電子タバコの安全性と安心して使えるおすすめVAPEを徹底解説!

電子タバコの安全性と安心して使えるおすすめVAPEを徹底解説!

電子タバコって安全なの?」電子タバコ(VAPE)を始めてみようとする上で、こういった素朴な疑問は誰しもが持っているでしょう。なにしろ紙巻きタバコが身体に悪いと言われまくっていますから、禁煙を目指してその代用品とも言える電子タバコの安全性が気になってしまうのも無理ありません。

一方で、気になって電子タバコの安全性についてネットで検索してみても、「タールが入っていないから安全!」と言っているサイトもあれば、「発がん性物質のホルムアルデヒドが検出されたから危険!」と主張しているサイトもあって、健康被害について正直よくわからないというのがユーザーのホンネだと思います。

そこでこの記事では、安全!危険!というようなどちらかに極端に寄るような方向性ではなく、あくまで客観性を持った中立の立場で電子タバコの安全性について解説していきます。

目次

紙巻きタバコから電子タバコに乗り換える人が急増中!

昨今、増税・嫌煙・健康といった社会的な流れから、紙巻きタバコの勢いはすっかり消えてしまい、代わりに加熱式タバコや電子タバコの人気に火がついています。

増税と健康ブームから電子タバコに火がついた

公園の灰皿

その中でも、VAPEを始めとした電子タバコは喫煙者からの乗り換え先にぴったりです。日本の電子タバコにはニコチンが含まれていませんから税金の対象にはなりませんし、燃やしていないためタールの心配もいらず、受動喫煙の恐れもタバコに比べたら気になりません!これだけの魅力が揃っていれば、元喫煙者からすれば乗り換えを検討せざるを得ないです。タバコ代ハンパないですからね。筆者も喫煙者なのでお気持ちわかります。

一方で、元喫煙者だけでなく「初めての煙が電子タバコ」といった感じに、若者にも人気があるガジェットです。そもそも電子タバコは海外から広まってきたもので、流行りに敏感な若い世代にも馴染みやすい土壌が整っていました。したがって、電子タバコは年齢を問わず幅広いユーザーに世界中で愛されている製品なのです。

電子タバコ=安全って本当なの?

ですが、電子タバコにはこれだけの勢いがあるにも関わらず、安全性という点で白黒ついていないという大きな問題があることも見逃せません。電子タバコは新しい世代のモノですから、健康に関するデータが出てくるまでには時間を要します。

確かに、タバコ葉を使わずに、しかも燃やさないという部分だけ聞けば身体には良さそうですが、直接体内へと吸引するものを「良さそう」という根拠だけで使用して良いかは別の話として捉える必要があるでしょう。

そこで次の章からは、電子タバコの安全性を徹底的にリサーチしてみた結果をお伝えいたしますので、電子タバコを購入したり使用したりする際の参考にしていただければ幸いです。

電子タバコの安全性を徹底リサーチ!

では早速、電子タバコの安全性を徹底的にリサーチしてみた結果を、質問形式でご紹介していきますね!

  • ニコチン・タールは含まれているの?
  • 論文で発がん性のあるホルムアルデヒドがタバコの5倍検出されたってホント?
  • VAPE本体やリキッドの成分に危険性はないの?
  • 紙巻きタバコと比べてどっちの方が安全なの?

以上4点の質問に回答しているので、順番に見ていきましょう。

ニコチン・タールは含まれているの?

灰皿

まず基本的な情報ですが、「ニコチン・タールが含まれているの?」という質問です。

紙巻きタバコの場合は両者が絶対的な悪者のように扱われているため、どうしても電子タバコにも含まれているのかどうかについてを気になる方が多いみたいですね。

A:両者とも含まれていません

結論から言わせていただくと、電子タバコにはニコチン・タールともに含まれていません。それぞれについて個別に解説させていただきます。

ニコチンは法律上NG

まずニコチンからですが、こちらは法律上含まれていてはNGな化学成分だと言えます。日本ではニコチンは「薬事法」という法律により規制がされているため、ニコチンを含むたばこを販売するならば「たばこ小売販売業許可」を取得し、国から認可を受ける必要があるのです。

