SIXPAD(シックスパッド)の口コミや評判はホント?実際に購入して徹底レビューしてみました!

SIXPAD(シックスパッド)の口コミや評判はホント?実際に購入して徹底レビューしてみました!

「運動せずに腹筋割りたい」

こんな身も蓋もなさそうな願望を抱いている方は、決して筆者だけではないはずです。願うことなら、クリロナまではいかなくても、他人から一目置かれるような引き締まったボディになりたいですよね?ですが、現実は厳しく、腹筋を割りたいなら

  • 激しい運動
  • 食事制限
  • 徹底した自己管理

といったような、ツラーいトレーニングを行う必要があり、結局何もしないまま時間だけが過ぎてしまうのがお決まりのパターンだと思います。しかし、時代の進歩に連れてEMSパッドという「自宅で出来る楽チントレーニング機器」が考案され、その中でも「SIXPAD」は圧倒的な支持を得ている製品なのです。皆さんもきっと、色々な口コミやクリロナのCMを見て、興味を持ったのではないでしょうか?

そこでこの記事では、SIXPADが気になる方に向けて、詳細な製品情報のご紹介や口コミに加え、筆者が実際に継続して使用し続けた体験レビューをお届けしていきます!どこよりも詳しい記事にできるように頑張るので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

目次

SIXPADの基本情報

さて、ではまずSIXPADの価格や人気の理由、安全性といった基本的な製品情報から確認していきましょう。

価格・製品ラインナップ・購入情報

まずは価格や製品ラインナップ、購入情報からチェックしていきます。SIXPADについてリサーチしてみると、様々な製品が存在していることがわかったので、以下の表にまとめてみました!なお、表中の価格は全て税込表示となっています。

部位 価格
Abs Fit 2 お腹 27,864円
Body Fit 2 全身 21,384円
Arm Belt 24,624円
Leg Belt 太もも 29,700円
Abs Belt お腹周り S/M/L:42,984円
LL/3L:46,440円

筆者は購入前はてっきり腹筋用のものしかないのかなーとか思っていましたが、調べてみると以上5種類の製品が存在していたから驚きです。Abs Beltに関してはサイズによる違いまで存在していて、意外にもきめ細やかな部分まで配慮しているんだなーと感心しました。

それぞれの製品の詳細については後述しますが、自分の気になる部位をピンポイントでケアできるのはとてもいいですよね!

遊星吹き出し
Yusei

正直「全部欲しい」です(笑)最も売れているのはやはり腹筋用の「Abs Fit 2」みたいですね!

SIXPADが筋トレパッドで選ばれ続けている3つの理由

SIXPADの価格やラインナップについては以上になりますが、正直言って「高い」ですよね・・(笑)筆者も「Abs Fit 2」を購入する際はめちゃめちゃ悩んだ挙句買ってしまったんですが、尻込みしてしまう皆さんのお気持ちは十分理解できます。

ですが、色々な情報を調べたり、自分で使用していくうちに、SIXPADが筋トレパッドの中でも選ばれ続けている理由がわかったような気がするんですよね。なのでここではそれについて紹介させていただきます!

1.科学的に裏付けのあるEMS理論で結果にこだわる

SIXPADについて色々と調べていて最も魅力的に感じたのが、効果に対して「科学的な裏付け」をしっかりと取っているということでした。筆者は理系の人間なので、効果があるメカニズムとか、そういった理屈っぽいことを知りたい、かなりめんどくさい人間なんですよ(自虐)。

他の筋トレパッド製品は、「とりあえずマネしてみました」みたいな安い廉価版のようなものが多いですが、SIXPADほど科学的な部分にまで踏み込んだものはないんじゃないかなーって思います。その理由について解説させていただきますね!

日本の運動医学の権威と提携
SIXPAD公式サイトの研究者との提携

引用:TRAINING GEAR SIXPAD – SIXPAD公式サイト

まず驚いたのが、日本国内の研究者と提携して製品開発を進めたという事実です。筆者がこの情報を知った時は、

遊星吹き出し
Yusei

え!?国内科学者ってことは、SIXPADって日本企業の製品なの?

と思いましたが、SIXPADを販売している「株式会社 MTG」は名古屋に居を構える立派な国内企業だったんですよ。世界的な超スーパースター「クリスティアーノ・ロナウド」とタッグを組んでいたので、てっきりヨーロッパ系の企業かなーとか思ってましたが、国内ってことでかなりのプラス評価ですね。

そして、提携した研究者は京都大学の運動医科学の世界的権威「森谷敏夫」さんで、実際に公表したSIXPADに関する研究論文も世界的にかなり注目を集めているようです。実際問題、なんの根拠もなく「効果がありますよー」って言うのと、最高学府である大学の研究者が「効果がありますよー」って証拠を揃えて言うのとでは、信頼性に天と地ほどの差があるので、SIXPADのこういった点は間違いなくユーザーにとってプラスに働きます。

遊星吹き出し
Yusei

森谷さんの研究結果は、単に体を動かすよりも「電気刺激(EMS)による運動」の方が高いトレーニング効果を得られるといった内容です。今までは「EMSは運動の代わり」と捉えられてきましたが、森谷さんはEMSの方がトレーニング効率が高いことを証明したというわけですね!

