、タバコというよりガジェット感が強いんですよね。

もちろん、今までタバコを吸ってこなかったけどVAPE気になってる!という方にもおすすめできる形状です。縦長なので収納しやすかったり、手に持ちやすかったりといった特徴は、初心者にとってはありがたい仕様。この形状のものでVAPEに慣れていって、買い替えのタイミングで違った形状のものにチャレンジするといった流れがベスト!

煙量も十分!

VAPEといえばあのケムリでしょ!とVAPEパーティーなどのものすごい煙量に魅了されてVAPEに興味を持った方もいらっしゃいますよね?いわゆる、爆煙というやつです。こちらのI-1600はサブオームという仕様に対応しているので、爆煙に関しても余裕でいけちゃいます!

爆煙ですとボックスタイプのものが多いイメージですが、I-1600はスターターキットで、さらに縦長フォルムで爆煙対応。これ、かなり魅力的ですよ!!ということで、I-1600は爆煙に憧れを持つ方の願いもしっかりと叶えてくれるVAPEであると言えるでしょう。

安全性について

初心者の方がVAPEを使用する上で気になるのが、安全性ですよね?VAPEは急激に人気が出たアイテムということもあって、新規参入が激しいジャンル。さらに、体内に直接摂取するというガジェットの中でも特殊な特徴を備えているものですが、紙巻きタバコや加熱式タバコとは異なり各種法律が十分に施行されていないという現状があります。

これは、様々なバラエティに富んだ製品が開発されやすいといったメリットをユーザーに与えてくれますが、一方で健康被害や機器としての安全性などの重大なリスクを抱えてしまう恐れがあるというデメリットも同時にもたらされてしまうのです。VAPEが口の中で爆発して大変なことになったなんて噂もちらほら聞こえてきます。

こういった点から、VAPE初心者の方は特に安全性について気をつけていただきたいというのが筆者のホンネ。では、I-1600の安全性に関してはどうなんでしょうか?

VAPE発祥の地カリフォルニアに自社工場を保有!

I-1600を販売しているJP vaporは、VAPE発祥の地とされているアメリカのカリフォルニアに自社工場を保有しています。アメリカではVAPE文化が日本よりも何歩も先に進んでいて、安全性などに関してもしっかりしています。そこに自社工場を保有して、リキッドの製造を行っているということですから、とても安心できますね!

また、日本においてはニコチンを含んだリキッドは販売できませんが、アメリカではOKということ。となると、アメリカ製のものだと大丈夫なの?と不安になってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、これに関しても現地で日本人スタッフが管理しているということで、その信頼性は高いです。

リキッドは調合師のお墨付き!

I-1600自体がいくら安全でも、実際に体内に入るのはリキッド。したがって、リキッドの安全性はある意味では本体よりも重要であるとすら言えます。JP vaporのリキッドは、深みを追求しつつ、人体にかかる負担を最小限に抑えるために厳選したレシピを調合師が実際に開発しているということです。

これによって、製品としての質と安全性の両方がしっかりと担保されていると言えますので、ユーザーからすればとても嬉しいポイントですね!

成分分析・発がん性物質検査済み!

リキッドの成分分析や発がん性物質の検査も徹底して行われているようです。こういった検査を専門に請け負う第三者に依頼して、一般的に安全性を証明するために依頼する食品分析センターだけでは対応できないような細かい部分にまでも検査の目を行き渡らせることで、客観的な安全性をユーザーに提供してくれています。

また、公式サイト上にて、

これらの検査結果はあくまで発がん性物質の数値を検査した結果ですので完全に健康被害は無いと断言出来る物ではありません。
タバコでは無いとは言え、発がん性物質が検出されないとは言え、PGを多量に摂取すれば身体に負担はありますし加熱された水蒸気を多量に吸引したら喉に負担もかかりますので自己責任の範囲で過剰な摂取は控えて頂く事が前提となっております。

出典:成分分析、発がん性物質検査 – JP vapor公式サイト

との文章が記載されています。検査結果をユーザーに押し付け、安全だから大丈夫と無理やり納得させるのではなく、しっかりとそのリスクに関しても知ってもらった上で、本当の意味で納得して製品を購入してもらおうといった真心が伝わってくるもので、個人的にはとても好感が持てました。

この点も、筆者がJP vaporのI-1600をおすすめしている理由になります。

JP vapor I-1600スターターキットのネット上の口コミ

さて、I-1600の基本的な製品情報について確認したところで、ここではネット上の口コミについて一度確認しておきましょう。インターネット上でのお買い物をする上で、事前に実際に使用した方の口コミを参考にすることはとても大切です。後悔しないためにも、要チェックですよ!