したがって、電子タバコにはニコチンが含まれないためにネットや専門店で容易に入手することが可能。一方で、アメリカなど他国ではニコチン入りのリキッドを使用することは合法化されている場合があるため、海外産のニコチンが含まれているリキッドが日本にて流通している場合があります。

厚生労働省の調査により、ニコチンを含むことがわかっているリキッドがリスト化されているので、詳しくは「ニコチンが含まれる電子タバコがあります。」こちらを参照してください。

なお、ニコチン入りの電子タバコのリキッドは、個人輸入による個人の使用の範囲では合法になるとも覚えておきましょう。

タールは燃やさないため含まれていない

ニコチンと同様にタールに関しても電子タバコに含まれていない成分であることがわかっています。タールは有機物を燃焼させた時に発生する化学物質であるため、液体を加熱して気化させる電子タバコにはそもそも発生し得ないのです。

タールには無数の発がん性物質が含まれているため、タールが含まれないという電子タバコの特徴は、紙巻きタバコと比較した際のハッキリとしたメリットであると言えるでしょう。

論文で発がん性のあるホルムアルデヒドがタバコの5倍検出されたってホント?

続いてよくある質問が、「論文で発がん性のあるホルムアルデヒドがタバコの5倍検出されたってホント?」といったもの。ホルムアルデヒドは世界保健機関WHOの下部組織に当たる「国際がん研究機関」から発がん性があると結論づけられている化学成分なので、こちらが含まれているとなると結構ヤバイです。

では、論文にてホルムアルデヒドがタバコの5倍検出されたとの真偽はどうなんでしょうか?

A:後に誤りであることがわかりました

そもそも「ホルムアルデヒドがタバコの5倍検出された」との主張が専門家からあったのは、イギリスの学術誌である「The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE」に掲載された「Hidden Formaldehyde in E-Cigarette Aerosols」という論文です。以下の写真がその論文になります。

VAPE安全性論文

出典:Hidden Formaldehyde in E-Cigarette Aerosols – The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

これを和訳すると電子タバコの蒸気に隠されているホルムアルデヒドといった意味合いになるため、この論文が科学者によりリリースされた当初は電子タバコ界隈に大きな衝撃を与えました。

しかし、この論文が世に出た後、世界中の研究者がこの研究結果に異議を唱えることに。その結果、実験条件や科学的根拠に不適切な部分があったことがわかり、結果的にこの主張は誤りであることがわかったのです。

また、信頼の置ける電子タバコのリキッドメーカーは、ホルムアルデヒドの有無を調べる検査を行っていたり、中には国際的な安全性を担保するISO規格を取得しているケースもあります。したがって、正しい使い方ならばホルムアルデヒドに関してはそこまで危惧する必要はないというのが現時点での結論と言えるでしょう。

VAPE本体やリキッドの成分に危険性はないの?

タバコの煙

今までの項目とややかぶる部分がありますが、「VAPE本体やリキッドの成分に危険性はないの?」といった質問も比較的多く見受けられます。

体内に直接摂取するリキッドに加えて、リキッドを熱する本体の安全性は誰しもが気になる部分なので、これに関しても徹底調査してみました。

A:純日本製・日本メーカー製のものならば問題ない可能性が高いです

結論から言うと、純日本製・日本メーカー製のものならば問題ない可能性が高いということになります。こちらは、本体とリキッドの2つに分けて解説していきます。

本体は日本メーカーのものを

まず電子タバコの本体ですが、電子タバコの本体は中国での生産が最もメジャーです。これは単に製造コストがかからないということもありますし、歴史が浅い電子タバコの流れにいち早く乗ったのが中国だったことも影響しています。

したがって、日本のメーカーが販売している電子タバコのほとんどは中国により製造されたものなので、これをまず覚えておきましょう。「中国って大丈夫なの?」と不安になられるお気持ちも理解できますが、中国の中にも高い安全性の基で電子タバコを製造しているメーカーは結構な数存在しています。

そして、日本のメーカーは信頼の置ける中国の製造会社とタッグを組んでいますから、日本メーカーが販売している電子タバコならば安全に使用できると見て間違いないでしょう。

一方で、海外から輸入したものを直接販売しているサイトやお店などもありますが、より高い安全性を求めるならば、やはり日本のメーカーが販売しているものを直接購入した方が良いと言えます。後ほど日本メーカーが販売するおすすめの電子タバコをご紹介しますので、興味がある方はチェックしてみてください。

リキッドは純・日本製!