有名アスリートの使用実績
SIXPAD公式サイトのクリロナ

また、SIXPADは「体が資本」であるトップアスリート達による使用実績があるという点も、忘れてはいけないポイントです。現在のスポーツ界は情報の価値が極めて高まり、より高いトレーニング効率を得られる方法を積極的に取り入れていますが、SIXPADの科学的裏付けを踏まえて、各競技のトップ・オブ・トップが使用をしています。例を挙げると、

長友佑都 サッカー日本代表
牧野智昭 サッカー日本代表
石川祐希 バレーボール日本代表
三浦雄一郎 冒険家

以上の方々です。また、石川祐希選手が所属していた中央大学のバレーボールチームはチーム単位でSIXPADを取り入れた実績があり、各競技の様々な方々から認知されていることがわかります。

このように、SIXPADは我々のような「割れた腹筋」を目指したい人間から、体を動かすプロ達まで幅広く使用されているという点で、豊富にある筋トレパッドの中から最も選ばれているのです。

2.誰でも継続できる工夫が盛りだくさん

SIXPADが選ばれている理由の2つめとして、「継続しやすい工夫」が豊富にされているという点があげられます。SIXPADだけではなく、体を鍛えたり変えるためのトレーニングは、何よりも「継続」が重要。どれだけ高い効果を持っている機械や、トレーニング効率が良い運動方法でも、日々の生活で継続できなければなんの意味もありませんからね。

そして、筆者のような高みを目指し続けるようなアスリートではないような人間にとって、トレーニングを継続することは何よりも難しいことです。だってキツかったら続かないですし・・

だからこそ、継続するための工夫がたくさんあるSIXPADは、筆者から見てすごく魅力的に映ったんですよね!では、いったいどのような工夫がされているのでしょうか?

1日あたり「23分」を作り出すだけ

筆者がSIXPADでトレーニングを継続する上で、最も魅力的に感じた点は「1日あたり23分」の時間を取るだけで良いというお手軽さ。毎日1時間のランニングとか、1日100回の腹筋とか、そういうのは文字だけで無理だとわかりますが、23分体にパッドをつけているだけなら「なんとかなりそうだなー」って思ったんですよね。

しかも、トレーニング中は多少の制限はあるものの自由に動けるので、

  • 仕事をしながら
  • テレビやスマホを見ながら
  • 読書をしながら

といった「ながらトレーニング」ができてしまうのも非常にありがたい。スマホでYoutube見てたら23分とかあっという間だと思いましたし、「これなら自分でも続けられるな」って思う人はかなり多いのではないでしょうか?

公式アプリとの連動
SIXPAD公式サイトのアプリ紹介

「1日23分」の時間を取るだけでいいという点を継続できる理由の1つとしてお伝えしましたが、「それなら他の筋トレパッドも大差なくない?」と思われた方もいらっしゃると思います。確かにそれはその通りで、他の筋トレパッドもだいたいそれくらいのトレーニング時間ですしね。

しかし、SIXPADが継続するための工夫として用意した「公式アプリとの連動」は、他の筋トレパッドでは真似できないSIXPADだけの魅力ということに間違いありません。細々とした説明はわかりにくいので、SIXPADの公式アプリでできることを箇条書きにしてまとめてみましたので、ご確認ください。

  • SIXPAD本体の操作
  • 装着した全てのデバイスの管理
  • トレーニングの残り時間やモードを「見える化」
  • トレーニング毎に手に入るポイントでモチベーションup
  • 専門家からのワンポイントアドバイス
  • カレンダーで日々のトレーニングや体重を一元管理
  • 消耗品であるジェルパッドなどを購入できる

筆者が公式アプリを使用していて感じる「継続するための利点」は以上になります。本体の操作をスマホから全てできるのは非常に楽ですし、なんか近未来的でカッコいい。もちろん、トレーニング中のトレーニング強度をあげることも、スマホからできます。

また、カレンダーで毎日トレーニングしたことが形として残ってくれるので、ちょっとした自己満足に浸れるのも結構大きなポイントです。カレンダーに日々の体重を入力することで、シェイプアップだけでなく単純な健康管理としても有用。SIXPADアプリを使ってからは、自分の体に対する意識が変わった気がしますし、「筋トレ」以上のものをもたらしてくれているような気がしますね。

このような感じで、公式のアプリがあることにより、トレーニングに対するモチベーションがアップしたり、自分の努力が見えるようになるので、「明日もがんばろ」って思えるのが大きいかな。といっても、特に頑張ることは何もなく「23分パッドをつけるだけ」なんですけどね(笑)

それでもトレーニングをした気にさせてくれるアプリの存在は、SIXPADだけの魅力と言って間違いありません。

3.ニーズに応じた豊富なラインナップ

SIXPADが選ばれ続けている3つめの理由は、ズバリそれぞれのユーザーのニーズに応じた、豊富なラインナップにあります。

一般的な筋トレパッドは、基本的に腹筋やウエスト周りしか存在せず、その他の部分までをケアすることは不可能です。しかし、人によっては腹筋ではなく、

  • 二の腕
  • 太もも

などなど、気になる部分やトレーニングしたい箇所は異なっています。

SIXPADだけでで全身カバー

一方、SIXPADは定番である腹筋はもちろんのこと、冒頭の部分でお伝えしたように5種類もの筋トレパッドを販売しているため、それぞれのニーズに応じたトレーニングが可能です。これが、SIXPADがたくさんの人に選ばれている理由だと言えますね。

Abs Fit2公式サイト画像

こちらはSIXPADで最も売れている「Abs Fit2」です。EMSパッドの定番である腹筋を集中的に鍛えるための製品で、「シックスパッド」の名を代表していると言えるでしょう。

Body Fit2公式サイト画像

こちらが「Body Fit2」で、Abs Fit2とは対照的にかなり小さめなサイズとなっています。この製品のメリットは、コンパクトさ故の汎用性の高さで、ウエストや二の腕、脚などなど、幅広い部位に使用できるのがありがたいですね。

Arm Belt公式サイト画像

こちらの「Arm Belt」は腕を集中的に鍛えるパッドとなっていて、かなり特殊な構造をしています。腕に特化している筋トレパッドはほとんどありませんから、二の腕の筋肉不足に悩む方々に大きな反響を受けている製品です。

Leg Belt公式サイト画像

そしてこちらが「Leg Belt」。Arm Beltと同じくベルト構造となっているので、ズレが生じにくく剥がれにくいような構造で、鍛えにくい太ももの筋肉を集中的に鍛えることができます。

Abs Belt公式サイト画像

最後に紹介するのが、「Abs Belt」です。筆者が購入したのはAbs Fit2でしたが、予算に余裕があれば間違いなくこちらを購入していました。腹筋からウエストまで丸ごと鍛えられるので、お腹のぽっちゃりや腹筋を割りたい方にとっては非常にありがたいアイテム。腹筋だけを鍛えるAbs Fit2と15,000円程度違うのがネックですが、これを躊躇なく出せる方には強くおすすめしたいです。

と、こんな感じにSIXPADと言っても様々あるため、ご自分の鍛えたい部位に合ったものを選べる点を魅力的に感じる方が多く存在しています。

遊星吹き出し
Yusei

腹筋だけでなく腕や脚までパッドで鍛えられるとは、すごい時代になったものです。いつの日か、全身SIXPADで鍛えられるような日がくるのかもしれませんね!