JP vapor I-1600の良い口コミ

まずは良い口コミから見ていきましょう。

手軽にVAPEを始められた!

VAPE全くの初心者で、何をどうやって購入すればいいのかわからず、かなり困っていました。そうしたところ、こちらのスターターキットが見つかって、リキッドも3種類ついてくるということで買ってみました!サイトにある通り、届いたらすぐに使用できてとても満足しています。

シンプルなデザインが好み

女性もののVAPEだとデザインが派手でキャピキャピしていることが多いんですが、こちらはスタイリッシュでユニセックスなデザインです。女性でも落ち着いたものを使用したいと望む方はいると思うので、ありがたかったですね。簡単に使えますし、いい商品だと思いました。

安全性が魅力的

私はVAPEを前から使ってみたいと思ってきましたが、安全性が気になってしまってなかなか踏み出せませんでした。ですが、こちらの製品は公式サイトにしっかりと検査結果とかものせられていたので、安全かなって思ってようやくVAPEを手に入れることができたんです。毎日快適に使えて、良いVAPEライフを送れています。

JP vapor I-1600の悪い口コミ

次にI-1600の悪い口コミです。

組み立てとメンテナンスが面倒

スターターキットということで、組み立てとか一切なくそのまま使えると思っていましたが、組み立てないといけなかったようでそれがメンドくさかったです。説明書もあったけど、わかりにくいところとかもあって、微妙でした。

タバコ感がない

禁煙しようとしてこちらのVAPEを使おうと思い買いましたが、タバコ感を全く感じられずに期待はずれでした。結局タバコを吸っています。

オシャレじゃなかった

シンプルなデザインでいいかなと思いましたが、実際に使ってみると他のデザイン性のあるものが欲しくなりました。シンプルすぎて、ちょっと地味。

以上がI-1600の良い口コミと悪い口コミになります。良い口コミでは手軽に始められたことや、シンプルなデザイン、安全性が評価されていることがわかります。初心者でも気軽に始められるスターターキットということで、この点に満足している方が非常に多い印象です。

逆に、悪い口コミでは組み立てとメンテナンスが面倒と感じているといった意見が見られます。しかし、スターターキットではなく自分でVAPEを作ろうとすると、パーツ選びから細かい組み立て、調整まで自分で担わなければいけないということで、こちらの組み立てはVAPEの中でもかなり簡単な部類に入ります。VAPEはどんな製品でも、ある程度自分で組み立てる工程は踏まなければ使えないということを覚えておきましょう。

また、タバコ感が得られないという方は、VAPEはニコチンフリーであるという点をしっかり把握しておく必要があります。タバコの中でも最も電子タバコやVAPEに近いものとしては、JTから販売されているPloom TECHという加熱式タバコがあるので、気になる方は以下の記事をチェックしてみて下さい。VAPEのように煙のニオイはほぼ無く、面倒な組み立てやメンテナンスも必要としない加熱式タバコなので、紙巻きタバコからの乗り換えを希望する方にはおすすめです。

加熱式タバコ「Ploom TECH」って実際どうなの?1ヶ月使ったレビューをiQOS・gloと比較してご紹介!

2017.12.12

JP vapor I-1600スターターキットを実際に購入して使ってみました!

ここまでで、I-1600の基本情報と口コミについてご紹介してきましたが、ここからは筆者が実際に購入して使用したレビューをみっちりお伝えしていこうと思います!何よりも購入の参考になるように頑張ってお伝えしていきますので、もし良ければ見ていただけると嬉しいです(^^)

JP vapor公式サイトで注文・到着!

まずは早速JP vaporの公式サイトにてI-1600を注文してみました。注文に関しては一般的なネットショッピングサイトと同様の手順を踏めば問題なく購入できるので、特に問題はないと思います。注文時に配送日の指定を行おうと思ったのですが、そのような項目がなくそこはちょっと気になったところ。

また、公式サイトを見ると配送日の目安は1週間から10日ほどとの記載があり、そんなかかるんだ、、といち早く手にしたかった筆者はちょっと落胆。ですが、何気なくメールを確認すると注文した日の夕方に発送しましたとの連絡が来てました。え?と驚いてしまいましたが、発送場所を追跡すると東京の新宿で、筆者が住む首都圏なら翌日の午前中には届くとのこと。