本体とは異なり、リキッドに関しては正真正銘日本国内で製造されたものが存在しておりますので、そちらを購入すれば安心して電子タバコを使用することができます。

ただ、ネックなのが電子タバコに関する法律が現状では不十分であるという点ですね。直接体内に入る食品は法律の基準に合わせて製造することが一般的なのですが、リキッドではその法律がほとんど機能していないので、各メーカーが独自の基準にて製造せざるを得ない状況なのです。

それでも、国内メーカーは高い安全性を証明するために食品並みの検査を行っていることがほとんどなので、リキッドを購入するなら純・国産のものを選ぶようにしましょう。後ほど本体と合わせておすすめの純・国産のものをご紹介いたします!

紙巻きタバコと比べてどっちの方が安全なの?

喫煙者の男性

最後に単純な疑問として「紙巻きタバコと比べてどっちの方が安全なの?」という質問を取り上げてみました。

A:科学的にどちらの方が安全か決着はついていません

結論から言って、科学的にどちらの方が安全なのかについての決着は未だついていません。確かに、電子タバコは紙巻きタバコと比較して「燃やさない」といった特徴から、かなりの量の有害物質を減少させることに成功しています。

しかし、それはあくまで紙巻きタバコと比較した時の有害物質であって、電子タバコ特有の有害物質が存在していない可能性は否定できないのです。リキッドに用いている溶媒も一般的な食品に用いられるものなので、「大丈夫そうかな?」とも筆者は感じているというのがホンネなのですが、科学的な決着という意味では結論づけられるような状況ではありません。

また、人体へ与える影響を科学的に調査するためにはある程度の時間が必要ですが、電子タバコが普及してから数年程度しか経っていない現状では、人体への与える影響を調査しようがない点も忘れてはいけませんね。したがって、巷に溢れる「電子タバコの方が安全!」といった売り文句を鵜呑みにするのはおすすめしません。

電子タバコは正しく使うことでリスクを減らせる

タバコを吸う人

電子タバコの安全性について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?安全に感じるかどうかは人それぞれだと思いますが、少なくとも正しく使用することができればより少ないリスクで電子タバコを楽しむことが可能です。

そこでこの章では、電子タバコを正しく安全に使用する上でのポイントを中心に解説していきます。

安全とは言い切れない=自己責任の世界

本来筆者は電子タバコをおすすめしたい立場に立つ人間なのですが、都合の良い事実だけを並べて「安全だからおすすめですよ」とは言いたくありません。電子タバコには体内に摂取するという特殊な部分があるので、無責任に勧めることは絶対にすべきではないと考えているからです。

また、先ほど安全性について解説したように、現時点では電子タバコが安全であると言い切ることはできません。それゆえ、使用する上ではある程度自分で責任を負う必要があると言えます。

自己責任だからこそ正しく使用してリスクを減らそう

自分で責任を負うと聞いてちょっと怖く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも電子タバコのような嗜好品には相応のリスクが付き物です。例えば、趣味でスポーツをしている方の場合、ケガをしてしまった際に「このスポーツが悪い」と言う人はいませんよね?

これと同じように、電子タバコを使用する上でも同じようなスタンスに立つ必要があるのです。スポーツ前に準備運動をしてケガのリスクを減らすように、電子タバコを正しく使用することでそれに付随するリスクを減らそうとすることは非常に大切ですよ!

電子タバコをできるだけ安全に使用するためのポイント

では、電子タバコを正しく使用するためにはどうすれば良いのでしょうか?ここからは、普段から電子タバコを嗜んでいる筆者が考える、安全に使用するためのいくつかのポイントをご紹介していこうと思います。

ポイント1:本体は日本メーカーのものを使う

上述したように、電子タバコのほとんどは中国により生産されていて、中には粗悪品も当然あることを想定しなければなりません。それゆえ、できる限り信頼の置けるメーカーから本体を手に入れることがとても重要になってきます。

ある程度電子タバコを知っている人ならば、各メーカーごとの特徴も把握しているため日本のメーカーにこだわる必要はありませんが、電子タバコ初心者の方が最も手軽に安全な電子タバコを手に入れたいなら日本メーカーが販売しているものを選ぶべきです。

現在は日本メーカーが販売している電子タバコはかなり増えてきましたので、選択肢も以前より豊富にあります。初めての購入ですと迷ってしまう場合もあると思いますから、そういった場合は選び方の基準をこちらの記事で確認してみてください!