SIXPADのネット上の口コミ

SIXPADの基本的な情報についてご紹介しましたが、ここではSIXPADのネット上の口コミをまとめてみました!

良い口コミと悪い口コミの両方についてまとめてみたので、購入にあたっての参考にしてみてください!

SIXPADのネット上の良い口コミ

まずはネット上の良い口コミをまとめてみました。

男性の口コミ

筋トレが続かない人はこれしかない

クリスティアー・ロナウド選手のテレビCMを見て、興味本位で買ってしまいました。筋トレがなかなか続かないので、試しに買ってみようと思ったのです。ただ、使ってみてビックリしました。市販の製品でここまでのパワーが出るとは・・正直驚きです。パワーを上げていくとやや辛さが出てきますが、筋トレをしているような辛さではなく、我慢できる辛さなのがまたいい。全く辛くないと、トレーニングしている感じが出て来なくてそれはそれで悲しいですからね。徐々に隠れていた腹筋も顔を出してくれているので、ひたすら継続するだけです。

男性の口コミ

持ち運びが簡単なのがいい

私は日々のトレーニングが日課なのですが、出張や外出をするとトレーニングができないので、外で自分の体を鍛えるように買ってみました。想像以上の効果で、「普段から鍛えてる自分ならレベルMAXの20くらい余裕だろ〜」とか思ってましたが、レベル14が限界でした(笑)事前に調べた通り、本体は軽量でとても薄く、リュックに忍ばせておくことができる点が素晴らしい。充電も20回の使用は軽くできるため、長期間家を空けるときでも心配いりません。まあ、スマホの充電器で充電できるので、充電が切れてもそれほど困りませんが。家の中はもちろん、外でも本格的なトレーニングがしたい人にはこれ以上ない製品だと思いました。

女性の口コミ

レベル15に挑戦中

筋トレ用のパッドを買おうと思って、RIZAPのやつと迷った挙句、ロナウド選手がカッコいいのでこっちを買いました。使い方が思っていたより簡単で、何も迷うことなく家に届いてから30分くらいで使うことができたのがよかったです。レベルは20まであるみたいですが、最初は3程度でもものすごい電流が!お腹がピクピク動くので、本当に運動してるって感じです。今は半年くらい使ってますけど、15くらいまで上げられました。ウエストもシェイプアップされたので、これからも使い続けます。

SIXPADのネット上の悪い口コミ

続いて、ネット上の悪い口コミについても確認していきましょう。

男性の口コミ

痩せません

お腹の肉をどうにかしたいと買いましたが、これだけではどうにもならないみたいですね。確かに脂肪の下の筋肉は元気になった気がするんですが、贅肉は落ちない気がします。どちらかというとトレーニングなのかな、ダイエットには向かないのかもしれません。やはり食事から変えていかないといけないのか。。

男性の口コミ

1ヶ月使っても効果がない

買ってから1ヶ月くらい使ってますが、全然効果がありません。毎日ちゃんと使っているんですけどどうしてでしょうか?鍛えられている感じは確かにありますが、それが結果に結びつくかどうかは個人差があるように感じます。一応これからも使い続けますが、残念でした。

女性の口コミ

安い中古品は買わないほうがいい

SIXPADは同じ種類の筋トレ用のパッドと比べて高いので、中古のものをネットで1万円くらい安く買いました。良い買い物ができてラッキーだと思いましたが、上手いこと電源がつかなかったりして全然使えません。安く買う方法があればいいのですが、やはりこういった電子機器は新品で購入するのが一番だと思いました。結局新品買っちゃったし。。

ネット上の口コミまとめ

以上がSIXPADのネット上の口コミになりますが、もう一度要点をまとめてみました!

ネット上の良い口コミ

  • 筋トレがなかなか続かなかったが継続できていて自分でも驚いている
  • 多少の辛さはあるがトレーニングしている感じがある
  • 本体が軽く薄いので持ち運びができる点がとても良い
  • 普段から鍛えている自分でもレベル20は無理だった
  • 使い方が簡単で、家に届いてから30分くらいで使えるほど
  • 運動している感じがあってシェイプアップできた
ネット上の悪い口コミ

  • これだけでは贅肉が落ちず痩せられない
  • トレーニング向きでダイエットには微妙・・
  • 1ヶ月間使っているがなかなか効果が出ない
  • 高いと思ったので中古品を買ったが正常に動作しなかった

口コミ全体の印象としては、良い口コミと悪い口コミが7:3程度の割合で存在していたということで、特に良い口コミを投稿している方は効果を実感できて嬉しいのか、長文の方が多くみられました。

一方悪い口コミでは、効果を感じられなかったという口コミが一定数見られる結果に。こういった口コミの大半が、使用期間が1ヶ月程度と比較的短かかったので、「継続は力なり」の重要性を改めて認識できました。1ヶ月で腹筋割りたいなら、素直にジムなどにいってビシビシ鍛えてもらったほうが良いかもしれませんね!

SIXPADを実際に購入!写真付き徹底レビューを見逃すな!