いい意味で裏切られて、一度落とされたテンションがまた戻り、ヤマトの配送時間指定サービスを使用して無事に午前中に到着いたしました!注文してから1日かかってないということで、Amazon primeレベルのスピード感で発送を行なっていただきました!したがって、東京近郊にお住みの方はかなり早く到着するんじゃないかなと思っています。

さて、到着時の写真はこんな感じです。

I-1600-27

外見上は一般的な配送のものと特に変わりはありません。早速中身を見てみました。

I-1600-1

しっかりと緩衝材が敷き詰められていて、安心ですね!その下にはI-1600が入った化粧箱がありました。

I-1600-4

高級感を感じることができる化粧箱で、製品には直接関係はないものの、やはりいい気分になりますね!iPhoneを購入したような、そんな気分。中を見てみましょう!

I-1600-7

こんな感じに、本体とバッテリーがこれまた高級感のあるレッド調の専用ボックスに丁寧に封入されていました。赤と黒のコントラストがこれまたいい。。そして、この下には、

I-1600-8

こんな感じでスターターキットのセットが封入されています。細々としているので、後ほどしっかりとご紹介させていただきますね。

I-1600はこんな感じ!

I-1600-11

まずこちらがVAPEのキモであるアトマイザーと呼ばれる部分。ここにリキッドを流し込んで、フレーバーのある蒸気を発生させてVAPEを楽しみます。しかし、VAPEは電子機器なのでこちらのアトマイザーを駆動するためのバッテリー部分が必要になります。それがコチラ。

I-1600-9

中央にあるボタンが電源ボタン。こちらの操作に関しては後ほどご紹介いたします!やや光沢のあるブラックで、男性でも女性でも違和感なく使用できるデザインなのが嬉しいですね!黒好きの筆者にはたまらんです。

I-1600-10

そして裏側には付属の充電ケーブルを差し込むための穴がこのように存在しています。こちらのバッテリー部分と、先ほどのアトマイザー部分をネジのようにクルクルっと組み合わせるとこのように。

I-1600-18

公式サイトの写真通りのかっこいいVAPEが完成です!これならば場所を選ばずに使用できそうなデザインですし、安っぽい感じもありません。スターターキットとは思えないような外観なので、ほんと初心者の方にはおすすめできます。他のセット内容に関しても見てみましょう。

I-1600-12

上記写真がセットの内容になります。充電ケーブルと特製の巾着袋、交換用コイル、リキッド3種類がセットになっていますね。

I-1600-13

こちらがセットのフレーバー3種類です。先ほどもご紹介しましたが、

  • Blueberry Vanilla Freeze
  • Caramel Custard Dry Leaf
  • Spearmint

以上の3つが現在はセットになっていますが、こちらのセット内容は時期によって異なる場合があるということなのでご注意を。そして、筆者が注文した時は、クリスマスのキャンペーンも実施されていて、ストロベリーカスタードフレーバーのリキッドが無料で付いてきました。

I-1600-19

いかにも甘そうなフレーバーですが、非常に気になりますね。箱の中からものすごーく甘い香りがプンプンしてます。

I-1600を実際に使ってみた!

さて、ここからはI-1600を実際に使用してみたレビューをみなさんにお届けしていこうかなと思います。写真だけですとあまり参考にならないと思いますので、こちらも要チェックですよ!

組み立て・リキッド注入

まずは組み立てから。I-1600はスターターキットということで、できる限り組み立ても簡便化が図られていますが、それでもVAPEとしての最低限の工程は必要になっています。組み立ての手順は主に、

  • アトマイザーへのリキッド充填
  • コイルの湿潤化

以上2つがあります。アトマイザー?コイル?なんだそれ。。と思われた方のために解説をさせていただきますね!ぜひ参考にして頂ければと思います。

アトマイザーへのリキッド充填

まずはアトマイザーへのリキッド充填からです。アトマイザーとは蒸気を発生させるための部分の名称で、VAPEを楽しむ上では非常に大切なパーツになります。このアトマイザー内にリキッドを充填し、それをコイルで熱することで蒸気を楽しむというのがVAPEのメカニズム。

VAPEの種類によってはリキッドの充填が難しかったりするんですが、こちらのI-1600は非常に簡単!順番に解説させていただきます。

1.リキッドを開封する
まずはリキッドの開封から。開封をわざわざ項目にする意味なくね?と思われる方もいらっしゃると思いますが、実はVAPEのリキッドは開けるのが超絶難しいんですよ!これ、マジです。なぜかというと、チャイルドロック機能のようなものを搭載していて、簡単にいうと小さいお子さんなどの誤飲防止などの意味合いとしてこうした仕様となっていることがほとんどなんです。