初めてのVAPEの正しい選び方を解説!おすすめの製品も紹介するよ!

2018.01.17

ポイント2:成分検査済みのリキッドかどうかをチェックする

次にあげられる安全な電子タバコ選びのポイントが、成分検査をパスしているリキッドかどうかをチェックするということです。電子タバコにはまだ関連する法律が出揃っていませんから、各メーカーが安全であることを主張するには相応の根拠が必要になります。

よって、単に「電子タバコは安全です!」と主張しているだけでなく、具体的なデータ(検査結果など)を伴っているかについてを必ず確認しましょう。

成分検査結果の例
JP vapor成分検査ページ

出典:成分分析・発がん性物質検査 – JP vapor公式サイト

成分検査結果の例として、日本のVAPE(電子タバコ)メーカーである「JP vapor」の公式サイトを見てみましょう。JP vaporは質の高い電子タバコのスターターセットを扱っている日本メーカーなのですが、上記写真のような「成分分析・発がん性物質検査」を行なった結果を示すページを用意しているのです。

検査結果は転載が禁止されているのでここでは掲示できませんが、先ほど扱った発がん性物質である「ホルムアルデヒド」が未検出であったとのデータが示されています。気になる方はリンクから飛んでみてください。

このように、客観的なデータを掲示した上で「安全性が高い」としている日本のメーカーからリキッドを購入することで、無用なリスクを極限まで下げることができます。

ポイント3:口コミを必ず確認する

電子タバコを購入する前に口コミを確認しておくことも、安全に使用するためには必要なことです。売る側であるメーカー側は、様々な根拠をもとに安全性を主張しますが、やはり最も大切なのは実際に使用してみてどうなのかということ。これを確認するためにも、口コミに目を通しておくことが重要になります。

また、口コミを確認する上で大切なことは、悪い口コミに注目するということです。現在の電子タバコ市場はかなり勢いを見せているので、様々な企業や個人が一儲けしようと企んでいます。それゆえ、良い口コミだけを掲示して「買わせる」ことだけしか考えていない場合が多いのです。

こういったことを防ぐには、良い口コミとセットで悪い口コミについても確認することが最も効果的。良い・悪いをバランスよくチェックして、自分にとってぴったりな電子タバコを見つけてみましょう。

ポイント4:初心者にはスターターセットがおすすめ!

電子タバコを安全に使用する上での最後のポイントが、初心者の方はスターターセットを使用すべきという点になります。

電子タバコはかなり奥が深い製品なため、熟練者になると抵抗値といった数値的なものも含めて、全ての本体の設定を自分で行うようになることが一般的。これはVAPEを知り尽くしているからこそできる芸当なのですが、初心者の方が訳も分からずにむやみに設定してしまうと、色んなトラブルへとつながります。

こうしたことを防ぐためにも、初心者の方は細かな設定なしで使えるスターターセットを選ぶことで、無用なリスクを減らしましょう。もちろん、日本メーカーのスターターセットが最もおすすめ。次の章では、信頼できる日本メーカーから販売されている初心者におすすめの電子タバコをご紹介していくので、興味がある方は参考にして頂ければと思います(^^)

安全に使えるおすすめの電子タバコはコレ!

今回ご紹介する日本製の電子タバコのスターターセットは、

  • JP vapor I-1600
  • スムースビップx2
  • VP MAGIC

の3つになります。どれも実際に筆者が使用した上でおすすめしているものなので、参考にしたいただければ嬉しいです!それぞれに異なった特徴が備わっていますので、気に入ったものが見つかると思いますよ(^^)

JP vapor I-1600

I-1600-18

まずは先ほどもご紹介したJP vaporというメーカーのスターターセット「I-1600」から見ていきましょう!

スターターセットながら高品質!

メーカー JP vapor
価格 5812円
特徴 高い品質と安全性が魅力。ブラック・ホワイト・シルバーの3色から選べるのもGood!