SIXPADの基本的な情報と口コミについてお伝えしたところで、ここからは筆者が実際に購入して使ってみたレビューをみなさんにお届けしていこうと思います!

遊星吹き出し
Yusei

高い買い物にはなりましたが、購入して満足しています。気になる方は、レビューをぜひ見ていってくださいね!

購入したSIXPADの写真紹介

SIXPADを購入するにあたって、筆者は念のため公式サイトを利用しました。値段が値段ですし、サービス対応など踏まえて「公式サイトの方がいいかなー」って思ったから仕方なく公式サイトを利用しましたが、ホンネを言えば普段から利用しているamazonから購入したかったです(笑)

SIXPADはamazonでは良質で人気な製品であることの証拠である「Amazon’s Choice」に指定されているので、amazonや楽天といったサイトから購入してもそれほど心配はいらないと思いますよ!

SIXPAD到着の様子

公式サイトでの購入から、2日程度で自宅まで届きました。

 SIXPAD配送箱

想像以上に大きな箱ですが、重さはそうでもなかったです。早速開封していきましょう。

 SIXPADを開封した様子

箱の中の一番上には、納品書が入っていました。その下にはSIXPADの白いパッケージが顔を見せていて、パッケージの両脇には緩衝材により隙間ができないようにしっかりと固定されています。こういった電子機器は、配送中の振動による故障が怖いため、このようにしっかりと対策してくれている点は、ユーザーからすればありがたい点です。

 SIXPADのパッケージ

そして、パッケージを取り出してみました。白色がメインで、オレンジ色でSIXPADのイラストが描かれていますね。高価なだけあって、パッケージもしっかりデザインされていました!

 SIXPADのパッケージ内部

パッケージの蓋を開けると、SIXPAD本体がかっこよく収納されています。専用の型を取った容器に入っていて、「高いもの買ったぜ」っていう所有欲を満たすには十分なつくり。iPhoneなどもそうですが、最近の高価なアイテムには必ずこのような工夫がされていますよね!

 SIXPADのパッケージ中身

その下には、付属品がこれでもかというくらい敷き詰められていました。本体だけでなく様々なものがセットでついてきたので、詳しくみていきましょう!

本体・付属品を一通りチェック

では早速、SIXPAD本体から確認していきます。届くのが楽しみで仕方なかった筆者は、この時点でかなりワクワクしていました(笑)

 SIXPADを手に持ってみた

こちらがSIXPADを手に持ってみた写真ですが、サイズ感としては想像通りといったところでしょうか?口コミにもあった通り、とても軽くてトレーニング機器って感じがしないのが不思議です。

 SIXPADを近くで見てみた

近くで見てわかるかは微妙なところですが、材質はシリコン素材がメインでした。身近なもので言えば、スマートフォンのシリコンケースなどがあげられますが、弾力性に富んでいて折り曲げたりしても跡がつかないので、とても扱いやすい。シリコン特有のサラサラとした手触りも気持ちがいいです!

 SIXPADの裏側

裏側にはジェルパッドを貼るグレーの箇所が6つ確認できます。この箇所を通して電気が体まで流れ、筋肉の収縮を促すことでトレーニングが可能になるとのこと。

 SIXPADのジェルパッドを貼る部分

近くで見るとこんな感じですが、この箇所が傷ついてしまうとトレーニング効率に影響が出てしまうため、裏側は特に優しく取り扱うようにしましょう。

 SIXPADの充電部分

本体の表側に戻って、充電部分を確認していきます。中央にある電源ボタンの下部に、このようなスライド式の取っ手があるので、ここを開いて付属の充電ケーブルを挿入することで充電を行います。

 SIXPADを充電した様子

充電した様子はこんな感じですね。スマホを充電するイメージでOKなので、電子機器になれた現代人にとっては違和感がありません。また、SIXPADは「micro USB」規格を採用しているため、Android製のスマートフォンの充電ケーブルをそのまま使用できますが、iPhoneの場合では使えませんのでご注意を。

充実した付属品

本体関連アイテムの紹介が終わったところで、他の付属品についてもチェックしていきます。

 SIXPADのジェルパッド

こちらがSIXPADの裏側にペタッと貼り付けるジェルパッドになります。1袋3枚入りで、付属品として2袋の合計6枚がセットになっていました。本体裏側に6箇所貼り付ける部分があったので、ちょうど1セットついてくるってことですね。

 SIXPADを貼っておく台紙

そして、こちらは最初に見た時よくわからなかったのですが、どうやらSIXPADの収納に使うみたいです。SIXPADに一度ジェルパッドを貼った状態でそのまま収納すると、パッド部分にゴミなどが付着して粘着力が落ちてしまうため、この台紙にペタッと貼り付けて収納するための付属品でした。

 SIXPADを収納するときに使うパーツ

また、本体中央の電源ボタン部分を守るためのカバーも入っていたので、

  • 台紙
  • 保護カバー

の2つを使って、

 SIXPADを台紙に貼り付けた様子

このような状態で保管しておくことで、故障や不具合を未然に防ぐための工夫がされています。SIXPADは高価な部類に入る製品ですから、保管する状態までしっかり考えられていることがハッキリとわかりますね!

 SIXPADをスライダーケースに収納

そして、最後にこれまた付属のスライダーケースに収納すれば、スッキリコンパクトにしまっておくことができます!口コミにあった通り、これならばリュックなどに忍ばせておいて、外出先に持っていくことだってできちゃいますね。コンパクトなだけでなく軽いので、なおさらそう思いました。

 SIXPADのベルト

付属品の紹介だけでちょっと疲れてきましたが、最後にこのベルトも忘れずに紹介しておきます。こちらはトレーニング中に本体がずり落ちてしまうことを防ぐ「固定ベルト」で、例えば

  • デスク作業をしながらの使用
  • 家事をしながらの使用
  • 歩きながらの使用

以上のような状況で効果を発揮してくれそうなアイテム。ジェルパッドの粘着力は結構なものなので、基本的には使用しなくてもなんとかなりそうですが、様々な使用方法を想定しているからこそ、こうした付属品もセットにしているのだと思います。

遊星吹き出し
Yusei

ちょっと長くなりましたが、以上でSIXPADの写真紹介は終わりです。色んな付属品がセットになっていましたが、どれも快適に使用するためには必要なアイテムだと感じました。

SIXPADの使い方

SIXPADや付属品を写真で紹介しましたが、お次は使い方についてレビューしていきたいと思います。簡単に使えるのかという点が気になる方もいらっしゃると思うので、気になる方はチェックしておきましょう!