開け方は、普通にクルクルと開けるのではなく、一度真上からキャップをボトル側に押し付けて、キャップ内の刃をボトルの口部分に噛ませます。この状態でクルクルっとすると開封完了。文章にすると簡単そうですが、これがなかなか難しい。やってみればわかると思います!ちなみに筆者は、これだけで15分かかりました(汗)。

2.リキッドをピペットで採取する
I-1600-22

たいていの場合、写真のようにリキッドにピペットが付属しているので、それを使用しリキッドを採取します。リキッドは粘度が高くなかなか慣れるまでは大変。近くにティッシュを置いておくことをおすすめいたします。

3.リキッド挿入口からリキッドを充填する
I-1600-25

アトマイザー中央には写真のように空気が通るための穴がありますが、ここにリキッドは絶対に入れないようにしましょう。リキッドを注入するのは、中央の通気口の両サイドにある穴になります。こちらの穴に写真のようにピペットの先を当て、優しく充填しましょう。

4.半分程度まで充填したら完了!
I-1600-23

写真のように半分程度まで充填が終わったら、アトマイザーに関しては終了です。多すぎるとトラブルにつながりますので、気をつけてください。

コイルの湿潤化

アトマイザーの次はコイルの湿潤化になります。コイルはアトマイザーに充填されたリキッドを熱するための部品ですが、はじめに湿潤化を行っておかないと過熱トラブルにつながってしまいます。筆者もこの手順を忘れてものすごく焦げ臭い蒸気を吸い込むことになったので、絶対に忘れないでくださいね!

コイルの構造を簡単に見てみましょう。

I-1600-24

こちらがコイルですが、銀色のパーツの間に白い隙間があるのが見えるでしょうか?この白いものがコイル内部のコットンになります。こちらのコットンにリキッドを湿潤させておくことで、加熱が滑らかに行われるようになります。方法は簡単。

このコットンが見える隙間にリキッド付属のピペットを押し当て、リキッドを一滴乗せるだけ。

I-1600-26

こんな感じにリキッドを乗せておくと、自然と湿潤化していきますので、これを3回ほど繰り返せば十分です。これで、コイルの湿潤化も完了です!

実際に使ってみた感想を写真付きで!

さて、I-1600を使用する上でのアトマイザー、コイルの下準備が終わっところで、ここからは実際に使用してみた感想を写真付きで皆様にお伝えしていこうと思います!

下準備後の組み立ては、リキッドの充填と湿潤化が終わったアトマイザー、コイルをネジの要領でクルクルと取り付け、1つになったそれをバッテリーにこちらもクルクルと取り付けるだけ。この手順だけでVAPEを楽しめてしまうのはスターターキットのI-1600ならではですね!

フレーバーの質はGood!

組み立てが終わったところで早速使ってみましたが、まずはキャンペーンで無料でいただいたストリベリーカスタードから試してみることに。

I-1600-20

透明な液体なんですが、見た目に反してかなり強めのカスタード臭が。なんだか不思議な感じですね。吸い方もとても簡単です。まずは本体の電源ボタンを素早く5回押すことで電源がONになり、この状態でボタンを押すと、蒸気が発生しVAPEを楽しむことが可能になります。タバコとは違って、自分から強く吸い込む必要がないので、喫煙者の方は気をつけてください。さて、ストロベリーカスタードを実際に口に入れてみた感想は、ものすごく甘い!というものでしょうか。男性よりも女性におすすめできそう、そんなフレーバーです。

また、付属の3種類のリキッドであるスペアミントも試してみることに。筆者はタバコを吸っている時にメンソール系を吸っているので、やや趣が違いはしますが、クール、スッキリ系のスペアミントを試してみたかったんです。感想としては、すごく馴染みやすいフレーバー。デフォルトで付属してくる3種類のフレーバーだけあって、かなり完成度の高いフレーバーとなっている気がします。VAPEはタバコと違って様々な種類のフレーバーがあるのが魅力ではありますが、飽きが来ない自分だけのお気に入りを見つけることもすごく大切。このスペアミントフレーバーは自分の中でそのような位置付けになりそうです。

そしてI-1600自体の吸い心地ですが、スムーズに口の中に蒸気が入ってきてVAPEをしっかり楽しめているような印象を持つことができました。質があまり良くないものだと、リキッドが口元に滞留している感じや、味にムラがあったりするものですが、そういった感覚もない。全体的な質の高さはやはり折り紙つきであると感じることができました!