I-1600は写真からもわかるように、シンプルながら安っぽさを感じさせないフォルムをしています。電子タバコを語る上で重要な煙の量も、

I-1600煙-2

この程度は軽く出てしまうほどで、手のひらに収まるサイズながらいわゆる爆煙にも対応してくれる点が良いですね!バッテリーのパワーに関しては申し分ない。加えて、I-1600にセットでついてくる付属品には、

  • I-1600本体
  • お試しリキッド3種類
  • 日本語説明書
  • 交換用コイル
  • エアフローコントロールリング
  • 充電用USBケーブル
  • 特製巾着袋

以上7点があり、どれも安全にVAPEを楽しむ上で欠かせないものになります。特に日本語の説明書がついてくる点が嬉しい。

I-1600-15

普通のVAPEには英語で書かれたマニュアルしかついてこないため、これは日本のメーカーだからこそのメリットですね!これさえあればわからないことがあっても何とかなりますし、危険な使い方もしなくて済みます。

I-1600の筆者による詳細なレビューはこちらになりますので、あわせてご覧ください。

VAPE初心者にはコレ!大好評のI-1600をどこよりも詳しく徹底レビュー!

2017.12.26

VAPEの本場カリフォルニアに自社工場を完備

I-1600-20

そして肝心の安全性ですが、JP vaporはVAPE発祥の地と名高いアメリカのカリフォルニアの自社工場にて、リキッドを製造しています。電子タバコの本場ということで、様々なノウハウが蓄積している中でリキッドが製造されていて、リキッド専門の調合師がレシピを作って高い品質を追求しているとのことです。

もちろん、先ほども言ったように成分検査が実施されているので、日本における客観的な安全性もしっかり保たれていると言えます。

以上のように、I-1600は本体・リキッド共に高い品質と安全性を持っているという点で、初心者の方にもおすすめできる電子タバコですよ!

スムースビップx2

スムースビップ写真9

次にご紹介するのが「スムースビップx2」という電子タバコ!こちらの魅力はずばりコスパ!詳しい情報を見ていきましょう。

コスパと安全性を両立した日本製VAPE

メーカー ライテック
価格 2950円
特徴 ライター一筋で作ってきたライテックの自信作!3000円を切る価格が一番の魅力!

最初にご紹介したI-1600は高い品質という点では素晴らしいですが、価格が約6000円もするということで、最初に購入する電子タバコとしてはちょっと高いと感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。一方、こちらのスムースビップx2は約半額の2950円にてスターターセット一式が手に入れられるという点がとても魅力的。

もちろん、安かろう悪かろうではありません。メーカーであるライテックは紙巻きタバコ用のライターを古くから作ってきた会社で、その長年の技術を応用してスムースビップを開発するに至りました。したがって、電子タバコを楽しむ上で必要な機能は、このスリムな形状の中に全て詰まっています。もちろん、日本語マニュアルもしっかりとついてきます。

スムースビップ写真16

また、製品のプロモーションにクレイジーケンバンドを起用している点も好感が持てますね!

スムースビップサイト写真4

これだけの大物を起用できるのは、それだけの信頼をメーカーであるライテックが蓄積してきたからだと言えますので、こういった点からもスムースビップはおすすめできる日本製電子タバコになります。

スムースビップの筆者によるより詳細な実機レビューはこちらになります!

スムースビップx2はコスパ最強の国産VAPE?実際に購入して徹底レビュー!

2018.01.25

リキッドはISO取得のDURA SMOKE製

スムースビップ写真15

そして、気になるのがスムースビップの安全性ですが、リキッドにはアメリカのリキッドメーカーである「DURA SMOKE」のものを使用しています。DURA SMOKEは電子タバコ業界の中では最大規模のメーカーで、業界において世界で初めて国際的な安全規格である「ISO」を取得したという実績があります。

ISOの認可をもらったということは、国際的に見て一貫した安全性を有しているということの裏返しなので、安全性という点では文句のつけようがありません。

ちょっと安っぽい点が気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、タバコから乗り換えると相当な節約にもなりますし、安全性という点でも大きな問題はありません。入門編としては間違いなく優秀なスムースビップx2を試してみてはいかがでしょうか?