1.ジェルパッドを本体に貼る

SIXPADを使う上でまず最初にしなければいけないことが、ジェルパッドを本体裏側に貼ることになります。

SIXPADの裏側

先ほども紹介したように、SIXPADの裏側にはグレーになっているジェルパッドを貼る部分が存在しているので、この6箇所にそれぞれジェルパッドを貼り付けていきましょう。

SIXPADのジェルパッド

まずはこちらのジェルパッド3枚入り×2を袋から取り出します。

SIXPADのジェルパッドの中央に裂け目がある

ジェルパッド自体はかなり小さく、厚さもそれほどはありませんでした。また、よく見てみると、ジェルパッドの中央部分に「裂け目」がありますよね?例えるなら、大きめの湿布のように本体側の粘着面を保護するシールが中央で2つに裂けるような構造になっているので、これを上手に使っていきます。

SIXPADのジェルパッドの中央裂け目を剥がしてみた

このように、片方の裂け目から半分だけを取り外して、

SIXPADのジェルパッドの中央裂け目を剥がした様子

この状態にします。その後、裏側へと貼っていくことで、ジェルパッドの半分だけが接着性を帯びた状態になるので、細かな位置の修正が効きやすくなり、正確に貼ることができますよ!

SIXPADのジェルパッドを全て貼り付けた

6箇所全てに貼り付けると、このような状態になります。ここからは残りの裂け目半分のシールを剥がしていきましょう。

SIXPADのジェルパッドを貼り付けた後にもう片方を剥がす様子

このように片方だけを持ち上げて、1つずつ丁寧に剥がしていきました。ジェルパッドは筋トレパッドの命とも言えるパーツなので、傷つけたり何度も触って粘着性を損なったりしてしまわないように、慎重に行う必要があります。

SIXPADのジェルパッドを貼り付けた後にもう片方を剥がし終わった

そして、残った片面のシールを剥がし終えました。「ようやく終わりか・・」と思いきや、どうやら体へと貼り付ける側にも保護シールが貼ってあるようで、これをはがさなければいけないようです。ジェルパッドは両面に粘着性があるので、当然と言えば当然か。

SIXPADのジェルパッドを貼り付けた後に表面の保護カバーを剥がす様子

こちら側の保護シールは、どちらかというとプラスチック的な強度があり、しっかりと保護されているような印象を受けました。1枚1枚慎重に剥がしていって、ジェルパッドの貼り付けは無事完了。写真だけで見ればかなり手間に映るかもしれませんが、10分もかからずにできる作業なので、それほど心配する必要はありませんよ!

2.SIXPAD公式アプリと連動させる

ジェルパッドを貼り終わったら、早速使用をしていきましょう。筆者が購入した「Abs Fit2」はアプリ連動があるとのことなので、まずは手持ちのiPhone8でアプリを入手してBluetoothでペアリングを行いました。アプリ自体は各スマホのアプリストアにて「シックスパッド」と検索すれば入手できますのでご安心ください。もちろん無料です!

そして、ペアリングの方法ですが、それほど難しくありませんので、スマホに疎い方でも問題なく利用できると感じました。もしわからなくても、これから紹介する通りにやっていただければ問題なしです!

まずはスマホ側でSIXPADアプリを開いて、会員登録をするように促されますので、登録を済ませておきます。

SIXPADアプリ初期設定

アプリ上での登録が終わると、上の画像の左側の画面のような、いくつかの簡単な質問に答える必要があります。この質問に正確に答えることで、トレーニング終了後に専門家やアスリートからのアドバイスをもらえる「アドバイスコメント機能」により、それぞれのユーザーにピッタリなアドバイスがもらえるようになるということです。

そして、質問に答え終わると、いよいよスマホ側と連携(ペアリング)していきます。まずは上の画像の「右側」のオレンジ色で囲われた「デバイスを認識する」部分をタップしましょう。

その後、体に装着したSIXPADの電源をオンにします。

SIXPADの電源部分

こちらの写真にあるように、赤丸で囲んだ「+」部分を長押しして「ピー」という電子音が鳴れば、正常に電源が入った証拠です。

遊星吹き出し
Yusei

SIXPADが届いた時点では充電量が足りないかもしれないので、箱を開けて中身を確認したらとりあえず充電しておきましょう!

SIXPADアプリペアリング

SIXPADの電源が入り、アプリ側でペアリングが完了すると、上の画像の「左側」の画面が表示されます。「ペアリング」をタップすれば、無事にペアリング終了です!この通りにペアリングを行えば、問題なく誰でもできると思いますので、ぜひ参考にしてみてください!

3.トレーニングを開始する

アプリとのペアリングが終わったら、トレーニングを開始していきましょう。

SIXPADを体に装着した

このように体に装着した状態でペアリングが終わると、

SIXPADアプリペアリング

こちらの画像の「右側」のオレンジ色で示されている部分に微弱な電気刺激が流れてきます。筆者が使用しているのは腹筋用の「Abs Fit2」ですから、腹筋部分がオレンジ色で染められていますが、刺激が確認できたら丸いオレンジ色の「Abs」という部分をタップします。

SIXPADアプリレベル調節

すると次は、上の画像の「左側」のように「トレーニングレベル」を選択する画面に遷移するので、自分にあったレベルを選んでいきましょう!デフォルトでは「LV.10」に設定されていますが、思いの外強くて驚く方もいると思います(笑)こういう時は、中央の丸で囲われた「LV.10」の部分をタップして、画像「右側」のレベル設定画面で強度を調節します。

レベルの幅は「LV.20」までありますので、お好みの強度でトレーニングをしてみてください!初めは慣らし運転も込めて、弱いパワーでも全然いいと思います。そして、トレーニング強度の設定が終わったら、いよいよトレーニングの開始です!