煙量にも満足!

そして、煙量についても見てみましょう。まずこちらが多量の煙を吐き出すいわゆる「爆煙」をあまり意識せずに、普通にI-1600を使用した際の煙の写真になります。

I-1600煙-1

個人的な感想としては、この吸い方ですと紙巻きタバコや加熱式タバコと同様の煙量かなといったところ。正直、もう少しマイルドというか、少ないかなと思っておりましたので、煙の量を重視したい方にはやはりおすすめできそう。そして、次に紹介するのがいわゆる爆煙を意識したものになります。

I-1600煙-2

ちょっとわかりにくくて申し訳ないんですが、1枚目の写真とは煙の量・密度共に全然違うということがお分かりになるでしょうか?家の中での撮影ということもあり自重した部分がありますので、本気を出せばもっと煙の量が出ると思います。したがって、VAPEパーティなどを見て、初心者だけど爆煙やってみたい!という方にもおすすめできる、そんなアイテムだと筆者は感じました。

以上より、I-1600は吸い口・煙量などのVAPEにとって大切な部分の質がとても高く、初心者の方であっても問題なくVAPEを楽しむことができるという結果に。また、販売元のJP vaporに関しても、発送の迅速さや安全性の徹底など、客観的に見ても安心して利用できるサイト・会社であるということがお分かりになられたと思います。

VAPEは何かと初心者にはハードルが高い部分がありますが、I-1600ならばVAPEの入り口として最適だと筆者は感じましたので、気になった方はチェックしてみて下さいね(^^)

JP vapor I-1600スターターキットはこんな人におすすめ!

I-1600を実際に購入したレビューをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?「購入しよう!」と即決できた方も、「どうだろう、、」と迷っている方も、「ないかな」と別のものを早速探そうとしている方もいらっしゃると思いますが、実際に購入して使ってみた筆者だからわかる、I-1600を自信を持っておすすめできるような方をここでは提案していこうと思います。

VAPE初心者だから右も左も分からない

まずはVAPE初心者で、右も左も分からないよ、、という方に間違いなくおすすめできます。VAPEって本当に奥が深くて、極めようと思えばほんとキリがないんですよね。また、VAPEにドップリはまっていたり、VAPEを実際に極めている方の書いた記事やサイトなどは、同じようにVAPEに精通している方ならば、「そうそう、わかるわぁ」みたいになるんですけど、初心者からすれば専門用語の羅列ばかりでわけわからなくなってしまう。

要するに、VAPEは初心者にとってかなり厳しい側面を持っているってことなんです。それだけ愛されているってことの裏返しとも言えますが。だからこそ、筆者はVAPE初心者の方でも手軽に本格的なVAPEを使用して欲しいとの思いから、今回I-1600をご紹介させていただいております。

I-1600はスターターキットということもあり、組み立てに関してはVAPEの中でも最高レベルで簡単。少し雑な言い方をすれば、何も知識がなくてもVAPEを楽しめてしまうという、そんな製品なんです。ですから、VAPE初心者で右も左も分からないような方でも問題なくVAPEの門をくぐることができる。筆者はそう考えております。

長くなりましたが、まとめるとI-1600ならVAPEに関して何も知らなくても余裕で楽しめてしまうよ!ってことになります!

初心者だけど本格的にVAPEを楽しみたい

初心者だからってショボいものは使いたくない!どうせやるなら本格的に!という本格派初心者の方にもI-1600はすごくおすすめできます。筆者も実はこのクチなので、初心者だからって手を抜きたくないというか、どうせお金を出すなら自分が納得できるものを購入して使いたいという思いがあるんですよね。

I-1600は初心者向けのスターターキットではありますが、それでも搭載しているパーツや性能に関しては全くもってショボいというわけではありません。爆煙だって問題なくできちゃいます!初心者とは言い換えればこれからVAPEを愛してくれるかもしれない方。そんな方々へ向けて、JP vaporは良質なものを提供したいと考えているはずです。確かな性能と安全性を備えていますので、「初心者だからといって妥協したくない」という方にはおすすめできる、そんな製品になります。