VP MAGIC

VP MAGIC本体1

3つ目にご紹介する電子タバコがVP MAGICです。最初のI-1600は価格と品質の安定感を、スムースビップx2は圧倒的なコスパをウリにご紹介しましたが、こちらのVP MAGICの最大の特徴は高級感になります。詳しい情報を見ていきましょう。

他にはない高級感のあるスターターセット

VP MAGIC公式サイト写真6
メーカー VP Japan
価格 10584円
特徴 初心者だけど高級志向な方へおすすめ。純・日本製のリキッドも魅力の1つで、リキッドを充填するパーツである「アトマイザー」が合成樹脂製のため割れる心配がない点も安全。

写真を見ていただければわかりますが、今までの製品とは異なる高級感が出ていることがわかるかなと思います。実際電子タバコ大好きな筆者は、ワインレッドカラーに目を惹かれて思わず購入してしまいました(笑)。なかなかこういう派手な色合いのVAPEってないので、新鮮味があって使ってて気分がいいです。

VP MAGICマニュアル3

そして、付属品の日本語マニュアルは、群を抜いてわかりやすく記述されている点が評価できました。筆者なんかはもう慣れているので問題ないのですが、せっかく日本語のマニュアルがついているのに、専門用語がたくさんあったり図がいかにも手抜き感が満載だったりすることが結構あるんですよね。ですが、こちらのマニュアルは今まで見た日本語の説明書の中で一番の出来で、これなら初心者の方でも問題なく使用できると思っておすすめしています。

VP MAGICを筆者が実際に使用した詳細なレビューはこちらから!

高品質と口コミで人気のVP MAGICは実際どうなの?実際に購入してみました!

2018.01.25

純・日本産の国産リキッド

VP MAGIC公式サイト写真1

そして、VP MAGICの安全性ですが、国内製造の正真正銘の国産リキッドを使用しているということで、安全性はめちゃめちゃ評価できますね!もちろん、海外のアメリカや中国で製造されたものでも安全性の高いものはありますが、やはり日本人たるもの「Made in Japan」にはこだわりたいですよね?

そんな方におすすめできるのがVP MAGICなので、やや値段が高いのがネックですが気になった方は候補に入れてみるのもアリかもしれませんね(^^)

番外編:Ploom TECH

プルテク本体を手に

電子タバコという枠から少し外れてしまうのですが、日本たばこ産業から販売されている「Ploom TECH」という製品も安全に使用できるものとしてあげられます。

Ploom TECHはジャンルとしてはiQOSやgloと同じ加熱式タバコに分類されるもので、ニコチンが含まれている立派なタバコです。ですが、iQOSやgloがタバコ葉を直接加熱するのに対し、Ploom TECHは電子タバコのように溶媒を熱してタバコ葉から成分を抽出します。

したがって、吸い口としては「ニコチンが入っている電子タバコ」みたいな感じで、「ニコチンが一切含まれていないのは嫌だけど、紙巻きタバコはもうやめたい」という方にとてもおすすめできますよ!電子タバコと同じような仕組みで動いているため、匂いも0といっても差し支えないレベルです。iQOSやgloとは比べ物にならないくらいニオイがしません。

詳しくはこちらの記事にて解説していますので、気になる方はあわせてチェックしてみてください!

加熱式タバコ「Ploom TECH」って実際どうなの?1ヶ月使ったレビューをiQOS・gloと比較してご紹介!

2017.12.12

まとめ

電子タバコは安全・危険という2つで語られがちですが、実はまだ全く科学的根拠が出揃っていないものなので、世に出回るデマに乗せられないことが大切です。今回ご紹介したように、正しい方法で安全性の高い電子タバコを使用することで、よりリスクを減らした状態で電子タバコを楽しむことができます。

最近になって街中で見かける機会も多くなってきましたから、飲食店などでタバコはダメだけど電子タバコはOKとする店舗が出てくるかもしれません。

この記事が皆さまのスモーカーライフのお役にたてれば幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yusei

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。執筆を担当した友星です!私が「Mens STAR」にてモットーとしているのは、ズバリ「皆さんのお役に立てるような記事を書き続けること」になりますが、いかがでしたでしょうか?この記事を読んだ皆さまの生活が、ほんの少しでも豊かになればとても嬉しいです。記事の感想・質問・ご意見などあれば遠慮なくコメントしてください。友星自ら可能な限り対応させて頂きますので、よろしくお願いします!