遊星吹き出し
Yusei

素人考えだと「強ければ強いほどいい」と考えがちですが、意外とそうでもないみたいです。SIXPADの説明によれば、無理のない範囲でのトレーニングを継続して、できるだけ筋肉に疲労を溜めないことが重要みたいなので、背伸びせず余裕を持ってできる強度でトレーニングを行なってみてください!

SIXPADアプリトレーニング開始

トレーニングが始まると、上の画像の「左側」の画面が表示されます。画面上にはトレーニング時間が表示されていて、トレーニング時間の23分のうち何分経過したかが簡単に確認可能です。また、トレーニング中に強度を変更したい場合は、画面をタップすれば「右側」の画面のようなレベル変更画面に遷移するので、お好みのパワーに調節しましょう。

遊星吹き出し
Yusei

ここまでの設定が終わったら、あとはひたすら23分間待っているだけです。体には力を入れず、SIXPADに身をゆだねましょう。

SIXPADアプリトレーニング終盤

そして、トレーニングが進んでいくと、上の画像のような状態になります。「左側」では15分程度経過した状態で、「右側」が22分経過後の画面ですが、ぱっと見でわかるように「腹筋周りのオレンジ色の円」がトレーニング経過時間を視覚化しています。

また、オレンジ色の間に「水色」が所々入っていますが、これは筋肉を休めるために弱めの電気刺激を流している時間。23分間ずーっと同じレベルの刺激を当てていると、疲労が溜まってしまってトレーニング効率が悪くなってしまうため、このような時間を設けているそうです。

以上より、トレーニング中のアプリの画面からは

  • トレーニング時間
  • トレーニング箇所
  • トレーニングモード

が視覚的に確認できるようになっていることがお分かりになりますよね?トレーニングに関わる情報が「見える化」されているため、視覚的に非常にわかりやすく使いやすい工夫がされていました。

遊星吹き出し
Yusei

このような休憩時間を設けることも、科学的なメソッドに基づいているものだと思うので、より効率の高いトレーニングを実現するための工夫が様々されていることがわかりますね!

4.トレーニング終了

23分のトレーニングが終わったら、アプリの方で画面が切り替わります。

SIXPAトレーニング終了後のアプリ画面

まず表示されるのが上の画像の「左側」の画面です。公式アプリ内ではmp(マッスルポイント)と呼ばれる「努力をポイント化した数値」が存在していて、トレーニングをすればするほどこのmpが溜まっていきます。このポイントを使って何かできる・・というわけではないのですが、自分の努力が数値という形で「見える化」するので、モチベーションの向上に一役買ってくれそうですね!

獲得したmpの表示が終わると、「右側」の画面のような「アドバイスコメント」が表示されます。アプリの最初で入力したそれぞれのユーザーの情報を解析して、使用している人に最適なアドバイスが表示されるので、欠かさずにチェックしておきましょう!

SIXPAトレーニング終了後のアプリ画面の詳細

アドバイスコメントを確認したら、トレーニングのまとめに入ります。この画面では、

  1. トレーニングした部位
  2. 獲得したmp
  3. アドバイスコメント
  4. 体重

がそれぞれ確認で、体重に関しては自分で入力することで、日々の増減をアプリ内カレンダーで記録することができるため、健康管理にも応用できそうな点がGood。

SIXPADを台紙に貼り付けた様子

使用が終わったSIXPADは付属の台紙にこのようにペタッと貼り付けて、

SIXPADをスライダーケースに収納

スライダーケースに収納しておしまいです!以上がSIXPADの使い方の全てになりますが、ほとんどアプリ内で完結しているため、現代人にとってはありがたい限りですよね。

SIXPADを使ってみたレビュー

SIXPADの写真紹介と使い方の解説がようやく終わったので、そろそろ筆者が使ってみたレビューをお届けしていきますね!

1.パワーが他の製品と比べてとにかくスゴイ

実は筆者は、SIXPADの他に様々な筋トレアイテムを使用した経験があります。代表的なものが、RIZAPから販売されている「3D Shaper」で、「あのRIZAP」が開発しただけあって効果を実感できました。気になる方はこちらの記事も合わせてチェックしてみてください!

RIZAPの3DShaper(3Dシェイパー)の口コミや評判は本当?男の俺が実際に購入して徹底レビューしてみました!

2018.07.02

と、話が逸れましたが、3D Shaperを使っていて「なんとなくパワー不足だなぁ」という悩みが尽きなかったんですね。どちらかというと「ダイエット」に寄った筋トレパッドだったので、「筋肉を鍛えたい」という思いから新たにSIXPAD購入に踏み切りました。

そして、結果的には「パワーの差」は使った瞬間からハッキリと実感。デフォルト設定の「LV.10」の段階で3D ShaperのMAXパワーと同等程度の強度だったので、パワーという面ではSIXPADが圧倒的すぎました。

また、SIXPADを使用した次の日には筋肉痛にもなるため、トレーニングできている感がものすごいです。正直どこのメーカーから出ていても、その品質自体は大して変わらないだろうと踏んでいましたが・・ここまでパワーの面に差があるとは驚きましたね。

遊星吹き出し
Yusei

「LV.20」まで到達できる日が来るかはわかりませんが、日々のトレーニングで精進していきたいと思います!