安全性にはトコトンこだわりたい

VAPEの安全性にはトコトンこだわりたいという思いを持っている方にもI-1600はおすすめできます。VAPEは今最もホットな電子タバコ、ガジェットといっても言い過ぎではありませんが、これは逆に言えば粗悪品が売れてしまう可能性が最も高いタイミングであることを意味します。さらに、VAPEは細かな法整備が整っておらず、ようやく政府が重い腰を上げたそんな状態。

つまり、現在のVAPE市場は有り体に言って「稼げる」市場なんです。質は置いといてとりあえず売る。そんな雰囲気が少なからず漂っている気がします、あくまで個人的な見解ですが。そうなると、ユーザー側としては思わぬリスクをつかまされてしまう可能性もあるんです。

だからこそ、VAPEを購入する際には安全性に最もプライオリティを置いて欲しい。こんな思いを筆者は持っています。その点、こちらのI-1600は冒頭でもお伝えした通り、販売しているJP vaporが本場カリフォルニアに自社工場を持っている点や、成分分析・発がん性物質の検査をパスしている点などを鑑みても、安心して使用することができるでしょう。

価格としては確かに安いとは言えませんが、その分の質と安全性は間違いなし。そう考えると、安全性にこだわりたいと感じている方にもおすすめできると筆者は考えます。

信頼できるショップから購入したい

これは安全性という部分とややかぶるかもしれませんが、信頼できるショップから購入したいと考えている方にもI-1600はおすすめ。ネットショッピングということもあって、やはりショップ自体の信頼性というのも決して無視してはいけない要素になりますよね?

その点、この記事では実際にショップのJP vaporから実際に筆者は注文していますし、発送も非常に丁寧。Amazonのプライム会員なんじゃないかってレベルの迅速さでもありました。詐欺などの危険性も0といっても差し支えないでしょう。ネットショッピングではショップに最もこだわりたい。こう考えている方にもとてもおすすめできますよ(^^)

JP vapor I-1600スターターキットに関するよくある質問

さて、最後にI-1600に関するよくある質問についてお答えしておこうと思います。購入する際にきになることがありましたら、参考にしてみてくださいね!

本当に届いたらすぐ使えるの?

はい、すぐに使えます。I-1600スターターキットはリキッドまで全てセットになったVAPEのスターターキットとなっているため、付属のセット以外に追加で購入しなければいけないものはありません。

組み立てるのが難しそうだけど・・

I-1600はスターターキットとは言え、VAPE製品として必要最低限な組み立てがあるのは事実です。しかし、付属の説明書に加え、本記事で説明した手順を踏めば簡単に組み立てられますので、ご安心ください。詳しくは、JP vapor I-1600を実際に購入して使ってみました!の章をご参照いただければ幸いです。

健康被害は大丈夫?

JP vaporは公式サイトにある通りリキッドのレシピを調合師が厳選したり、成分分析・発がん性物質検査の徹底など、可能な限り安全への取り組みを行なっていると評価できます。したがって、他のVAPEと比べても、かなり安心して使用することができるでしょう。

出典:成分分析、発がん性物質検査 – JP vapor公式サイト

一方で、VAPEの歴史はまだ浅く、検査結果などで問題がないこと=安全していいのかは議論があります。このことを踏まえて、VAPEを楽しむようにすることが大切です。

タバコの代わりとして代用できる?

個人の差こそありますが、タバコの代わりとしてI-1600だけを使用することはあまりおすすめできません。I-1600だけではなく、日本のVAPEは全てニコチンフリーとなっていて、普段タバコからニコチンを日常的に摂取している状態からニコチンフリーのVAPEにそのまま変えることは、あまり現実的ではないでしょう。

はじめはタバコとの併用を行い、慣れてきたら徐々にI-1600の使用頻度を高めるなどすれば、代わりとして代用可能になるかもしれません。

まとめ

JP vaporのVAPEスターターキットであるI-1600についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?これといった欠点が見つからず、初心者の方に最適なVAPEであることがお伝えできたかなと思います。VAPEはこれからどんどん熱が高まっていくガジェットであると思いますので、ぜひご自分が後悔なさらないような製品に巡り合っていただけたらと思います。

この記事が皆様の充実したVAPE選びにつながれば幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yusei

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。執筆を担当した友星です!私が「Mens STAR」にてモットーとしているのは、ズバリ「皆さんのお役に立てるような記事を書き続けること」になりますが、いかがでしたでしょうか?この記事を読んだ皆さまの生活が、ほんの少しでも豊かになればとても嬉しいです。記事の感想・質問・ご意見などあれば遠慮なくコメントしてください。友星自ら可能な限り対応させて頂きますので、よろしくお願いします!