2.「4種類のモード」でトレーニングにメリハリが生まれる

パワーの他に感じたのが、トレーニングモードについてです。

筋トレは闇雲に筋肉を動かせばいいというわけではなく、適切な休息や筋肉が飽きないようなリズム感がとりわけ重要なのですが、ほとんどのEMSパッドは単調な刺激の繰り返しで、非効率的なトレーニングになりがち。しかしSIXPADは4つのトレーニングモードを搭載しているので、トレーニングにメリハリが生まれ、効率的に鍛えることができると感じました。

SIXPADモード説明

4つのモードについてアプリ画面で説明しますが、SIXPADのアプリではトレーニング時間に応じて上の画像のように「色付きの円」が時間経過に伴って徐々に完成していきます。

そして、この円の中に青色やオレンジ色など、様々な色が入っているのがわかりますよね?この色がトレーニング中のモードの違いを表していて、筆者が画面に加えた1〜4の数字のように「4つのモード」が存在しているのです。

1:ウォームアップモード
トレーニングモードの準備運動をするためのモード
2:トレーニングモード
トレーニング全体で最も長い時間行う鍛えるためのモード
3.コンディショニングモード
トレーニングの間に休憩を入れて筋肉の過剰疲労を防ぐモード
4.クールダウンモード
トレーニングによるダメージ蓄積を防ぎ適切な代謝を促すモード

それぞれのモードの簡単な説明は以上になりますが、この4つのモードがあるからこそ、トレーニング中も飽きずに筋肉が動き続けてくれるため、より効果的なトレーニングができているという実感が生まれます。

遊星吹き出し
Yusei

トレーニング中にアプリを開きっぱなしにしておくと、モード切り替えの時に音声ガイダンスが流れるので、ジムに通っているみたいな気分になれるかも!?

3.公式アプリが使いやすい

続いて紹介したいレビューが、公式アプリについてです。

アプリが付属してくるタイプの商品は筋トレパッドに限らず様々ありますが、筆者の経験上

  • すぐ落ちる
  • アプリデザインがなんか古い
  • 動作がもっさりして使い物にならない

などなど、「とりあえず作ってみました」的なノリでアプリ開発していることがほとんどで、正直SIXPADのアプリには全くと言っていいほど期待はしていませんでした。恐らくですが、皆さんもそれほどアプリを重要視はしていないと思います。

しかし、これが予想以上に使いやすくて、いい意味で裏切られた気分です。本体操作をアプリからできるのがめちゃめちゃラクですし、トレーニング中も残り時間を教えてくれるのがとても便利。

カレンダーに記録するのが楽しい
SIXPAアプリのカレンダー

また、上の画像のような「カレンダー機能」がとてもありがたくて、毎日のトレーニングを月ごとに表示してくれちゃうんですよ。例えば、「左側」の2018年8月の筆者のカレンダーは、お盆休み周辺にサボりまくっているのがわかると思います。これを後で見て

「あー、あの時はサボってたんだな・・」

なんて振り返るのも楽しいですし、逆にビッシリ結果が詰まっている月なんかは

「今月は頑張ったぜ!」

と満足感に浸れるため、色々な意味でモチベーションに繋がるのもポイントです。また、体重入力を毎日欠かさずしておけば、体重の管理も可能になるため、トレーニングを成功させるために必須な自己管理もしっかりサポートしてくれると感じました。

遊星吹き出し
Yusei

トレーニング中に他のアプリを操作することももちろん可能です。バックグラウンドでアプリが起動していればトレーニング時間を計測してくれるので、間違ってアプリの動作を止めないようにしてくださいね!

4.これだけで痩せはしない

「SIXPADだけを使って痩せるのか」という点が気になる方もいらっしゃると思いますが、1ヶ月使い続けて痩せるのは難しそうだなと思ったのが正直なところです。そもそも「痩せる」とは脂肪が落ちるということですが、SIXPADをはじめとした筋トレパッドでは「筋肉を増やす」ことを目的としているため、痩せることに特化した製品ではないんですね。

脂肪は基本的に「有酸素運動」と呼ばれる「ハァハァ」するような運動により落とされやすいですから、SIXPADと併用してジョギングなどを行えば、確実に痩せて筋肉量が増えて体型も変化していきます。一方で、

「これだけを使って劇的に痩せられるか?」

と聞かれれば、流石にそれは「ノー」と答えるのが正しいです。あくまで「筋肉をつける」だけであり、体脂肪率が減ったりして痩せることとは若干異なることを覚えておいてください。

遊星吹き出し
Yusei

痩せて筋肉をつける上で、「有酸素運動」と「無酸素運動」の併用は欠かせません。「無酸素運動」はSIXPADが完璧にこなしてくれますから、「有酸素運動」を日常生活に取り入れることを考えてみてはどうでしょう?

SIXPADを使ったレビューまとめ

シックスパッド アブズフィット2(SIXPAD Abs Fit2) MTG【メーカー純正品 [1年保証]】

以上がSIXPADを実際に使ってみたレビューになります。要点をかいつまんでまとめてみたので、参考にしてみてください。

  • 他のEMSパッドよりも圧倒的にパワーが強い
  • 4種類のトレーニングモードでメリハリが生まれる
  • 筋肉が飽きずに効果的なトレーニングが可能になる
  • 公式アプリの質が想像以上に高く、使いやすかった
  • アプリのカレンダー機能で自己管理がしやすくなる
  • トレーニング目的なら「買い」だが、痩せるためには有酸素運動も必要かも

レビューだけでなく、写真紹介や使い方に至るまでガチでレビューしてきましたが、総じて質が高い製品であることが最も印象に残っています。本体は軽量、コンパクト仕様なので置く場所にも困らず、毎日使い続けても使用感が良好なためストレスが一切たまりません。また、本体の性能をフルに活かすために、アプリで基本操作からデータ管理に至る全てが可能なため、スマホ1つで完結している点が非常にスマートです。

本体のパワーも十分出てくれるので、これ以上の筋トレパッドを見つけるのは難しんじゃない?というのが筆者のホンネ。価格が高い点がネックですが、廉価版には出せない全体的な質の高さは間違いなく存在しています。なかなか続けにくい「毎日の筋トレ」を叶えてくれるアイテムですから、運動不足に悩んでいる方やそろそろ本気で鍛えたいという方にはとてもおすすめですよ!

SIXPADを使って満足できるのはこんな人!

SIXPADを実際に使用してみてわかった、SIXPADをおすすめできる人の特徴をご紹介させていただきます。

苦しい筋トレなしでトレーニングしたい

  • 筋トレを継続するのはなかなか難しい・・
  • 筋トレをしていても心が折れてギブアップしちゃう
  • 楽して筋トレできねえのかよ!?

筋トレを継続しようと思っても、以上のようなお悩みから結局続かないでやめてしまうことって多いですよね・・筆者も長い人生の中で、一体何度

「今日から腹筋毎日続ける」

という決意を水に流してきたことでしょうか。。(笑)しかし、SIXPADを使っている今は、人生で一番「筋トレを継続できている」時間を過ごすことができています。筋トレに限らず、身体を変えていく過程では「継続」が超大事なことは皆さんもわかっているはず!

皆さんも筆者と一緒に毎日の「ながら筋トレ」をSIXPADで一緒に頑張ってみませんか?

筋トレパッドの質にこだわりたい

  • 安い筋トレパッドはあるけど、やっぱり品質にこだわりたいな
  • 過去に安い製品を買って失敗してしまった・・
  • 質の高いトレーニングのためならお金は関係ないぜ!

正直な話、筋トレパッドはSIXPAD以外にも安い製品がめちゃめちゃ豊富に存在しています。「楽して鍛える」という需要はめちゃめちゃ多いので、各メーカーがこぞって安さを売りにして販売競争をしているのです。

しかし、筆者は「多少高くてもいいから品質が保障されたものを使いたい」と願う人間であるため、今回数多ある製品の中からSIXPADを購入しましたが、筆者以外にも同じ気持ちを持つ方はいらっしゃるはずです。そういった方には、SIXPADを実際に使った筆者だからこそ、とてもおすすめすることができます。

「痩せる」ことよりも「筋トレ」を重視している

  • ダイエットというより、身体を鍛え抜きたい
  • クリロナを目指して毎日生きてます
  • 腹筋を割りたい

以上のような、ムキムキな身体を目指したい方にも、SIXPADはとてもおすすめできるアイテムです。

筆者が実際に使ってみてわかったのは、SIXPADはガチガチのトレーニング向け製品であるということで、広告通り「クリロナ」のようなアスリート的な要素がとても強く感じられました。したがって、体をトコトン鍛え抜きたい方や腹筋を割りたい方にはこれ以上ない筋トレパッドだと言えます。

一方、ダイエット目的で筋トレパッドを選びたい方には、RIZAPの「3D Shaper」という筋トレパッドがとてもおすすめです。こちらも筆者が実際に使って結果が出ているので、こちらの記事と合わせてぜひチェックしてみてくださいね!

RIZAPの3DShaper(3Dシェイパー)の口コミや評判は本当?男の俺が実際に購入して徹底レビューしてみました!

2018.07.02

SIXPADに関するよくある質問

最後に、SIXPADに関するよくある質問について、実際に使用した筆者が答えさせていただきます。

お腹の毛が濃いのですが使えますか?

筆者もなかなかに毛が濃いですが、問題なく使うことができています。しかし、使った後にジェルパッドに毛がついたりしてしまうと、粘着力低下につながるため、理想を言えばそってしまうのが最も良いと思います。

ジェルシートが使えなくなったらどうするの?

ジェルパッドは消耗品であるため、粘着力が低下したり、トレーニング効率が落ちてきたら買い換える必要があります。参考までに、筆者が購入した「Abs Fit2」の交換用ジェルシートの価格は「3,040円」となっています。月に1回程度の交換を目安にしていただければOKです。

使うタイミングに決まりはある?

いいえ、ありません。基本的には1日の中で「23分」という時間が作れればOKです。しかし、朝の時間帯のトレーニング効率が最も高いとアプリでアドバイスされるため、朝の時間帯が最も推奨されます。

使うときに腹筋に力を入れないといけない?

いいえ、力を入れる必要はありません。本体からの電気刺激に委ねてしまってOKなので、自分から何かをする必要がない点がすごくいいです。

電池式もあるの?

はい、「Abs Fit」という製品名で存在しています。価格は税込「25,704円」と、充電式の「Abs Fit2」より3,000円程度安いですが、こちらはアプリ対応していませんので、この点ご注意ください。また、一般的に筋トレパッドの電池使用量はかなり激しいため、継続して使用していると電池代だけで損をしてしまう可能性も考慮するようにしましょう。

SIXPAD STATIONが気になる

「SIXPAD STATION」は世界で唯一と言ってもいい、EMSを中心にした近未来型のトレーニングジムです。2018年8月現在では代官山にした店舗がないようですが、初回体験価格が「4,000円」と思いの外安い金額でトレーニングを行うことが可能です。気になる方は、「SIXPAD STATION公式サイト」をご覧になってみてください。

まとめ

なかなかに長い記事なってしまいましたが、SIXPADを購入したレビューをこの記事ではお伝えしてきました。

この記事が、皆さんの生活のお役に立てれば嬉しいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Yusei

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。執筆を担当したYuseiです!私が「Mens STAR」にてモットーとしているのは、ズバリ「皆さんのお役に立てるような記事を書き続けること」になりますが、いかがでしたでしょうか?この記事を読んだ皆さまの生活が、ほんの少しでも豊かになればとても嬉しいです。記事の感想・質問・ご意見などあれば遠慮なくコメントしてください。Yusei自ら可能な限り対応させて頂きますので、よろしくお願いします!